すごい効果!お腹インアウトダイエットのやり方は? 世界一受けたい授業

お腹まわりダイエットでお腹をへこます!と思っている方に朗報です!


超簡単で効果抜群の方法

 

があるのです!

 

それは・・・

世界一受けたい授業でも紹介された、

お腹インアウトダイエット

です!

 

お腹インアウトダイエットのやり方は?

 

お腹インアウトダイエットの基本は、歩きながら行います。

歩くリズムに合わせて、お腹を

出して、出して、引っ込め、引っ込め

のリズムで行います。

常にやるように癖をつけます。

 

慣れてきたら、応用編です。

出して、出して、引っ込め、上げる

上げるの部分は横隔膜を引きあげるようにお腹を引っ込めます。

 

歩きながら行うのに慣れたら、

気づいたときにいつでもお腹インアウトダイエットを行います。

 

お腹インアウトダイエットを成功させるコツは?

 

お腹インアウトダイエットを成功させるには、ポイントがあります。

それは、「癖にしてしまうこと」です!

 

お腹インアウトダイエットの効果は?

お腹インアウトダイエットは、どこでもできて、癖にしてしまえば常に運動しているのと同じですので

続ければ効果がすぐに現れます

 

世界一受けたい授業の番組中でチャレンジした、「わくわくさん」ことくぼたまさとさんは、

体重3.5キロ、ウエスト3.5センチの減量に成功。

 

内臓脂肪まで大幅に減りました。

 

簡単で、効果抜群のお腹インアウトダイエット、早速いますぐはじめましょう!

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

タグ

2013年6月29日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:話題のダイエット 運動でダイエット

エステでお腹やせ!話題のキャビテーションとは?

お腹まわりの脂肪を減らすべく、いろいろダイエットを試してみても、いまいち効果が実感できない・・・という方は

一度、エステサロンを試してみてはいかがでしょうか?

 

エステサロンの痩身術として、今話題なのが

「キャビテーション」という痩身法。

メスを使わない脂肪吸引といわれるほど効果の高いこのキャビテーションという痩身術、

どうやって痩せることができるのでしょうか?

キャビテーションとは?

キャビテーションとは、超音波の一種。

超音波による音の振動により波動が起こり、この波動で気泡(キャビティ)が発生します。

この気泡が消える際に、周りのものを削り取る現象が起こります。

この原理を応用したのがエステの痩身法、キャビテーションです。

痩せたい部分にキャビテーション(超音波)を当てて、脂肪細胞を壊し、中の中性脂肪を溶かしだし、脂肪細胞の数を減らして部分痩せを実現しようというものです。

キャビテーションはなぜ脂肪を壊せる?

通常の超音波を脂肪に当てても、脂肪細胞は壊れません。

キャビテーションでは、脂肪を壊す特殊な超音波を使います。

そのため、皮膚の下の脂肪にまでしっかりと超音波が届くのです。

超音波は一秒間に数百万回もの振動を脂肪に与え、ひとつひとつの脂肪細胞に気泡を発生させます。

気泡が発生し、壊れるときに同時に脂肪細胞の膜も破裂します。

こうして、脂肪細胞の膜が破裂して脂肪細胞がつぶれ、脂肪細胞が減っていくのです。

エステの痩身マッサージでは効かない?

エステには、痩身マッサージなどで脂肪に刺激を与えて痩せる方法もありますが、

こういったマッサージでは、脂肪を小さくすることはできても、脂肪細胞の数自体を減らすことはできません。

ですので、マッサージを受けても、脂肪細胞がまたもとの大きさに戻ってしまえば、サイズも元通りになってしまうのです。

キャビテーションであれば、脂肪細胞の数自体が減少しますから、リバウンドの可能性も低く、部分やせが成功できます。

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

タグ

2013年6月19日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:エステでダイエット

簡単で効果抜群!胆汁酸ダイエットのやり方は?

お腹まわりの内臓脂肪を簡単に減らすことができると話題のダイエット法が登場しました。

 

世界一受けたい授業で紹介された、簡単で効果抜群の胆汁酸ダイエット

胆汁酸という体内で作られる物質をうまく利用して脂肪を燃焼させるという簡単で効果抜群のダイエット法です。

今回はこの胆汁酸ダイエットについてやり方や効果を調べてみました。

胆汁酸とは?

胆汁酸とは、肝臓で作られる物質です。

食事で摂取した脂質が、腸に吸着するのを防ぎ
消化・吸収を助けてくれます。

ほかにも

  • 内臓脂肪を燃やす
  • 血糖値を下げる
  • コレステロールを減らす

効果があります。

胆汁酸の量は人によってある程度決まっているので、胆汁酸を増やすことは難しいのですが、胆汁酸を効率よく働かせて脂肪燃焼を促進させようというのがこの胆汁酸ダイエットです。

胆汁酸ダイエットのやり方

1.新しい胆汁酸で脂肪燃焼を活性化!

胆汁酸は長い間腸内にとどまっていると、脂質の消化吸収を助ける機能が低下してしまいます。

さらに、古い胆汁酸が残っていると、新しい胆汁酸が作られにくくなってしまいますし、
大腸がんのリスクが非常に高まるとも言われています。

古い胆汁酸がたまってしまうと、良いことがありません。

ですから、古い胆汁酸を便とともに排出させるようにします。

2.古い胆汁酸を排出するには?

古い胆汁酸を排出させるには、便と一緒に排出させるしかありません。

古い胆汁酸は、食物繊維とくっつくことで、便と一緒に排出されやすくなります。

食物繊維が古い胆汁酸を吸収してくれるのです。

3.古い胆汁酸を排出する食材は?

食物繊維といってもいろいろありますが、古い胆汁酸を排出させるのに効果的な食材は何でしょうか?

  • マイタケ
  • 大麦
  • 杜仲茶

が大変効果的です。

マイタケ

マイタケには、MXフラクションという成分が含まれています。
このMXフラクションは他のキノコには含まれていない独自の成分で、古い胆汁酸を排出する効果があることがわかりました。

MXフラクションはエキスとして流れてしまうので、炊き込みご飯などにして食べるとより効果が期待できます。

大麦

大麦は食物繊維が白米の20倍、ゴボウの2倍もあるという素晴らしい食品です。白米を炊くときには大麦を混ぜて炊いてみましょう。

杜仲茶

杜仲茶には、胆汁酸のを排出する作用が高いといわれているアスペルロシドが含まれています。

ですから、胆汁酸ダイエットを行うには

マイタケ+大麦炊き込みご飯と杜仲茶がベストの組み合わせということになりますね。

どのくらい摂ればよい?

いくら胆汁酸ダイエットに効くといっても、毎日マイタケばかりはつらいですよね。

週に3日くらい摂るだけでも胆汁酸ダイエットに効果があるようです。

ですから毎日の食事に大麦、杜仲茶を取り入れつつ、マイタケを意識して摂るようにすれば良いですね。

食事+腸もみで胆汁酸ダイエットの効果抜群!

胆汁酸ダイエットで大事なのが「便秘解消」。
古い胆汁酸を排出しないと、新しい胆汁酸が分泌されないからです。

そこで、胆汁酸ダイエットには、便秘解消の「腸もみ」も加えるとさらに効果があります。

腸もみのやり方

便秘を解消し、胆汁酸ダイエットをより効果的にする腸もみです。

  1. イスに浅めに腰をかけ、足を軽く開く
  2. 両手の指先をへその下3cmへ差し込む
  3. 大きく息を吸い、吐きながら上体を手首が太ももに当たるところまで倒す
  4. 指先を差し込んだまま、 時計回りに3回ゆっくりまわす
  5. 息を吸い、ゆっくり上体を起こす

これをお風呂上りや寝る前に3~4セットやってみてください。

効果はどのくらいで出る?

さて、この胆汁酸ダイエット、効果はどれくらいで出るのでしょうか?

マイタケ、大麦、杜仲茶を意識して摂り、腸もみをしっかりやると、1週間程度で効果が出始めるようです。

また、テレビでは1ヶ月くらいで内臓脂肪がかなり減った体験者の方がいました。

簡単ですぐに始められるので、試してみる価値はありそうですね!

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

タグ

2013年6月17日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:話題のダイエット 食事でダイエット

自宅で加圧トレーニングする際の注意点!!

加圧トレーニングは、加圧ベルトの調節や加圧時間などの調整が難しいため、
専門のインストラクターがいるジムで行うのが理想ですが

ジムに通う時間がない方や、あまり費用をかけたくない方には、自宅で行う方法もあります。

自宅で加圧トレーニングする際には、認定アドバイザーの説明を受けた上で専用の器具を購入します。

自宅で行う際にはトレーナーが見ているわけではないので、自己判断でトレーニングを行ってしまいがちですが、加圧トレーニングはやりすぎると危険なため、絶対に守っていただきたい注意点をあげました。

自宅で加圧トレーニングを行う際の注意点

 

 

1.加圧トレーニング専用のベルトを使用する

加圧トレーニングを行う際には、必ず専用のベルトを使用しましょう。加圧ベルト以外のもので血流を制限してしまうと、締めすぎて血流が止まってしまうなど危険です。

2.加圧ベルトを巻く位置に注意

加圧ベルトは、腕か脚の付け根にベルトを巻きます。
(※基本的には、腕と脚のベルトを同時に巻くことはありません。詳しくは加圧ベルト購入時のアドバイスに従ってください)

お腹を凹ませたいからお腹に巻きたいなどという要望もあるようですが
痩せたい部分に巻けば効果があるというものではありません。

きちんと指導されたとおりに使用しましょう。

3.加圧ベルトの締めすぎに注意!

自宅で加圧トレーニングを行う際に、ついやってしまいがちなのが
加圧ベルトを強く締めすぎること。

自分の感覚で物足りないと思っても、勝手に圧力を変えてはいけません
加圧トレーニングを自宅で行う際に、ベルトを締めすぎることは一番危険な行為です。

むやみに締めれば効果があがるものではありません。
適正な加圧で適正な運動をしてこそ効果が出るのです。

4.加圧ベルトはウエアの上に巻く

加圧ベルトは素肌に直接巻かないようにしましょう。
位置がずれたり、かぶれの原因にもなります。

腕のベルトは半そでか長袖の上に、脚のベルトも半ズボンか長ズボンの上に巻きましょう。

また、ウエアがあまり滑りやすい素材ですと、位置がずれる原因になりますので
専用のウエアを着用するか、アドバイザーに相談しましょう。

5.定期的にアドバイザーに器具をチェックしてもらいましょう

自宅で行う加圧トレーニングの器具は、いったん買ったらそのままにせず、
定期的にトレーナーやアドバイザーに適正圧をチェックしてもらいましょう。

トレーニングをしてみての不具合や好みに合わせて再設定してもらえたり、
適正圧を再設定してもらい、それにあったトレーニングメニューの見直しなどもしてもらえます。

自宅でのトレーニングは自己流に改造してしまいがちですので、
定期的に指導を受けることによって、安全で効果の高いトレーニングを自宅でつづけることができます。

 

 
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

タグ

2013年6月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:話題のダイエット 運動でダイエット

加圧トレーニングは、自宅でできる?

加圧トレーニングは、加圧ベルトの調節や加圧時間などの調整が難しいため、
専門のインストラクターがいるジムで行うのが理想ですが

ジムに通う時間がない方や、あまり費用をかけたくない方には、自宅で行う方法もあります。

 

加圧トレーニングを自宅で行うには、

重さを調節できるダンベルと、加圧ベルトが必要になります。

専用のウエアなども販売されています。

加圧トレーニングの器具はどこで買える?

 

 

 
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

これらの加圧トレーニング専用の器具は、
加圧トレーニングの認定資格を取得した加圧トレーニングアドバイザーがいるお店で購入することができます。

加圧トレーニングは、加圧の加減や加圧時間を間違えると大変危険なため、トレーニングの器具を購入する場合には、事前に
加圧トレーニング専門のノウハウを持つアドバイザーが加圧トレーニングについての説明や、アドバイスをしてくれます。

加圧トレーニングの器具を扱うお店は

http://www.kaats.biz/shop/

で検索することができます。

加圧トレーニングの器具の費用は?

加圧トレーニングを行うための器具の費用は、どのくらいかかるのでしょうか?

加圧トレーニング専用のベルトは
一番有名なもので
筋力アップくんという名前で販売されているものがあります。

価格は
腕ベルトで46000円程度
脚ベルトが50000円程度

です。
加圧トレーニング専用に開発されたベルトで、購入の際には約1時間のセミナーを受けることが必須となっています。

自宅で始めるなら、もう少し気軽に始めたいという場合には
カーツという、ウエアとベルトのセットが販売されています。

価格は、
ウエアとベルトのセットで、
シャツ15000円くらい~、
パンツ17000円くらいからあります。

機能によって価格には差がありますが、どれも購入する際にはきちんと説明をしてもらえるので安心です。

購入の際には必ずウエアや器具の説明、トレーニングについての注意事項などの説明を聞くことになっています。

 

 

タグ

2013年6月13日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:話題のダイエット 運動でダイエット

このページの先頭へ