内臓脂肪レベル(内臓脂肪率)とは?

メタボリックシンドローム(メタボ)の第一の原因、

「内臓脂肪」ですが

この「内臓脂肪」、

困るのが「目に見えない」

こと。

 

皮下脂肪であれば、お腹の脂肪をつかめば、

どの程度の脂肪があるか分かるのですが、

内臓脂肪となると、とにかく自覚しづらいですよね。

 

最近では、ありがたいことに家庭用の体重計でも

内臓脂肪をはじめとする体内脂肪が計れる体重計があります。

 

社員食堂のレシピが有名な「タニタ」や

体温計など健康機器のメーカー「オムロン」などから、

内臓脂肪率(内臓脂肪レベル)

が量れるすごい体重計が出ています。

 

体重計ではなく「体組成計」と売られているものであれば、

内臓脂肪率

が量れるものがほとんどです。

 

内臓脂肪レベル(内臓脂肪率)とは?

さて、では、

内臓脂肪レベル(内臓脂肪率)

とはいったい何でしょうか?

多くの方は、「内臓脂肪の量」が測れたところで

「それが多いか?少ないか?」を判断するのは難しいのではないでしょうか。

内臓脂肪は面積で表します。ですが100平方センチメートル、と聞いた所で、

「自分は標準的なのか?平均はどのくらい?」

と思いますよね。

そうなると、それなりの「指標」

が必要となってきます。

 

タニタやオムロンなど体重計のメーカーでは、

健康に関するさまざまなデータを研究しているので、

独自のデータから割り出した基準を

「内臓脂肪レベル(内臓脂肪率)」

として

私たちにも分かりやすく

「自分の内臓脂肪が、平均と比べてどのくらいか?」
「自分の内臓脂肪が、標準値以下か以上か?」

と、教えてくれ、 メタボ危険度のバロメーターとなってくれるのです。

 

ですから、体重計のメーカーによって多少基準の数値が変わってくることがありますが、

どれも実際のデータから割り出したものですから、大きな差が出ることはありません。

 

「内臓脂肪レベル」はどうやって測る?

自分の内臓脂肪の量を量ってくれ、しかもそれが標準的かどうか分かる

「内臓脂肪レベル」(内臓脂肪率)

ですが、

どうやったら内臓脂肪レベルを知ることができるでしょうか?

 

基本的には

「内臓脂肪レベルが量れる体組成計」に乗るだけ

です。

 

体組成計は「身体の構造を計ってくれる」ので

内臓脂肪レベルはもちろんですが、

体脂肪率、骨格筋率、基礎代謝、体年齢などさまざまなことが分かります。

内臓脂肪レベル(内臓脂肪率)を測るには、2通りの方法があります。

 

1.自宅で体組成計を購入する

だいたい量販店で3000円程度からあります。

内臓脂肪レベル(内臓脂肪率)

が量れるものは

大手の「タニタ」や「オムロン」のものが おすすめです。

 

自宅で購入するとなると、コストの面が気になりますが

日々、いつでも計れて、内臓脂肪率の変化が見られます。

あまり高価でななく、ほかにも体脂肪率や基礎代謝なども見られるので

ひとつ持っておくとよいと思います。

 

お店やネットで買う際には、「内臓脂肪レベル」

が計れるかどうかの確認をしてくださいね。

 

2.内臓脂肪レベルが計れる場所に行く

スポーツセンターやフィットネスクラブなどには、

体組成計が置いてあります。

もし会員になっていたり、定期的に通う場所に体組成計がある場合は、

そういった場所で

内臓脂肪レベル(内臓脂肪率)

を測るのもよいでしょう。

 

いずれにせよ、定期的にチェックするのがポイントです。

 

 

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

タグ

2013年1月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:メタボリック・シンドローム 内臓脂肪を減らす方法

腹筋運動だけでお腹は凹まない!

前回は「お腹回りの構造」についてお話しました。

 

→「腹凹」になるは、お腹の構造を知ろう!

 

おなかは胸や腰と違い、骨格がない場所。

その分お腹は出やすい部分であり、同時に凹みやすい場所。

 

さて、おなかの脂肪を落として、

お腹を凹ます=

腹凹

を目指すとなると 真っ先に思いつくのが

「筋トレ=腹筋」

ですよね。

でも、ちょっと待ってください!

 

「腹筋だけ」では

腹凹

にはなりません!!

 

腹筋運動だけでは凹まないワケ

お腹回りは、いくつかの筋肉で構成されています。

 

主なものは

  • 腹直筋
  • 外腹斜筋
  • 内腹斜筋

 

です。

 

腹直筋と外腹斜筋は外側の筋肉、

 

内腹斜筋は、お腹の内部の筋肉、

いわゆるインナーマッスル

です。

 

一般的に「腹筋運動」といわれている、

横になった状態からお腹の筋肉を使って起き上がるシットアップは

腹直筋を鍛えるための筋肉トレーニング

です。

 

ですから、外腹斜筋や内腹斜筋には効かず、「腹筋運動」だけでは効果に限界があるのです。

 

腹斜筋には「ひねり」が効く!

内腹斜筋と外腹斜筋は「腹斜筋群」と呼ばれて2層構造になっています。

外腹斜筋はお腹の中心から肋骨の外側にかけてVの字を書くように走る筋肉、

内腹斜筋は、骨盤の外側からお腹の中心に向けて「へ」の字を書くように走る筋肉です。

 

これらの筋肉はクロスしていて、この構造で身体をひねるときに有効な筋肉です。

ですから、この筋肉を鍛えるには、

ツイストのような「ひねる」動きをすると効果があると言われています。

 

このことからも分かるように、

「いわゆる腹筋運動」だけでは お腹は思うように凹まないのです。

 

「インナーマッスル」って何?

一般的な「腹筋運動」だけではお腹が思うように凹みません。

外側の筋肉だけ鍛えても、腹凹にはなれないのです。

となって登場するのが

「内側の筋肉=インナーマッスル」

です。

 

インナーマッスルは

「体幹」

を支える筋肉で 身体の深い場所にある筋肉です。

→体幹を鍛えるとお腹は凹む

 

身体の内部にある腹部の筋肉は「腹横筋」ですが、

多裂筋、骨盤底筋群、横隔膜などのほかの筋肉と連携しあって働いています。

    • 多裂筋:背骨側にあり身体の軸を支える役割
    • 骨盤底筋群:骨盤の奥にあり、骨盤内にある臓器を支える役割
    • 横隔膜:胸と腹の境界をなす役割

 

を持っており、これと腹横筋が連携しあって

腹腔

を形成しています。

これらのインナーマッスルが弱くなると、

腹腔が広くなり、 ポッコリおなかになってしまうのです。

 

 

 

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ
 

タグ

2013年1月21日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ダイエット基礎知識

「腹凹」になるには、お腹の構造を知ろう!

お腹周りの脂肪の落とし方を知りたい、お腹ダイエット中の皆さん、

お腹を凹ますために

「なんとなく」

ダイエットしていませんか?

 

お腹を凹ます、つまり

「腹凹」

になるは、ダイエットや運動ももちろん必要なのですが、

まずは「知識」、

つまり

「お腹の構造を知る」

ことが必要です。

 

効率よくお腹を凹まし

「腹凹」

になるべく、

お腹まわりはどうすれば凹むのか、

知識をしっかり吸収してから お腹ダイエットを実践すれば

あなたのお腹はばっちり

腹凹

になるはずです!!

 

身体の構造を知る:お腹は出やすく、凹みやすい!

 

お腹まわりのダイエットに苦労している皆さん。

原点に戻って考えてみてください。

あなたは、お腹周辺の身体の構造を知っていますか?

 

どうしてお腹だけ太りやすいのか、

どうしたら

腹凹

になるのか。

 

これをしっかり理解している人と、

そうでない人とでは、 ダイエット成功度がまったく違ってきます。

 

今回は「お腹まわりの構造」について、お話していきましょう。

 

なぜお腹は出やすいのか?

まずは、「なぜお腹は太りやすいのか?」についてお話します。

 

お腹周りには骨=フレームがない!!

 

腕や足を除き、身体には胸、お腹、腰と3パーツに分けられます。

そのうちの胸、腰にはしっかりとした骨格を持っており、 それが強いフレームとして機能しています。

 

胸には肋骨

腰には骨盤

 

がありますよね。

 

けれど、お腹周りにはそういった「骨格」がありません。

そのため、お腹まわりは「出やすい」構造なのです。

 

いくらでも出る=いくらでも凹む場所

お腹は太りやすい、と知ってなーーんだ、とあきらめてしまうのは早いですよ。

お腹は膨らみやすい構造ということは

「凹ませればどんどん凹む構造」ということでもあるのです。

「腹凹」

の光が見えてきましたね!

 

胸や腰は「骨格」があるため、サイズダウンするには限界があります。

しかし「お腹まわり」は、この骨格がないため、

サイズダウンも好きなだけできるのです。

 

お腹まわりを凹まして

「腹凹」

になるはいろいろな方法があります。

構造を知った上で、理論に基づいたお腹を凹ます方法を実践すれば、成功しやすくなるのです。

 

 

 

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

タグ

2013年1月19日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ダイエット基礎知識

ダイエットに効く食材:コンニャク

お腹回りが気になって、おなかの脂肪を落とし、痩せる食事を!と思っている方に
ダイエットに効果がある食材
を紹介しています。

 

今回は

「こんにゃく」

です。

 

超低カロリーでダイエットの定番といえますが、

コンニャクの栄養素を知っている方は少ないのでは??

 

こんにゃくの栄養には、

ちゃんと

「おなかダイエット成功の秘密」

があるのです!

 

こんにゃくの特徴

コンニャクは、「こんにゃく芋」と呼ばれるサトイモ科に属する植物から作られます。

こんにゃくの成分は97%が水分ですが、

腸の老廃物をとってくれるため昔から「腸の砂おろし」といわれています。

 

こんにゃくがダイエットに良いわけ

では、このこんにゃくがダイエットによいと言われている理由は何でしょうか?

 

  • グルコマンナンの働きがすごい!
  • 低カロリー度がすごい!
  • 満腹度がすごい!

 

グルコマンナンの働きがすごい!

こんにゃくの成分のうち、97%は水分ですが、

そのほかに含まれているものとして「グルコマンナン」という

食物繊維

があります。

 

このグルコマンナンが

お腹ダイエットに素晴らしい働き

をします。

 

グルコマンナンは消化吸収されにくい多糖類のため、

吸収されないまま腸内へ行くため、

腸の老廃物を吸収して排出してくれます。

そのためダイエット効果が絶大だといわれているのです。

 

また、グルコマンナンにはコレステロール値を下げる効果もあります。

 

低カロリー度がすごい!

こんにゃくのカロリーは

100グラムで5kcal

こんにゃく1枚が約300グラムですから、なんと1枚食べても15kcal!

超低カロリー食品ですね!

 

満腹度がすごい!

超低カロリーなのに、水分、食物繊維が豊富なので、

満腹感がすごいのもこんにゃくの特徴です。

 

そのため、こんにゃくをお米状にして、

お米と一緒に炊くダイエット食品や、

こんにゃくのラーメンなどたくさんのダイエット商品が発売されています。

 

おなかがすいたらこんにゃくでかさ増しするのはダイエットテクニックの定番ですね。

 

ただし、こんにゃくを食べ過ぎるとお腹が逆に張ってしまうので、

食べすぎは注意し、1日300gまでで止めておきましょう。

 

優秀食品のこんにゃくをうまく使って、お腹ダイエットを成功させましょう!

 

 

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

タグ

2013年1月17日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:食事でダイエット

メタボに効く食材:納豆

内臓脂肪が溜まってお腹まわりが気になっているあなた、

メタボリック・シンドローム対策は大丈夫ですか?

 

今回は、内臓脂肪が気になるメタボリック気味の方に嬉しい

「メタボに効く食材」についてです。

今回は低カロリーで栄養価の高い「納豆」です!

 

メタボに納豆が効く!!

大豆を納豆菌で発酵させただけのシンプルな食品ながら、

昔から健康によいとして親しまれてきた

「納豆」。

この「納豆」、実はメタボ解消にも最適な食材なのです!!!

 

納豆がメタボに効くワケ

では、納豆のどの成分がメタボに効くのでしょうか?

  • ナットウキナーゼで血液サラサラ
  • 血圧を下げる!
  • 整腸作用
  • 悪玉コレステロールを減らす
  • ビタミンKが血管を健康に!
  • リノール酸で抗酸化!

 

ナットウキナーゼが血液をサラサラに!

納豆に含まれる「ナットウキナーゼ」は、強力な血液サラサラ効果を持つ

酵素です。

このナットウキナーゼは、納豆のネバネバに含まれているため、

納豆をよーーーく混ぜてから食べるのが

ナットウキナーゼを効果的に摂るコツです。

 

血圧を下げる!

納豆の中には、血圧を上昇させる働きのある

アンギオテンシンの働きを阻害する働きがあります。

 

その結果、血圧を下げる効果

があるとされています。

 

整腸作用

納豆菌には整腸作用があり、腸内環境を整えてくれます

ダイエットには便秘が大敵。腸内環境も整えてくれる納豆はとてもありがたい存在です。

 

悪玉コレステロールを減らす!

納豆に含まれる大豆レシチンには、動脈硬化を抑える効果

もあります。

過剰な悪玉コレステロールを減らしてくれるため、結果的に動脈硬化を予防することができます。

 

ビタミンKが血管を修復!

また、ビタミンKには傷ついた血管を修復する

作用があるため、

これも動脈硬化を防ぐのに役立ってくれます。

 

リノール酸で抗酸化!

リノール酸は必須脂肪酸ですが、体内で合成できないので、

食品から摂らなくてはなりません。

リノール酸には血中コレステロール値を下げる

効果や動脈硬化防止作用があります。

 

1日に食べる量は?

こんなに素晴らしい栄養がある納豆ですが、

1日にどのくらい食べればよいのでしょうか?

 

納豆の栄養効果を充分に得るには 1日50g程度がよいとされています。

 

これは、納豆1パックの量とほぼ同じですので

1日1パックを目安

に食べると良いということになります。

 

1パックなら、無理なく取り入れられますね!!

 

いろいろ混ぜて食べてみよう!

温かいご飯とも相性抜群の納豆。

でも毎日同じでは少し飽きてしまうかも?

こんな食材と相性がよいので、混ぜて食べてみると飽きずに食べられます。

 

めかぶ納豆

めかぶに含まれるヨウ素が代謝を活発にし、フコイダンが免疫機能を活性化させてくれます。

納豆との相性も抜群、カロリーも低くオススメです!

 

山芋納豆

ダイエット効果抜群の山芋とあわせてもおいしいです。

ダイエットに効く食材:山芋

 

キムチ納豆

発酵食品同士の組み合わせも相性がよいです。

キムチには代謝を活発にし脂肪を燃焼させる

「カプサイシン」が含まれています。

身近で手軽な納豆をメタボ解消に役立てましょう!

 

 

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

タグ

2013年1月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:メタボに効く食品 内臓脂肪を減らす方法

このページの先頭へ