意外に多い「男性の便秘」の原因は?

女性は冷えやすいこともあり、

体質的にも便秘がちな方が多いと言われますが、

その分便秘への意識も高く、

何らかの便秘対策をしている方が多いと思います。

 

一方、

「男性の便秘」

については

あまり語られることが少ないのですが、
便秘に悩んでいる男性は意外と多い

のです!

 

実は、女性がなりやすい便秘のタイプと

男性がなりやすい便秘のタイプが違う

のです。

 

便秘は、男女問わずダイエットの大敵

です。
便秘についての知識と、解消法を身につけましょう。

 

男性特有の便秘とは!?

ではいったい、「男性がなりやすい便秘」とは、

どんなものでしょうか?

 

一般的に、女性によくある便秘は

「弛緩性便秘」(しかんせいべんぴ)といいます。

 

弛緩性便秘は、大腸の筋肉が活発に動かないため、

腸の流れが滞ってしまいます。

老廃物が腸にたまっている間に便の水分が吸収されて

便が固くなってしまい、排便しにくくなり、便秘になってしまいます。

 

一方、男性がなりやすい便秘は

「痙攣性便秘」

(けいれんせいべんぴ)といいます。

 

痙攣性便秘(けいれんせいべんぴ)は、

精神的ストレスが原因

で起こることが多い便秘です。 

 

  • ストレスが多い
  • 生活が不規則だ
  • 夜眠れないことがある

 

上記にあてはまれば、

「痙攣性便秘」の可能性が大

です。

 

痙攣性便秘のメカニズム

 

内臓を支配する自律神経は、

交感神経と副交感神経の二つがあり、

これらが交互に動いています。

 

通常なら、仕事中など、

いわゆる「オン」の状態では

交感神経が活発に、

休憩や帰宅後など、

いわゆる「オフ」の状態で

副交感神経が活発になります。

ですが、精神的なストレスがかかったり、

不規則な生活を送っていると、
自律神経が正しく働かなくなってしまうのです。

 

自律神経の乱れから、

腸が不安定な状態

になり、

しつこい便秘になったり、

便秘と下痢を繰り返すということが起こります。

 

まずはストレス対策が大事

ストレスが大きな原因となる「痙攣性便秘」の場合は、

まず必要なのは

ストレス対策

です。

 

  • ぬるいお湯にゆっくりつかる
  • 休日は趣味などでリフレッシュする
  • 夜は早めに寝る

 

など、副交感神経が活発になるよう 脳を休めてあげることが大事です。

 

ストレス以外にも生活の見直しを!

ストレスによる自律神経の乱れから来ることが多い

「痙攣性便秘」ですが、もちろん毎日の生活習慣

も影響してきます。

 

  • 肉が大好き
  • 野菜をあまり摂らない
  • 運動不足

こういった項目が思い当たる方は、

毎日の生活を見直すことも大事です。

 

また、便秘だと軽く考えていたら、
実は腸の病気や、糖尿病など
病気が原因

だったということもあります。

 

たかが便秘と軽く考えず、

おかしいと思ったら病院へ行くことも大事です。

 

では、次回から症状別(重度別)に便秘対策を紹介していきましょう。

 

お腹まわりダイエットには大敵の便秘、

早く対策をして解消しましょう!

 

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 意外に多い「男性の便秘」の原因は?
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年12月21日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:男性の便秘

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ