ロコモの原因は?放置するとどうなる?

前回、運動機能に関する新たな概念「ロコモ」を紹介しました。(メタボより怖い!ロコモって?)

今回は、「ロコモ」に注意すべき年齢やロコモの原因などについて紹介します。

★ロコモの対象年齢は?

メタボリック・シンドロームは40代以上からリスクが高まるとされており、 

メタボ健診が40歳から義務付けられています。

 

では、ロコモはだいたい何歳くらいから注意が必要なのでしょうか?

日本整形外科学会では、

50代以上の7割

ロコモのリスクがあるとしています。

 

腰や膝の痛みなど、小さなことから始まり、

徐々に歩行などが困難になっていきます。

 

運動機能の低下で、生活に支障が出る年齢のピークは

70歳代。

現在、ロコモな方もその予備軍は

全国に4700万人ほどいると推測されています。

50代では70歳の生活を想像できないかもしれませんが、

小さなサインを見逃さず、早めに意識して運動習慣をつけるなどして予防するのが大事です。

 

★ロコモの原因は?

では、なぜロコモになるのでしょうか?

これには、3つの要因があると考えられています。

 

  1. バランス能力の低下
  2. 筋力の低下
  3. 骨や関節の病気

 

1.や2.により、転倒の危険が高まります。

また、3の代表的な病気は

「骨粗鬆症」(骨がスカスカになる)、

「変形性膝関節症」(膝の関節軟骨が磨り減ったり変形する)

「脊柱管狭窄症」(腰の神経が圧迫される病気)

などがあります。

 

★ロコモを放置するとどうなる?

さて、では「ロコモ」を放置すると、どうなってしまうのでしょうか?

「ロコモ」は「寝たきり」「要介護」へとつながります。

 

「メタボリック・シンドローム」や「認知症」などと並んで、

「寝たきり」「要介護」の要因になっています。

 

身体機能の低下、骨が弱って転んだだけで骨折してしまうなど、

さまざまな原因が重なって、バランス能力、移動能力が低下していきます。

 

そしてついには、日常的な歩行やトイレ、衣服の着脱など

日常最低限の活動もできなくなってしまうのです。

 

そうなると引きこもりや寝たきりなど

「要介護状態」に陥ってしまい

「健康寿命」が短縮されてしまいます。

 

★健康寿命とは?

健康寿命(Health expectancy)とは、          

2000年にWHO(世界保健機関)が公表した言葉で、

日常的に介護を必要としないで、

自立した生活ができる生存期間

のことを指します。

 

 

 

平均寿命から、介護年数を引いたのが健康寿命です。

日本人の健康寿命は、

男性72.3歳、女性で77.7歳、全体の平均75.0歳。

なんと世界第一位となっています。

 

しかし、便利な世の中になり、加齢による運動機能低下により、

日本でもロコモの増加が懸念されています。

 

せっかく長生きするなら、健康でいたいですよね。

長生きをしても、ずっとベッドの上では、生きている意味を見失うことに

なりかねません。

早めに意識して、対策をしていくことが重要です!

 

次回は、誰でも簡単にできるロコモチェック&ロコモ予防体操についてご紹介します。

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

タグ

2012年11月30日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ロコモティブ・シンドローム

メタボより怖い!?ロコモとは?

「ロコモ」という言葉、聞いたことありますか?

 

なんとなくハワイの「ロコ」を思い浮かべたり、

どこか懐かしい響きのようなこの「ロコモ」・・・

 

実はこの「ロコモ」、「メタボ」に並ぶ危険な状態を表す言葉です。

ロコモとは?

では、ロコモとはいったい何でしょう?

ロコモとは、「ロコモティブ・シンドローム」(locomotive syndrome)の略で

直訳すると「運動器症候群」。

 

日本整形外科学会が提唱した、       

運動機能の低下に関する新たな概念です。

 

世の中、平均寿命はどんどん伸びていて、

人類は今までにないほど長期間、

身体を使う時代になりました。

 

一方、生活はどんどん便利になって、

歩いたりしゃがんだり、

生活の中で運動する機会が少なくなっています。

 

そんな中で、加齢や運動不足による運動機能の低下や障害により、

要介護になる可能性の高い、身体的ハイリスク状態を表すのが「ロコモ」です。

「メタボ」の次は「ロコモ」!

内臓脂肪が蓄積し、命に関わる生活習慣病のリスクが高い「メタボリック・シンドローム」は、

内臓に関する病気に対する早めの対策を呼びかけるために提唱されました。

 

「ロコモ」は、加齢に伴う運動機能の低下で、

生活に支障が出るほど動けない状態になってしまうことの対策として、

提案されたものです。

 

どちらも、加齢により、健康的な生活が脅かされることを懸念して、

早い段階から対策を呼びかけるものです。

 

現段階ではたいした事はないからと軽視せず、

意識して対策していくことが健やかな老後を迎える秘訣です。

 

ロコモを軽視しないで!あなたは大丈夫?

まだ、生活に支障が出るほどではないものの、

最近走ると膝が痛いとか、寒くなると関節が痛くなる、

などの症状はありませんか?

 

現代人のライフスタイルは運動不足になりがちです。                   

通勤電車で立ちっぱなし、

   駅ではエスカレーターで移動、           

       オフィスでは座りっぱなし・・・。

 

意識して身体を動かさなければ、

加齢に伴いどんどん身体機能が落ちて行き、

徐々に自分で身の回りのこともできないようになってしまいます。

 

そんな状態を防ぐため、早い段階で対策をしようという考えで       

「ロコモ」の意識付けを推奨しているのです。

 

 

では、次回はロコモの対象年齢や

ロコモの原因などについてお話します。

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

タグ

2012年11月29日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ロコモティブ・シンドローム

仲間と一緒にお腹やせ!男のダイエット教室とは?

お腹まわりが気になって、ダイエットを始めてみたものの、

効果は出ないし、忙しいし、なかなか続けられない・・・

そんなお悩みをお持ちの方は、

ダイエット教室がお勧めです。         

 

同じ悩みを持つ仲間と一緒に、食事や運動の理論、

実践などを学べる
男性ダイエットスクール」なるものが大人気。

アドバイスしてくれるのは、「肥満予防健康管理士」など、

きちんとした資格を持っているダイエットアドバイザー。

 

正しいメソッドで腹を凹ます方法を、理論、実践の両面からきちんと教えてくれます。

 

素人考えのダイエットと違って、プロが正しい栄養管理と運動法を指導してくれ、

さらに仲間も一緒に実践するので、リバウンドしにくいダイエットが可能です。

特に、こんな方がダイエット教室で成功しやすい方です。

ダイエット教室に向いている人とは・・・

・何度もダイエットに挫折している人

挫折の原因は、知識不足、モチベーションが保てない、

1人でやるのでやめやすいなどの理由があるはずです。

ダイエット教室では、正しい知識を吸収でき、

仲間と一緒に定期的に通うので効果が出るまでモチベーションが保てます。

・理屈が分かれば納得できる人

男性は特に、太る理屈、痩せる理論が分かれば納得して動ける人が多いです。

ですので、プロの指導でしっかりとした知識を身につければ、

簡単に痩せられるケースが多いのです。

・きつい食事制限や運動ではなく、

ゆるやかに自然とダイエットしたい人

断食、食事抜きなどで超絶の空腹を味わってしまうと、

もうあの苦しみを味わいたくなくてダイエットを敬遠してしまいますよね。

 

また、ジムなどでも張り切ってハードに運動してしまい、

翌日の筋肉痛に悩まされた経験がある方も多いと思います。

 

プロの指導があれば、そんな失敗も避けられ、ムリのない方法でダイエットを指導してもらえます。

・食事の量を減らしたり運動しているが、なかなか痩せない人

「とりあえず食事を減らし、なんとなく運動」していても脂肪は減りません。

どういうメカニズムで脂肪が落ち、どんな運動をしたら何に効果があるのか、

正しい知識を身につければ、ちゃんと減量できるのです。

ダイエット教室では、「成功するメソッド」を教えてもらうことが出来ます。

・明日からダイエットしようと思いながら、常に先延ばししている人

自分ひとりで先延ばしにしていては、いつまでたっても痩せられません。

お金を払えばモトを取ろうと通いますし、仲間がいればモチベーションも保てます。

 

思い切って門をたたいてみてはいかがでしょうか?

今度こそ、たっぷりついたお腹の脂肪とさよならできるチャンスかも知れません。

 

 

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

 

タグ

2012年11月28日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:話題のダイエット

1日たった30秒で「お腹だけ痩せる!」

お腹まわりの脂肪を落としたい人が一番願うことは、

「とにかくお腹だけ手っ取り早く痩せたい!」

ではないでしょうか。

そんなカンタンな方法はないだろう・・・と思いきや、なんと
 「1日30秒でお腹だけ痩せる」
 メソッドがあるのです!!

それが「ドローイン」。

やり方も至ってカンタンで、すぐに効果が出るという

魔法のようなこのエクササイズ、
 いったいどんなものなのでしょうか?

 

簡単で効果抜群!ドローインのやり方はコチラ
 

 

「ドローイン」はなぜ効果がある?

「ドローイン」の動きは、なぜ効果があるのでしょうか?

ドローインをすると、普段はあまり使われないインナーマッスル

「腹横筋」を刺激することができます。

 

この筋肉は、お腹を引っ込めるのに大事な働きをするため、

ここを鍛えることでお腹が凹むのです!

 

インナーマッスルを鍛えることで、結果的に体幹も鍛えられます。

そうなると代謝も上がり、脂肪も燃焼されやすくなります。

 

お腹を凹ますだけで、こんなにすごい効果があるんですね。

科学的にも効果を実証

この「ドローイン」、あまりに夢のようなエクササイズなので

マユツバの方もいらっしゃるかと思いますが、

なんと石井長方・東大教授など、最近多くの識者が紹介している方法です。

しっかり科学的にも実証されているんですね。

お腹だけでなく、腰痛にも効果あり

実はこのドローイン、理学療法やリハビリテーションでも使われています。

体幹が鍛えられるので、腰痛の予防と改善の方法としても効果的です。

「ドローイン」5つのメリット
これだけ簡単な「ドローイン」、改めてメリットを見てみましょう。

 

1.忙しくてもできる!!

ただお腹を引っ込めるだけなら、仕事中でも、通勤途中でも、テレビを見ながらでもOK!!

いつでも、どこでもできるので、どんなに忙しくてもできるエクササイズです。

 

2.とにかく簡単

エクササイズでは、姿勢ややり方など難しいものもありますが、

「ドローイン」はとにかく簡単なのがメリットです。

基本はお腹を凹ませるだけ。

 

3.すぐに効果が出る

お腹をへこませる動作を続けていると、数日で効果が出てきます。

お腹まわりが締まってきた感覚を早く味わえるので、やる気が出ます。

 

4.姿勢もよくなる

ドローインすることで、体幹が鍛えられるので、なんと姿勢もよくなります。

背筋が伸びていると、とてもカッコイイですよね。

 

5.続けられる!

準備いらずですぐにでき、忙しくても仕事の最中でも出来てしまうので、

とにかく続けやすいのがポイントです。

 

 

「ドローイン」のやり方は?

さて、そんな「ドローイン」やり方は至って簡単。

「お腹を引っ込めるだけ」です。

ただし、ギュギュっと強く引っ込めましょう。

きついズボンを履くときのように、ギュギュギューっとお腹を凹ませます。

基本はこれだけ。これぞ「いつでもどこでも何度でも」できる
簡単エクササイズの真骨頂です。

また、歩きながらドローインをすると、消費カロリーが約40%アップすると言われています。

お腹を引っ込めると自然と姿勢もよくなるので、歩きながらドローインをお勧めします!

 

 

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

タグ

2012年11月27日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:話題のダイエット 運動でダイエット

メタボが引き起こす病気① 心臓病

メタボリック・シンドロームが「危険な状態」だということには触れました。

さて、このメタボリック・シンドロームを放置するとどうなるのでしょうか?

まず、このメタボリック・シンドロームが進むと
「動脈硬化」(記事参照:メタボ放置→動脈硬化が死を招く)が進行します。

この動脈硬化がさまざまな病気を引き起こします。
まずは狭心症や心筋梗塞など、心臓に関する病気について知っておきましょう。

◇心臓病
(狭心症、心筋梗塞)

まず、メタボリックシンドロームと切っても切れないのが「心臓病」です。

心臓には、全身に血液を送り出す役割があります。

そのために必要な酸素や栄養を「冠動脈」という血管が送り込んでいます。

その重要な役割を担う「冠動脈」が動脈硬化により内腔が狭くなり、

栄養が送られにくくなったり、または閉塞してしまったりすることにより起こるのが心疾患です。

心疾患の代表的な病気について知っておきましょう。

 

 

・狭心症

運動中に、冠動脈の血流が悪くなることで、胸部に強い圧迫感や痛みが生じるものを「狭心痛」といい、

心臓に送られる血液の流れが悪くなることで酸欠状態になり、狭心痛が生じることを「狭心症」といいます。

これは特に階段の上り下り時や、運動時など、心臓が強い圧力をかけて血を送り込む必要があるときに

起こりやすくなります。

狭心症の痛みはあまり長くは続かず、少しすれば収まることが多いのですが、

頻度が多い場合や、痛みが続く場合は心筋梗塞に移行する可能性があります。

放置すると、心筋梗塞を引き起こし命に関わることになるので、早めの処置が必要です。

・心筋梗塞
心筋梗塞は、動脈硬化によって狭くなった冠動脈の血管がつまり、

酸素や栄養が送られなくなってしまったのち、心筋が壊死する恐ろしい病気です。

長年、動脈硬化を放置しておくと、血管内にプラークという脂肪の塊ができて、

血管内が狭くなってきます。

プラークには、ハードプラークとソフトプラークがあります。

ハードプラークは、その名のとおり「硬い」プラークで、徐々に積もっていくため、

心筋梗塞の前触れとして「狭心症」を起こすことが知られています。

「狭心症」を起こした段階で治療をすれば、ある程度リスクを下げることができます。

一方、ソフトプラークは「柔らかい」プラークです。

ソフトプラークは壊れやすいので、あまり大きくなくても何かの拍子に壊れてしまうことがあります。

血管内がそれほど狭くなっていなくても、壊れたソフトプラークの部分から出血して血が固まってしまい、

いきなり血管をふさいでしまうことがあります。こうなると、

狭心症などの前触れがなく突如心筋梗塞が起こります。

これは「急性心筋梗塞」と呼ばれます。

心筋梗塞は狭心症よりも痛みが強く激しいのが特徴です。

前触れとして狭心症がある場合が多いのですが、ある日突然発症する場合も少なくはありません。

また、死亡率の高い病気としても有名で、

日本人の死亡原因ナンバー3に入っています。

もし死を免れても後遺症や慢性的な心不全が残ったりする場合が多く、

結果、元通りの生活をすることが困難になります。

メタボリック・シンドローム対策をすることで、

心筋梗塞の元となる動脈硬化を防ぎ、

こういった重篤な病気を予防することができます。

 

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

タグ

2012年11月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:メタボにまつわる病気 メタボリック・シンドローム 内臓脂肪を減らす方法

このページの先頭へ