メタボリック・シンドロームは「すでに病気」!

メタボといえば・・・

ぽっこりお腹のおじさん!

 ではなく、

脳卒中や心筋梗塞につながる恐ろしく危険な状態

が正解です!!

メタボリック・シンドロームという言葉は知っていると思いますが、

その危険性を知っている人は少ないのではないかと思います。

メタボ、という言葉のライトさもあってか、

「なんとなく太っている中高年のイメージ」が強いですが、

メタボリック・シンドロームは、実はとても危険な状態なのです!

内臓に脂肪がたっぷりついて、高血圧や高血糖、脂質異常などの異常を併せ持った状態で、
「生活習慣病予備軍」よりも、さらに深刻な状況なのです!

はっきり言うと、「病気になるかも知れない」などという「ノンビリしたもの」ではなく、
すでに異常が見られる状態なのです!

では、なぜ「メタボリック・シンドローム」が軽視されてしまうのか、そして「メタボリック・シンドローム」を放置すると、どうなるのでしょうか?

◇メタボリック・シンドロームの特徴は「自覚症状がない」!!

本当は危険な状態で、早急に対策すべきメタボリック・シンドロームですが、あまり危険だと思われていないのはなぜでしょうか?

その原因のひとつは「自覚症状がない」ことです。

メタボリック・シンドロームは、健康診断で腹囲、血圧、血糖値、脂質異常などのうち、複数の異常が見られたときに診断が下されます。

しかし、検査の数値自体はさほど悪くないことが多いのです。

「たいした異常ではないから大丈夫」と、これを軽視して放っておくと、動脈硬化の進行が早まり、心筋梗塞や脳梗塞などのリスクが高まってしまうのです。

それはなぜでしょう??

◇深刻な病気のリスクがなんと××倍!?

最近の研究で、内臓脂肪、高血圧、高血糖、脂質異常などの要因が3つ以上重なったとき、

冠動脈疾患(動脈硬化が引き起こす脳梗塞や心筋梗塞など)のリスクが激増することが分かってきたからです!!

そのリスク、いったい何倍くらいだと思いますか?

なんと・・・30倍以上です!!!

大して数値が悪くないからと、メタボリック・シンドロームの診断を軽視して、その状態を放置していると、命取りの病気になるリスクが30倍以上になるんです!!

メタボリック・シンドロームを軽視してはいけません!
予防、そして診断された人は対策をきちんとして、生活習慣病はもちろん、命に関わる危険な病気のリスクを下げましょう。

今後、メタボリック・シンドロームのメカニズムや、メタボリック・シンドローム解消のための対策法などたくさんの情報を掲載していきますので、役立ててください!

タグ

2012年10月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:メタボリック・シンドローム 内臓脂肪を減らす方法

ナシ型?リンゴ型?肥満のタイプで危険度チェック

ここで質問です。

 

あなたの体型、ナシ型ですか?リンゴ型ですか?

いきなりこんなこと聞かれても困りますよね。

でもこれ、メタボリック・シンドロームを語る上でとっても重要なことなんです!

◇「太っている=肥満」ではない!

ぱっと見て、体が太っていると「肥満」と思いがちですが、厳密に言うと「肥満」とは、「ある一定以上の脂肪がある状態」のことを言います。

人間の身体は水分、脂肪、たんぱく質や糖質などさまざまな成分からできていますが、そのなかの「脂肪」の占める割合が多い状態が「肥満」なのです。

ですから、「肥満」を判断するのは「見た目」ではなく「体脂肪率」です。

どんなに太っていても体脂肪率が低ければ「肥満」ではないし、どんなに痩せていても体脂肪率が高ければ「肥満」ということになります。

◇脂肪には2種類ある!

脂肪には2種類あります。

「内蔵脂肪」と「皮下脂肪」です。

皮下脂肪は、一般的にイメージされている「脂肪」、つまり「にっくきお肉」です。

一方、目に見えないだけにイメージしづらい「内臓脂肪」は、その名のとおり内臓の周辺、小腸や大腸をささえている腸間膜内に蓄積される脂肪です。

内臓脂肪の特徴

男性につきやすい
内臓の周りにつく
脂肪がつきやすい
減りやすい

皮下脂肪の特徴

女性につきやすい
お尻や太ももなどの皮膚の下につく
手でつかめる
少しずつ増えていく
減りにくい

メタボリック・シンドロームではこの「内臓脂肪」が問題となります。

内臓脂肪は分解、合成が活発に行われて遊離脂肪酸というものが多く出されます。

そのため、これが消費されずに肝臓に取り込まれてしまい、糖尿病や高血圧などの原因となってしまうのです。

ですから、この「内臓脂肪」が一定以上あるかどうかを診断するため「お腹周りを測定」し、「BMI値を算出する」のです。

また、この「内臓脂肪による肥満」と「皮下脂肪による肥満」には体型の特徴に違いがあると言われています。

一般的に、「内蔵脂肪型肥満」は、お腹周りが一番出ている「りんご体型」、「皮下脂肪型肥満」は下半身全体に脂肪がつきがちな「洋ナシ体型」であると言われています。

お腹周りがポッコリ出ている割に、手でつかめる脂肪が少ない場合は、内臓脂肪型肥満を疑ったほうが良いかもしれません。

◇本格的に内臓脂肪を測るには?

きちんと内臓脂肪の量を測るには、CTやMRI、超音波などでお腹の内部を見て測定します。

BMI値やお腹周りの測定でメタボリック・シンドロームかもしれないと思われた場合は、病院などで正確な脂肪量を測ったほうが良いかもしれません。

ブログ村に参加してます!クリックお願いします♪
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ

ブログ村に参加してます!クリックお願いします♪
にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

タグ

2012年10月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:メタボリック・シンドローム 内臓脂肪を減らす方法

おやじダイエット部に続け!糖質制限ダイエットで内臓脂肪を落とす!

題名のインパクトがすごくて、思わず平積みの本の前で立ち止まってしまいました。

「おやじダイエット部の奇跡」は「糖質制限ダイエット」の成功談を小説風にまとめた本です。

メタボだけにはとどまらず、糖尿病を発症してしまった著者(主人公)が
ダイエットに成功し、仲間を増やしていく物語です。

その痩せ方が半端じゃない。

半年で数十キロ落としているんです。

こんな驚異のダイエット法があったのか!?

メタボリック・シンドロームや生活習慣病が治る食事法なら
もちろん内臓脂肪を落とせる方法なはず。

お腹まわりの気になる人にも効果が大!

ということで、今回は糖質制限ダイエットについて紹介します。

糖質制限ダイエットとは、
食物に含まれる「糖質」をなるべく取らないダイエット

「糖質」さえ低ければ、カロリー制限がなく、お酒も脂っこいものも楽しめて
しかも満腹になるまで食べてもオッケー。

このダイエット、一番のメリットはストレスが少ないこと。

反対に少しきついのは、糖質の高い「ご飯など炭水化物類」を減らすこと。
ご飯好きには少し大変ですね。

◇糖質を減らすとなぜ痩せる?

では、糖質を減らすとなぜ痩せるのでしょうか??

そのメカニズムを説明しましょう。

この糖質制限ダイエットのキーワードは「インスリン」というホルモンです。

糖質は体内でブドウ糖に分解されます。

その際、血液中のブドウ糖を運ぶ役割としてインスリンというホルモンが分泌されます。

インスリンは、血液中のブドウ糖(血糖)をに筋肉や肝臓に送り込み、エネルギー源とする働きがあります。

つまり、インスリンが血中のブドウ糖を運んで「脂肪」として蓄えるのです。

糖質の多いものを食べる→体内でブドウ糖が増える→インスリンがたくさん分泌される→脂肪に変わりやすくなる

糖質制限ダイエットは
この逆をやれば良い、という考え方です。

糖質の多い食べ物を控え、たんぱく質や脂肪分を取ると、インスリンが分泌されにくく、体に脂肪が増えにくくなります。

また、たんぱく質を多く取ると満腹感も高く、エネルギー消費も増えるといわれています。

◇糖質の多い食品はどれ?

糖質の多い食品を避ければよいことは分かりました。

では、糖質の多い食品はどんな食べ物でしょうか?

1.炭水化物

まずは「ご飯、パン、麺類」などの炭水化物です。

糖質制限ダイエットは「炭水化物抜きダイエット」といっても良いほどです。

まず炭水化物を制限すると、効果が出やすいようです。

2.いも類、豆類

いもや豆は欧米諸国では主食になる穀物です。

野菜とはいえ、糖質を多く含むものです。

3.糖質多めの野菜

他にも、糖質が多目の野菜があります。

れんこん、かぼちゃ、ゆり根など。

意外なのはトマトやにんじん。甘み=糖質となるようです。

4.果物

果物はヘルシーな食べ物ですが、糖質という観点から見るとNGフードです。

あまい果物は果糖という果物に含まれる糖分が多いので、要注意です。

5.糖質が多いお酒

糖質制限ダイエットでは、お酒もOKです。

ですが、糖質が多いものを避けるのが鉄則。

糖質を多く含むお酒はビール、日本酒などです。

ビールは最近「糖質オフ」をうたっているものがあるので
そういった商品を活用するのも良いですね。

6.甘いお菓子

もちろん砂糖をたくさん使った甘いお菓子は糖質もタップリです。

甘党には少し大変かもしれませんが、気分転換に食べる程度にしましょう。

◇糖質の少ない食品は?

では、糖質の少ない食品はどんなものでしょうか?

1.たんぱく質

大豆、肉、魚など

糖質制限ダイエットでは、大豆や肉、魚をたっぷり取ることを推奨しています。

特に主食の代わりに豆腐を摂るなど、良質なたんぱく質として大豆が良いとされています。

2.乳製品、油脂

ダイエットでは常にNGとされてきた乳製品や油脂も、糖質制限ダイエットでは禁止されていません。

とにかく「糖質オフ→インスリンを出さない」ということを目的としているので
乳製品や油脂はあまり制限しなくて大丈夫です。

3.野菜

「糖質の多い食品」でご紹介したとおり、ときどき糖質の多い野菜もありますが、
葉ものや通常の野菜はだいたい糖質が低く、たくさん食べても大丈夫です。

4.糖質の低いお酒

ワインや焼酎、ウイスキーなどは糖質が低いので飲んでも大丈夫です。

糖質の低いお酒と、糖質の低いおつまみを組み合わせての晩酌もできますので
ストレスは少ないですね。

◇注意点

炭水化物などに含まれる糖質を制限するダイエット法は、糖尿病治療などにも効果があるといわれ、現在人気のダイエット法です。

しかしながら、何でもやりすぎは禁物。

炭水化物は体を動かすエネルギーを作る源となりますので、
制限しすぎると体力低下にもつながります。

自分の体調と相談しながら「適度なダイエット」を心がけましょう。

※今回は糖質制限ダイエットを紹介しましたが、
「おやじダイエット部の奇跡」という書籍の内容に倣ったものではなく、独自で調べたものですので、本の内容とは違います。ご了承ください。

※糖質制限ダイエットは賛否両論あり、提唱者も「糖尿病患者」の治療のために開発したものですので
普通の人がやりすぎると健康を害する場合もあります。注意してください。

ブログ村に参加しています。
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ

にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

タグ

2012年10月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:内臓脂肪を減らす方法 食事でダイエット

メタボリック・シンドローム(メタボ)とは?

内臓脂肪」と切っても切れないのが「メタボリック・シンドローム」。
内臓脂肪が蓄積されていくと、高血圧や高脂血などさまざまな兆候が現れてきます。
内臓脂肪やお腹まわりの気になる方は必ず知っておいて欲しいメタボの知識を紹介していきます。

さて「メタボ」という言葉、最近良く聞きますよね。

何となく「太ったの中年男性」のイメージが沸く方が多いと思います。

実際にビール腹の中年男性などが
「最近ズボンのウエストがきつくなってきて、メタボ気味なんだよね~」
なんて冗談で話しているのもよく聞きます。

でも正確には「ただ太っている」だけでは「メタボ」とは言いません。

ウエストが100センチあっても、メタボではない場合もありますし、

85センチでもメタボの可能性があります。

では、このメタボとは何なのでしょうか?
メタボは「メタボリック・シンドローム」の略です。

「メタボリック」は「代謝の」、「シンドローム」は「症候群」という意味です。
日本語では「内臓脂肪症候群」といいます。

実は肥満には2種類あることはご存知でしょうか?

体の皮膚のすぐ下につく皮下脂肪の多い「皮下脂肪型肥満」と、
内臓につく内臓脂肪が多い「内臓脂肪型肥満」があるのです。

もちろんどちらの脂肪もつきすぎは良くないのですが、特に内臓脂肪が過剰にたまると、糖尿病などの生活習慣病や動脈硬化が進んで脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす危険が高まるということが分かってきたのです。

内臓脂肪がたくさんついた、内臓脂肪型肥満に加え、高血圧、高血糖、または脂質異常のどれか2つ以上をあわせもった状態を「メタボリックシンドローム」といいます。

特に中高年の男性に多く、40~70歳の2人に1人、女性でも5人に1人がメタボリック・シンドローム予備軍または、すでにメタボが疑われている状態だと言われています。

たかが肥満となめてはいけません。いろんな悪条件が重なると、糖尿病、高脂血症や高血圧症などの生活習慣病を併発しやすくなったり、動脈硬化が進んで心筋梗塞や脳梗塞など深刻な病気を引き起こす確率が高くなります。

「メタボリック・シンドローム」は危険な状態なのです。

今後はメタボリック・シンドロームがどんなものなのか、なぜ怖いのか、そしてどういう対策をしていけば良いのか?

基礎知識から、診断基準、解消法や対策などについて調べた情報も掲載していきます。

あなたの健康のためにお役に立てれば幸いです!

ブログ村に参加しています!クリックお願いします♪

にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ

にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

タグ

2012年10月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:メタボリック・シンドローム 内臓脂肪を減らす方法

南雲流ダイエットでお腹まわりの脂肪を落とす!

50代なのに30代に見られる!と話題の南雲吉則氏。

もちろんオヤジ体型とは程遠いスレンダーな体型。

これは内臓脂肪が気になるあなたや、お腹まわりのダイエットを志すあなたも
ぜひその秘密を知りたいところですよね。

南雲氏は見た目だけではなく、脳年齢は骨密度もかなり若く、30代並みらしいです。

多くの人が彼のエイジレスな秘密を知りたいと、
彼の著書はベストセラーになってますし、
彼の愛飲しているゴボウ茶が世に知られ、非常に売れているようです。
さて、そんな話題の彼はどんな生活をしているのでしょうか??

詳しくは彼の著書を読んでいただくのがベストですが、

ポイントは3つ。

1.ゴールデンタイムに寝る

2.お腹がすいてから食べる

3.食材をまるごと使って食べる

だそうです。

1.ゴールデンタイムに寝る

これは女性向けの美容法にもよく出ていますよね。

子供の睡眠にも当てはまります。

良質な睡眠を取るには、夜10時~深夜2時までの間の「ゴールデンタイム」に睡眠を取っていることが重要です。

確かに朝方帰って、昼間どんなに寝てもだるさが取れない、逆に夜早めにしっかり眠ると
、多少睡眠時間が少なくてもすっきりしますよね。

生理学的にももちろん検証されています。

この時間帯のノンレム睡眠は、成長ホルモンがたくさん分泌されます。

この成長ホルモンが内臓脂肪を燃やしてくれるのです。

男性の内臓脂肪にも、女性のお肌にも、子供の勉強にも「ゴールデンタイム睡眠」が良い理由はこれです。

2.お腹がすいてから食べる

お腹がすいていないのに、ダラダラ食べることは健康にとても悪いようです。

胃潰瘍などで入院したときに、まずなされる処置は「断食」

空腹になることにより、体内がリセットされるらしいのです。

「断食道場」なんかも同じような考え方で、リズムの狂った体を空っぽにして、ゼロからリズムを作るというものです。

また、空腹時にはサーチュイン遺伝子という、長寿遺伝子が目覚めます。

この遺伝子が活発になると、内臓脂肪の燃焼や、細胞の修復、動脈硬化を予防するなどの効果があります。

ただし、お腹をすかせるのは良いのですが、その後の「ドカ食い」は体に悪く、太りやすくなるので注意が必要です。

3.食材をまるごと使って食べる

南雲氏の食事のこだわりは「完全栄養」。

つまり、「食材をまるごと食べる」こと。野菜なら皮ごと、魚なら骨も頭も食べる。

1つの食材には体に必要な栄養素がバランスよく含まれているのです。

たとえばライオンなどは「肉食動物」で、肉ばかり食べています。

魚は「魚ばかり食べている」はずなのに栄養不足になりませんよね。

それは獲物の頭、目玉、内臓、肉、すべてまるごと食べているからです。

それと似たようなイメージで、大根なら、身も、皮も、葉っぱもいただくことで大根まるごとの栄養が得られる。

とにかく「食材をまるごと」食べることにこだわっているようです。

飲み物は、カフェインを取らずにゴボウ茶を愛飲。

ゴボウ茶には抗酸化作用のあるポリフェノールがたくさん入っているそうです。

ちなみに彼はなんと「1日1食」だそうです。

1日の摂取カロリーもかなり少なめ。

カスミを食べて生きている仙人のようにも見えますが、
生活自体も規則正しく、やはり健康的なようです。

1日1食に関しては、凡人には耐え難い生活かもしれませんが、彼は他人にそれを強制しているわけではありません。

また最初にあげた3か条は、ダイエットのみならず、健康になる基本的な知識です。

彼の提案をうまく取り入れて、お腹ダイエットを成功させたいですね!

ブログ村に参加してます!クリックお願いします♪
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ

ブログ村に参加してます!クリックお願いします♪
にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

タグ

2012年10月18日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:話題のダイエット

このページの先頭へ