メタボ健診の検査結果はどんな風に来る?

2008年から義務化されたメタボ(メタボリック・シンドローム)健診。

内臓脂肪型肥満に加えて、さまざまな要因が絡み、
最終的には命にかかわる病気のリスクがあるということで
厚生労働省が対策をはじめたのです。

メタボ健診は、男女ともに40歳~74歳が対象となります。
国民健康保険、健康保険組合などの医療保険加入者、その被扶養者全員が対象となっています。

メタボ検診の検査内容

メタボ健診、実際にはどんな検査をするのか非常に気になりますね。
メタボは以下の項目において検査されます。

検査項目

  • 腹囲
  • 体重
  • BMI
  • 血圧(最高・最低)
  • 血糖(空腹時血糖)
  • 脂質(中性脂肪・HDLコレステロール)
  • 喫煙の有無(問診)

が行われます。

 

メタボ健診を受けると、他の健康診断の結果とあわせて、このような結果表が送られてきます。

 

検査項目の数値、メタボリック・シンドロームかどうかの判定、診断内容などが書かれています。

健康診断のたびにしっかりメタボ対策を意識できるので、ありがたいですね。

タグ

2013年5月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:メタボリック・シンドローム

【まとめ】メタボ健診とは?

2008年から義務化された

メタボ(メタボリック・シンドローム)健診

メタボリック・シンドロームは
内臓脂肪型肥満に加えて、さまざまな要因が絡み、

最終的には命にかかわる病気のリスクがあるということで

厚生労働省が対策をはじめたのです。

 

ここでは、

  • メタボ健診の内容
  • 年齢
  • 検査項目
  • 診断基準
  • メタボ支援内容

などについて紹介していきます。

 

メタボ検診の検査内容

メタボ健診、実際にはどんな検査をするのか非常に気になりますね。

メタボは以下の項目において検査されます。

検査項目

  • 腹囲
  • 身長・体重よりBMI値を算出
  • 血糖値の測定
  • 血中コレステロール値
  • 血圧
  • 喫煙の有無(問診)

が行われます。

診断基準、支援内容は?

さて、メタボ健診の内容が分かったら、
気になるのは診断基準です。

 

メタボリック・シンドロームの診断基準は
どのようなものになっているのでしょうか?

分かりやすいよう、表にまとめてみました。

 

 

 

メタボリック・シンドロームの診断基準は?

 

「メタボ」と診断されたらどうなる?

さて、健康診断で

「メタボリック・シンドローム、またはその予備軍」

と診断されたら、どうなるのでしょうか?

 

通常の健康診断では、その後は結果が送られてくるだけですが、

メタボ検診では、要指導の方に対して「特定保健指導」という生活指導が入ります。

 

特定保健指導は、診断結果によって3種類に分かれます。

基準以下の場合は 「情報提供」

要改善となった場合には、  「動機付け支援」か「積極的支援」

となります。

メタボ検診「情報提供」とは?

メタボ健診「動機付け支援」とは?

メタボ健診「積極的支援」とは?その1

メタボ健診「積極的支援」とは?その2

 
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

タグ

2013年4月2日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:メタボリック・シンドローム 内臓脂肪を減らす方法

【まとめ】メタボリック・シンドロームの原因は?

生活習慣病患者が増え、
メタボリック・シンドロームが問題視されるようになったのは

最近のことです。

ではなぜ、このような状態になったのでしょうか?

 

 

 

メタボの原因は、生活習慣だけじゃない?

メタボリック・シンドロームの要因は、

ただ生活習慣だけではありません。

 

もちろん食べ過ぎによる肥満やストレスも大きな要因ですが、

加齢や遺伝なども1因となります。

 

タバコはメタボの原因になる?

タバコは肺がんを引き起こすといわれ、

禁煙が主流になっていますよね。

 

けれども、タバコとメタボリック・シンドロームは

あまり関係ないような気がします。

 

しかし!!

喫煙とメタボリック・シンドロームは密接な関係があるのです!!

 

運動不足は諸悪の根源?メタボを起こすメカニズム

 

健康を維持するために、適度な運動が必要なのはよく知られていますが、
運動不足は、メタボにつながるさまざまな要因を引き起こします。

 

 

 

血液がドロドロに!?ストレスがメタボへの第一歩!

あなたのストレスの元は何ですか?

職場の上司とうまくいかない?

同僚とのモメごと?

現代はストレス社会。ストレスの元は数えきれないくらいあります。

 

なんと、ストレスもメタボリック・シンドロームの大きな原因となっています。

 

 

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

タグ

2013年3月31日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:メタボリック・シンドローム 内臓脂肪を減らす方法

BMIとは?計算式は?モデルのBMIは?

メタボリック・シンドロームの診断基準でも使われる

「BMI」

これはいったい、何のことでしょうか?

 

BMIとは、

「Body Math Index」(ボディ・マス・インデックス:肥満指数)

の略で、

肥満の程度を知るための指数です。

 

1999年に日本肥満学会による肥満の判定と肥満症の診断の目安として作られた基準です。

 

BMIの計算式は?

BMI指数=体重(kg) ÷ {身長(m) X 身長(m)}

 

BMI値の判定基準は、以下のとおりです。

18.5未満 やせ

18.5以上25未満 標準

25以上30未満 肥満

30以上 高度肥満

BMI値の理想値は?

では、BMIの標準値はいくつなのでしょうか?

 

統計的に、高血圧、高脂血症、肝障害、などの有病率が最も低くなるのが、

男女ともにBMI値が22のときになります。

 

このことから、BMIの理想値、つまり

標準値は22

とされています。

 

自分の理想体重=標準体重は?

そこでBMI=22となる体重を理想としたのが標準体重です。

標準体重=22×身長×身長(m)

 

モデルのBMI値は?

BMIの計算方法や、標準値は分かったけれど、

いったいスレンダーボディのモデルさんたち、

BMIの値はいったいどれくらいなのか興味がありますよね。

 

モデルのBMI値の理想は、一般的に「18」程度といわれています。

標準のBMI値が22ということを考えると、かなり低い数値です。

 

モデルに憧れて、モデルのようなBMIを目指すのもよいですが

痩せすぎや無理なダイエットは健康を損なう恐れもあります。

 

自分の体調にあったダイエットを行いましょう。

 

メタボリックシンドロームの診断基準におけるBMI値は?

メタボリック・シンドロームの健診(メタボ健診)では、

腹囲のみではなく、BMI値でもメタボかどうかを診断します。

 

メタボ診断では、

BMI値25以上を基準

とし、

あわせて腹囲の測定も行います。

男性は85センチ以上
女性は90センチ以上

で、メタボ診断基準に引っかかります。

 

詳しくは、以前の記事

→メタボリックシンドロームの診断基準は?

 

をご覧ください。

 

 

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ


人気ブログランキングへ

タグ

2013年2月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ダイエット基礎知識 メタボリック・シンドローム

内臓脂肪レベルの標準値、平均値は?

体重計の進化で、体内の体脂肪率や、内臓脂肪率(内臓脂肪レベル)、

さらには骨密度や身体年齢まで測れるようになりました。

 

お腹回りのサイズがアップしたなと思いながらも

お腹の皮下脂肪のように手でつかむわけにもいかず、
目に見えないのでスルーしがちな内臓脂肪が、

内臓脂肪率(内臓脂肪レベル)

としてはっきり数値に出るので、
メタボリックシンドローム(メタボ)が気になる方の

健康管理には非常にありがたいツールです。

 

さて、

内臓脂肪レベル(内臓脂肪率)

については

以前の記事でご紹介しましたが、

→内臓脂肪レベル(内臓脂肪率)とは?

 

今回は
「内臓脂肪レベル(内臓脂肪率)」の標準値、平均値についてお話したいと思います。

 

内臓脂肪率は、目に見えない上に
まだ定着していないため、標準値がどれくらいか
平均値はどの程度なのかが気になりますよね。

 

内臓脂肪レベルの「標準値」は?

では、

内臓脂肪レベルの標準値

は、どのくらいなのでしょうか。

体組成計の大手、タニタ、オムロンでは、
内臓脂肪レベルを以下のように判定しています。

9以下 標準 今のところ心配なし、健康的な生活を維持しましょう
10~14 やや過剰 適度な運動を心がけて、カロリー制限を行い、内臓脂肪を減らしていきましょう
15以上y 過剰 積極的な運動や食事制限による減量が必要

 

※医学的には腹部X線による実測値で100cm2(平方センチメートル)を超えると

危険とされているため、10レベル以上を「標準より上」と定めているそうです。

 

内臓脂肪レベルは、一回計って大丈夫だから満足して終わりではなく、
日々の健康管理のバロメーターとして継続して計測していくことが大事です。

 

内臓脂肪レベル(内臓脂肪率)の平均値は?

では、内臓脂肪レベルの平均値はどのくらいなのでしょうか?

まだなじみのないものですので、平均値は知りたいところですよね。

 

内臓脂肪レベルの平均値

は性別や年齢によって変わってきます。

まずは、男性の場合です。

20代:内臓脂肪レベル6
30代:内臓脂肪レベル8
40代:内臓脂肪レベル9
50代:内臓脂肪レベル10
60~:内臓脂肪レベル12

それに対して女性の場合には、以下の通りです。

20代:内臓脂肪レベル3。
30代:内臓脂肪レベル5。
40代:内臓脂肪レベル4。
50代:内臓脂肪レベル7。
60代以上 内臓脂肪レベル6.5。

男性は、年齢があがるにつれて平均値もあがっていますが、

女性は増えたり減ったりしていますね。

 

やはり男性のほうが内臓脂肪がつきやすい体質なのですね。

 

内臓脂肪率(内臓脂肪レベル)

は、

タニタやオムロンなどから出ている体組成計で測ることができますが、

 

ウエストを測ることでも、ある程度の目安を測ることができます。

メタボリックシンドローム(メタボ)の基準では、ウエストが男性なら85センチ

女性なら90センチ以上ある人は要注意となっています。

内臓脂肪を減らすように心がけましょう。

 

★関連記事

内臓脂肪レベル(内臓脂肪率)とは?

 

 

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

タグ

2013年1月27日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:メタボリック・シンドローム 内臓脂肪を減らす方法

このページの先頭へ