効果抜群!スロージョギングの走り方!

お腹まわりの脂肪を落としたい方、
メタボ気味で内臓脂肪を減らす必要がある方に効果抜群の

スロージョギングの走り方について説明します!

スロージョギングの基本については以前の記事

ダイエット効果抜群!スロージョギングとは?

スロージョギングのココがすごい!

をご覧くださいね。

 

 

スロージョギングの走り方、ポイント

スロージョギングの効果をアップするポイントを説明します。

  • 速さはどのくらい?
  • フォームはジョギングと同じ?
  • 呼吸はどうする?
  • 着地の仕方がポイント!

 

速さはどのくらい?

まず「スロージョギング」で気になるのは、走るペース

ですよね。

「スロー」に走るとはいえ、いったいどのくらい遅く走ればよいのかいまいち分からないと思います。

 

スロージョギングでは

「歩く程度の速さ」

でジョギングします。

 

体の目安としては

「息が上がる一歩手前」

程度。

「遅く走る」と思うと、速すぎてしまい息が上がってしまうようです。

ですから 「歩くくらいの速さ」を意識しましょう。

 

呼吸はどうする?

ジョギングなどでは、鼻から吸って口から吐く呼吸法で走るべし、などの方法論があります。

ですが、スロージョギングをするときの呼吸は意識的に変えなくてOK。

普段どおりの呼吸で大丈夫

です。

友達とおしゃべりしながらでも、鼻歌を歌いながらでもOK。

逆に話す余裕がないくらいだと、ペースを上げすぎです。

あくまで「余裕がある呼吸」

をキープしていきましょう。

 

フォームはジョギングと同じ?

マラソンやランニングでは、フォームに気をつけることが大事です。

一般的にはあごを引いて走るフォームですが

スロージョギング

ではあごを軽く上げ、
視線は遠方を見るようにして

運動しましょう。

あごを多少あげたほうが、姿勢がよくなり、足も引き上げやすいのです。

 

ただし姿勢には注意。猫背や反り腰にならないよう、

頭からまっすぐ一本の柱になったイメージから、少しだけ前傾姿勢になった状態ではじめましょう。

 

着地の仕方がポイント!

もうひとつ大事なのが着地の仕方。

通常、ジョギングやランニングで走るときは、かかとから着地し

、指の付け根で勢いよく蹴りだすイメージですが、

スロージョギングではやってはいけません!

 

足の前~真ん中あたりでまっすぐ着地し、

地面を蹴るというより

「地面を押す」感覚

でスロージョギングを行います。

こうすることで、かかとやひざにかかる衝撃も少なく、疲れにくいのです。

 

 
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

タグ

2013年2月18日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:運動でダイエット

スロージョギングのココがすごい!

前回は、体力がなくても続けられ、しかもウォーキングよりも効果が倍増するという

「スロージョギング」

がどんなものかについてお話しました。

→前回の記事「ダイエット効果抜群!スロージョギングとは?」

 

スロージョギングの走り方はコチラ

 

お腹まわりの脂肪を落としたい方、

メタボ気味で内臓脂肪を減らす必要がある方、

ダイエットしなければと思って、 ジョギングやマラソン、ランニングを張り切って始めてみても

体力がついてこないので疲れてしまい、 続かない原因となってしまいます。

 

運動ダイエットは、とにかく「続ける」のが難しいですよね。

 

しかし、スロージョギングならば

「体力ゼロ」からでもはじめられる

ので 続けやすいのです!

 

スロージョギングのメリットは、

→前回の記事「ダイエット効果抜群!スロージョギングとは?」

をご覧くださいね。

 

今回は、スロージョギングに興味はあるけれど、

本当に効果はあるのか? なんで疲れないのか?

など、まだ疑問が残る方も多いと思います。

 

今回はそんなスロージョギングについて さらに詳しくご紹介します。

 

どのくらいの時間やればよいの?

運動ダイエットでもうひとつ気になるのが、

どのくらいやればダイエット効果が出るかということ。

 

忙しい毎日の中で運動の時間をとるのはなかなか大変ですよね。

スロージョギングは、

週に180分程度

行うのが理想とされています。

1週間毎日やるとすると、

1日約25分

これくらいなら、なんとかできそうではないでしょうか?

 

しかも、まとまった時間はとらなくてもOK。

昔は20分以上続けて運動しないと脂肪が燃焼しないと 言われていましたが、

最近の研究で 小刻みに少しずつ運動しても、

脂肪燃焼効果はあまり変わらないといわれています。

 

ですから、 朝10分、夜20分の計30分のメニューでもよいですし、

朝や帰宅後に時間が取れないのであれば、

出勤と帰宅時の駅まで10分ずつをスロージョギングにしてみる、

会社のランチタイムに定食屋さんまでスロージョギングする

などでもOKです。

そして、1分、2分でもやったら、その時間もカウントしてOKです。

これなら続けられそうですよね。

 

なぜ疲れないの?

スロージョギングの大きなポイントは

「疲れない」

ことです。

ジョギング、ランニングははじめは張り切っていても、すぐに息があがって疲れてしまい、

その後何日も筋肉痛に悩まされるなどで続かないことが多いのです。

 

ですがスロージョギングは「疲れない」。それはなぜでしょう?

 

スロージョギングは「遅筋」を使う!

一般的に、ジョギングやランニングで使う筋肉は

「速筋」

という筋肉を使います。

すばやく収縮できるので、瞬発力を引き出すときに使われます。

また、筋トレなど無酸素運動のときにも使われます。

この筋肉を使うと「乳酸」という、疲れの素となる物質が分泌されるため、疲れてしまうのです。

 

一方、スロージョギングで使うのは

「遅筋」

という筋肉。

小さな筋肉でゆっくり収縮し、持久力を引き出すときに使われます。

速度が遅いスロージョギングでは、この「遅筋」を使うおかげで疲れにくく、

結果的に長い距離を走ることができるのです。

 

 

スロージョギングの走り方はコチラ
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

タグ

2013年2月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:運動でダイエット

ダイエット効果抜群!スロージョギングとは?

お腹まわりの脂肪を落とす方法を模索している方、

メタボリックシンドローム気味で内臓脂肪を減らす方法を知りたい方、

いま話題の

「スロージョギング」

を試してみてはいかがですか?

 

スロージョギングの走り方はコチラ

 

NHKのためしてがってんでも放送され、

通常のジョギングやランニングは、体力が持たなくて続かないという人も行え、

しかも

効果抜群

という

「スロージョギング」

とはいったいどんなものでしょうか?

 

ジョギング、ランニングは運動ダイエットには王道のトレーニング法ですよね。

早朝や夕方にジョギングしている人をよく見かけます。

けれど、いざ自分もジョギングしてみようと思ってはじめてみても、 いかんせん体力が続かない。

 

疲れてしまって、あまり走らないうちにやめてしまうことも多いようです。

 

そう、お腹の脂肪を減らすぞ!と思い立って運動を始めようとしても、

はじめは運動不足なのですから、ジョギングできる体力などないのです。

しかし、この「スロージョギング」なら、

体力ゼロでもOK!

疲れて続かない敗北感もないので、毎日続けられ、しかも

効果抜群。

楽しいジョギングダイエットができるのです。

 

スロージョギングって、どんなもの?

スロージョギングとは、その名のとおり

「ゆっくり走る」

こと。

ゆっくり、といっても皆さんが思い描くゆっくり、よりもさらにゆっくり、

つまり「歩いているか走っているか分からない」程度のゆっくりでランニングすることです。

 

それじゃあ、効果がなさそう・・・と思うかもしれませんが、

意外に消費カロリーが高いのがスロージョギングのすごいところです。

 

ではここで、スロージョギングのすごいところをご紹介しましょう。

スロージョギングのここがすごい!

  • カロリー消費量がすごい!
  • メタボ改善に抜群の効果あり!
  • 脳トレにもなる!

 

カロリー消費量がすごい!

歩く程度の速さでジョギングしても、ダイエット効果なんてないのでは?と思うかも知れませんが、

スロージョギングの消費カロリーは侮れません!

 

超スローにランニングするだけで、

消費カロリーはウォーキングのなんと2倍!

歩いているときと使う筋肉の量が違うので、

同じ距離を移動しても約2倍のエネルギー消費ができるのです。

 

メタボ改善に抜群の効果あり!

食べ過ぎ、運動不足によるおなかまわりの肥満は、皮下脂肪だけではなく、

目には見えない内臓にも確実に

「内臓脂肪」

としてついています。

 

内臓脂肪は、何度も記事で触れたとおり、

「メタボリックシンドローム」の大敵

です。

 

放置しておくと高血圧、高脂血症、高血糖により動脈硬化が加速し

、脳卒中や心筋梗塞などを引き起こすリスクが高まる恐ろしい生活習慣病です。

 

→メタボリックシンドロームの記事一覧

 

スロージョギングは、この

メタボリックシンドロームにも効果がてきめん

です!

なぜなら内臓脂肪を減らすには「有酸素運動」が一番効果的だからです。

スロージョギングは、ウォーキングに比べカロリー消費量が倍なので、

ウォーキングよりもさらにダイエット効果が期待できます。

 

スロージョギングを続けていくと、体力も筋肉もつくので、

さらに効率よくダイエットを成功

させることができます。

 

脳トレにもなる!

意外と知らない方が多いと思いますが、 有酸素運動は、脳細胞を増やし、

脳容量を回復させる

ことが証明されています。

 

マウスによる実験で、ランニングすることにより

アルツハイマーを引き起こすβアミロイドという物質

を抑制することが分かっているのです。

 

つまり、スロージョギングは、衰えかけた脳にも刺激を与えてくれるのです。

いかがですか?ぜひスロージョギングやってみたいですよね。

スロージョギングの走り方はコチラ

スロージョギングのメリットはコチラ

ブログランキングに参加しています。

 
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

タグ

2013年2月14日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:運動でダイエット

超簡単にお腹を凹ます方法:実践編

おなか周りの脂肪を減らして、

特別なエクササイズが必要なく、

お腹を凹ます超簡単な方法

 
立つ、歩く、座る
日常生活の基本的な動きで
常に腹筋を意識すること
です。

 

特別なエクササイズも必要なく、お腹が凹みます。
 

これは本当です。
 
腹筋は使わないままでいると、「体内で無駄なものと仕分けされ」 て、

どんどん腹筋群の筋肉が衰えてしまう=おなか周りがどんどん出てしまいます。 

→詳しくは前回の記事

超簡単にお腹を凹ます方法:理論編

をご覧くださいね。

 

1日わずかな時間の腹筋運動だけでは効果が非常に出にくいです。

日常生活の中で腹筋をずっと意識し、

腹筋の出番を増やすことで、お腹痩せの効果がはっきりと出てきます

具体的にどんなとき、意識すれば良いのでしょうか?

エクササイズなしでお腹を凹ます方法はココ

 

・腹筋をギュッと締めて・・・立つ!

立つ、だけでも腹筋を使うのと使わないのではまったく姿勢が違います。

立って、横から姿見を見てみてください。

 

お腹が突き出たり、お尻が突き出したり、猫背になったりしていませんか?

猫背になると、おなか周りがユルユルになり、さらにぽっこりお腹が促進されてしまいます。

 

ここで

「腹筋を意識」

してみてください。

下腹部を軽くきゅっと締めて、背筋を伸ばすイメージをしてみてください。

 

いかがですか?

腹筋を使って立つと、肩が後ろに行き、背筋が伸び、

お腹も自然に凹みます。

立つときは常にこの「下腹部に軽い力」を入れて立つと、自然に腹筋が使われます。

 

・背筋を伸ばして、腹筋を意識しながら・・歩く!

歩くときはどうでしょうか?

腹筋が使えていないと腰が落ちて、ひざが曲がったまま歩く状態になってしまいます。

まるで数万年前のヒトに退化してしまったような歩き方では、

腹筋は衰え、お腹まわりの脂肪は増えるばかり。

 

ここでも

下腹部を軽く締め、腹筋を意識して

歩いてみましょう。

背筋が伸びて、颯爽とした歩き方になりませんか?

頭のてっぺんから、糸でつられたようなイメージをすると、

さらに姿勢がよくなり、腹筋も使われます。

 

・背筋を伸ばして・・・階段を上る!!

エレベーターやエスカレーターを使わずに階段を上り下りするのはとても良いことですが、

その上り下りの姿勢に気をつけるだけで腹凹になれます。

 

注意したいのは、特に上るとき。

上るのはきついので、ついつい前かがみで上ってしまいますが、

ここで

「下腹部、腹筋を意識」

して、姿勢よく登るようにしてみてください。

これだけで、腹筋が適度に使われています。

 

・電車内で・・腹筋を引き締めて・・・立つ

電車内で立つときの立ち方でも、お腹痩せに大きな効果があります。

会社帰りの電車内では、疲れてしまって

つり革に体重を預けてもたれかかっている方も多くいますね。

 

しかし、これでは腹筋は使われません。

 

つり革につかまったら、両足を適度に開いて体を安定させ、

おなか周りを意識して軽く締めつつ

、上半身をまっすぐ保つようにしてみましょう。

帰宅後に面倒なエクササイズするより、電車内で済ませてしまいましょう。

 

・電車で座るときも腹筋を意識!

電車でラッキーなことに座れた場合、

せっかくだからと猫背でスマホ・・・も楽しい時間ではありますが、

せっかく座れたのですからここでもちょっと腹筋を意識してみましょう。

 

座るときには座席にやや浅めに腰掛け、

下腹部に軽く力を入れ

、上半身をまっすぐにしてみましょう。

足を閉じると腹筋に力が入りやすいです。

 

・デスクワーク中の姿勢で差がつく!

デスクワーク中は、パソコンを使っている時間が長いので、

ついつい前のめりの姿勢になりがちです。

肘をついて体重をかけてしまうため、猫背になり、肩も上がってしまいます。

腹筋が緩むだけでなく、肩こりも誘発してしまうので、

気づいたら上体を持ち上げ、

腹筋を軽く締めて

骨盤の上に上半身を乗せるように意識してみましょう。

 

かくいう私もパソコンを使っていますが、ついつい前傾姿勢になってしまいます。

気をつけるようにしてからは、肩こりが軽減し、おなか周りも少し締まってきた気がします。

 

日常生活で腹筋の出番を増やし、お腹ダイエットを成功させましょう!

 

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

タグ

2013年2月12日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ダイエット基礎知識

超簡単にお腹を凹ます方法とは?理論編

おなか周りの脂肪が気になって、おなか痩せしたいけど、

忙しくてなかなか運動もできないし、腹筋運動やエクササイズも続かない・・・

そんなお悩みを抱えている方に朗報です。

 

腹を凹ます(腹凹になる)最強の方法

は、

本当に簡単なたったひとつのこと

を変えるだけで良いのです。

それは、

「普段の生活で腹筋を意識すること」

です!

そんなバカな!!

と思うかもしれませんが、それが理にかなっているのです。

超簡単にお腹を凹ます方法を今すぐ知りたい方はコチラ
 

腹筋、使ってますか?

30代を過ぎると、足腰の筋力が急速に衰えてきます。

さらに現代人はデスクワークが多く、エレベーターやエスカレーターなど

移動にもあまり負荷がかかりません。 家に帰ればゆったりソファでテレビ鑑賞。

 

お腹痩せをしたいと思っても、 考えてみると、まともに運動する時間、

ましてや腹筋をまともに使う時間はほとんどありません。

 

いくらお腹を凹ますぞ!と思っていても、

これではぽっこりお腹を腹凹にするはほど遠いですね。

こうやって腹筋を意識せずに甘やかしたままでいると、

恐ろしいことが待っています。

 

腹筋が仕分けされてしまう!

体というのは、とても合理的にできていて、

「使わない部分=必要ない部分」

と勝手に認識して、

衰えさせてしまうという性質を持っています。

 

腹筋群は、重力に反抗して姿勢を維持したり、

体幹をひねったりする動きのためにあるのですが、オフィスや自宅では座ってばかり。

体をひねる動きなんて、ほとんどしませんよね。

 

これだと、体は「この筋肉は使っていないから無駄なもの」と認識してしまい、

分解されてしまうのです。

まさに「体内の仕分け」対象になってしまうのです。

 

腹筋群が弱ってしまうと腹圧が低下し、

ぽっこりお腹がさらに出て、おなか周りがとんでもなく膨らんでしまいます

 

筋肉が落ちきってからおなか周りの脂肪を落とすぞ!

とお腹痩せダイエットをはじめたところで、なかなか効果が出ません。

 

あせって腹筋運動をしたところで、1日数十分がよいところ。

やはり腹筋をたくさん使っているとは言いがたい状況です。

 

ならばどうすればよい?

そう、

「常に腹筋を使っておく」

のです!

 

だからこそ毎日「お腹を意識する」

 

では、きつい腹筋をしていなくても、

常に「少しだけ腹筋を締めた状態」をキープしたらどうでしょう。

 

体は「常にこの部分を使っているな」と認識し、

腹筋群は分解されずに、強度をキープできます。

腹筋が仕分けされずに済むのです。

 

では、お腹を意識する、とは具体的にどうしたらよいのでしょうか?

超簡単にお腹を凹ます方法とは?実践編へ

 

 
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

タグ

2013年2月10日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ダイエット基礎知識

このページの先頭へ