【世界一受けたい授業】良い汗と悪い汗・・太る汗とやせる汗!正しい汗のかき方は?

暑い夏がやってきましたね。ちょっと動くと汗だくになってしまいますが、良い汗をかくとスッキリするときもありますよね。

 

さて、世界一受けたい授業でも特集されましたが、

 

さて、汗には「良い汗」「悪い汗」があるということはご存知ですか?

 

汗といっても、やせる汗と太る汗があるんです!!

 

「良い汗」「やせる汗」「悪い汗」「太る汗」です。

 

良い汗=やせる汗は、どんな汗??

 

ダイエットでは重要な代謝を高めるためには、マグネシウムやカルシウムといった、ミネラルが必要となります。

 

このミネラル、食事から摂取することが大事なのですが、体内から失わないようにすることも大事です。

 

実は、汗をかくとミネラルが失われてしまいますが、ここで「良い汗」「悪い汗」の違いが出てきます。

 

良い汗は、ミネラル分をあまり含まず、体に必要な栄養は排出せずに水分だけを蒸発させて体温調節を行える汗。

 

水に近くてサラサラした感じの汗で、塩分濃度が薄く、小粒です。

 

こういった汗は、代謝を落とさずにうまく体温調節ができるため、ダイエットも成功しやすくなる「やせる汗」です。

 

悪い汗=太る汗とは?

 

逆に、悪い汗とは、ミネラルや塩分を含んでおり、体内で必要な栄養分まで一緒に出してしまう汗。

 

悪い汗は、大粒でネバネバしていますし、体温調節もうまくできません。
また、悪い汗は蒸発しづらく、雑菌が繁殖しやすいのでニオイの原因にもなります。

 

さらに、代謝に必要なミネラルまで一緒に放出されてしまうので、体内での代謝が悪くなり「太る汗」となってしまいます。

 

まさに「ムダ汗」です。

 

悪い汗=太る汗の原因は?

 

現代人は、悪い汗をかく人が多いようです。それはなぜでしょうか?

 

悪い汗をかく原因は、生活習慣にあります。

 

  • 運動不足
  • エアコンに頼る生活
  • 脂っこい食生活

 

などが原因で汗腺機能が低下し、悪い汗をかいてしまう傾向にあるようです。

また、悪い汗は雑菌を繁殖させてしまうので、アトピーなどが悪化したり皮膚炎を起こすなどの悪影響もあります。

 

良い汗=やせる汗をかくには?

 

では、良い汗をかくにはどうしたら良いのでしょうか?

 

良い汗をかくためには、汗腺の機能を向上させることが大事です。

 

そのためには

  • 適度な運動を日ごろから行う
  • 体を温める
  • 和食を中心とした食生活

 

などを意識して行うことが大事です。

 

また、無理に我慢することは逆効果ですが、涼しい時間帯はエアコンを控えるなど、工夫してみることをオススメします。

 

良い汗=やせる汗をかいて、この夏ダイエットに成功しましょう!

悪い汗を良い汗に変える入浴法は?

さて、世界一受けたい授業で公開されていた、悪い汗を良い汗に変える入浴法は

ひじから先と膝から下を15分温めることです。

 

これを10日間続けると良い汗をかけるようになります。

 

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

タグ

2013年7月20日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:話題のダイエット

ダイエット効果抜群!生姜(しょうが)紅茶ダイエット

メタボが気になって、内臓脂肪率を下げたい方や
 
お腹まわりの脂肪が気になって、お腹まわりのダイエットを始めた方に
 
効果抜群のダイエット方法をお教えします。
 
さて、ダイエットの強い味方としてご紹介したいのは生姜(しょうが)のパワー

 

生姜(しょうが)は、昔から日本で薬として使われてきた歴史がありますが、実は、ダイエットにもすごい効果を発揮します!

 
しょうがダイエットの中でも、一番手軽でポピュラーなのがしょうが紅茶ダイエットです。

 

医師であり、断食や冷え取りなどの提唱で著名な石原結實氏がおすすめしたことでブームとなったしょうが紅茶。

 

もともとは冷えを予防してがん予防や健康維持のためによいとされていたしょうが紅茶ですが、

 

しょうがと紅茶の利点がダイエットにも効果的として、しょうが紅茶ダイエットがブームになりました。

 

生姜紅茶ダイエットの効果は?

 
 
生姜(しょうが)には、ダイエットに効果的な物質が含まれています。

 

ジンゲロール、ショウガオール

 
しょうがにはジンゲロール、ショウガオールという物質が含まれており、これは生姜の辛味成分です。

 
これが血管を拡張してくれます。

 

生姜を食べると、体の末端の毛細血管まで血管が拡張し、体の隅々まで血液が行き渡ります。

 

その結果、体温が上がって脂肪が燃焼されやすくなるのです。

 

痩せホルモンの減少を防ぐ!

 

また、ジンゲロールは、「アディポネクチン」の減少を抑えてくれる効果があります。

 

アディポネクチンは、通称「痩せホルモン」と呼ばれ、中性脂肪を抑制する働きがあるホルモンです。

 

痩せホルモンと呼ばれるのは、肥満の人には少なく、痩せている人には多いホルモンだからのようです。
 
 

体を温め便秘も解消!

 
しょうが紅茶を飲むと体が温まり、胃腸の働きも活発になります。

 
その結果大腸のぜん動運動も活発になり、ダイエットの敵、便秘を解消してくれる効果もあるのです。
紅茶にも利点が!!

 

また、紅茶には利尿作用があり、余分な水分を排出してむくみを取ってくれる作用があります。

 
しかも紅茶は発酵食品のため、こちらも体を温めてくれる作用があります。
これらの効果で、大きなダイエット効果が期待できます。

 

しょうが紅茶の作り方は?飲み方は?

 

しょうが紅茶の作り方は簡単です。
 
紅茶に、小さじ1杯程度のすりおろし生姜を入れるだけ。

 
紅茶はティーバッグでも、茶葉から入れても構いません。

 

最近では、乾燥したしょうがを加えた「しょうが紅茶」というティーバッグも売られていますが、生のしょうがをすりおろすほうが美味しいですよ。

 

甘みがほしい場合は、ハチミツか黒砂糖を適量加えて飲むと良いです。
 

カロリーが気になるかもしれませんが、ハチミツや黒砂糖には鉄やミネラルが含まれており、代謝をよくする作用がありますので大丈夫です。

 

いつ、どのくらい飲めばよい?

 
しょうが紅茶は、1日2杯~4杯程度がよいとされています。
 
飲むタイミングは、体温が下がっている朝や、体を温める前、つまり入浴前などに飲むと効果的です。

 
しょうが紅茶は作るのも簡単なので、長く続けられるのがメリットですね。

 
 
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

タグ

2013年7月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:食事でダイエット

書くだけで痩せる!?レコーディングダイエットのやり方と効果は?

お腹まわりの脂肪を減らす方法はいろいろありますが、
やはり簡単にお腹をへこます方法がベストですよね。

今回はなんと、書くだけで痩せられるダイエット方法のご紹介です。

その名も

「レコーディングダイエット」

です。

 
 

レコーディングダイエットとは?

 

「食べたものをメモするだけで痩せられる」と話題のレコーディングダイエット

 

話題になったきっかけは岡田斗司夫氏の著書「いつまでもデブと思うなよ」。

 
岡田氏は、レコーディングダイエットを実践して117キロの巨体から67キロへの減量に成功し、効果抜群でしかも簡単なダイエット法として話題をさらいました。

 

このレコーディングダイエット、きっかけは岡田氏の「グルメメモ」だそう。

 

食べることが大好きな岡田氏が、楽しみでつけていたこのメモですが、

 

岡田氏はこのメモをつけはじめてから体重の増加が止まったことに気づいたそうです。

 

それ以降、食べたものを全部書き出していくと、みるみるうちに体重が減っていたというのです!

 

食べたものをメモするうちに、だんだん食べるものの総カロリーを意識するようになり、ついに大幅なダイエットに成功してしまったのです。

 

ひょんなことから生まれたこのレコーディングダイエット、本当に「書くだけ」なので、今日からすぐに始められます。

 

著者により、すでに効果は実証済み。
 
用意するものは、メモ帳とペン、そしてやる気だけです!

 

レコーディングダイエットのやり方

岡田氏の実践したレコーディングダイエットは、飛行機の離陸になぞらえてプログラムが組まれているユニークなものです。

では、そのステップを順番に紹介していきましょう。

 

1.助走・・・5日間

 
ここではまず、「食べたものを全て書き出す」習慣を身に着けます。

 
食事制限なし、今まで通りに食べて良いのですが
食事内容、時間、体重を毎日きちんとつけていきます。

 

すると、自分の食事習慣の癖が分かります。

 

2.離陸・・・1週間

体重と体脂肪を記録していきます。
また、自分が1日いったい何キロカロリー摂取しているのか確認するため、カロリー計算も加えます

 

カロリー計算は、はじめは面倒ですが、だんだん慣れてくると、見ただけでだいたいのカロリーが分かるようになってきますので、少し根気よく続けましょう。

 

3.上昇・・・5日間

自分の摂取カロリーを把握したら、今度は自分の理想体重に向けて1日の摂取カロリーを設定します。

 

食べたものはすべて書かなければいけないので、ごまかしが効きません。

 

ですから、設定カロリー内に収めるよう、自然と考えて食べる癖がついてきます。

 

4.巡航・・・5日間

この期間は、少し中だるみを感じる時期です。

 

気がゆるんでドカ食いしてしまったり、食事記録をつけなくなってしまったりしがちですので、気分転換に他のダイエット法を併用してみるなど工夫してみましょう。
 

5.再加速・・・3日間

 
中だるみを抜けて、再度気を引き締めてレコーディングです。

 

だんだん目標カロリー内での食事にも慣れてきたのではないでしょうか。

 

6.軌道到達・・・3日間

だいたいこの時期には、レコーディングダイエットが軌道に乗る時期です。

 

体重や体脂肪も落ち着いてきたころだと思います。

 

ここまでくれば、リバウンドなどの心配はあまりないと思います。引き続き頑張っていきましょう。
7.月面着陸!

地球に比べ重力が6分の1の月の世界のように、何もかもが軽く感じる状態です。

 

このころには体重も落ちて、達成感を感じることができるでしょう。

 

続けやすく、取り組みやすいように、ステップごとに分けて実践できるレコーディングダイエット。

 

用意するものはメモ帳とやる気だけ。早速始めてみましょう。

 

タグ

2013年7月3日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:食事でダイエット

このページの先頭へ