メタボに効く食材:さやいんげん

おなか回りが気になる、メタボリックシンドロームが気になる 方へ、

メタボに効果がある食材を紹介していきます。

今回は

さやいんげん

です。

 

さやいんげんは、どちらかというと彩りに使われるイメージがあり、

ちょっと地味な印象の食材ですが、

メタボを解消する栄養素

が含まれています!

 

効能としては

  • がん予防
  • 高血圧予防
  • 心筋梗塞予防
  • 脳梗塞予防
  • 動脈硬化予防
  • 老化予防
  • 疲労回復
  • 便秘予防

 

などがあります。
では、具体的にどんな栄養素が効果があるのか見てみましょう。

βカロチンがメタボに効果あり!

にんじんに含まれることで知られるβカロチンですが、

さやいんげんにもβカロチンが豊富に含まれています。

βカロチンには抗酸化作用があります。

そのため活性酸素の働きを防いでくれ、血管の老化を防ぐため、

動脈硬化や心筋梗塞の予防

に大変効果があるといわれています。

 

また、最近の研究では

肺がんやすい臓がんなどを抑制する効果

があることがわかっています。

 

ビタミンB群で脂肪を燃焼!

さやいんげんには、ビタミンB群が多く含まれています。

 

ビタミンB群、特にビタミンB2には脂質の代謝を促進する作用や、

有害な過酸化資質を分解するはたらきがあります。

ビタミンB群にはこうした

「脂肪を燃焼させる」働き

があるため、ダイエットに効果があります!

 

 

カリウムで高血圧予防!

カリウムは、体内のナトリウム(塩分)を排出する効果があるとされています。

このため、

高血圧の予防に効果的

といわれています。

 

食物繊維でダイエット効果!

さやいんげんには食物繊維がたくさん含まれています。

食物繊維はダイエットの大敵、

便秘を解消する

のに大いに役立ちます。

 

アスパラギン酸で疲労回復!

アスパラギン酸は、疲労回復時に必要なミネラルと結びつき、

細胞内で必要な栄養をすばやく吸収させるため、

疲労回復効果

があります。

また、解毒作用もあるといわれています。

 

いんげんのレシピ

いんげんは、メインになることが少ない食材ですが、

癖がないためいろいろな料理に使えます。
彩りもよくなりますので、どんどん取り入れましょう。

参考レシピはこちらです。

 

簡単ダイエットレシピ:いんげんのごまあえ

 

いんげんを使ったレシピ

こちらはモロッコインゲンを使っていますが、さやいんげんでもOKです。

簡単ダイエットレシピ:高野豆腐の煮物

簡単ダイエットレシピ:ちくわといんげんの煮物

 
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

タグ

2013年3月1日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:メタボに効く食品

メタボに効く食材:にんじん

おなか回りが気になる、メタボリックシンドロームが気になる 方へ、

メタボに効果がある食材を紹介していきます。

今回は

「にんじん」

です。

 

にんじんは定番ながらもあまりメインを飾らない食材ですが、

にんじんにはメタボを解消する栄養素

が含まれています!

 

さて、にんじんにはどんな効果があるのでしょうか?

 

  • カロテンで血液サラサラ!
  • カリウムで血圧を下げる!
  • 食物繊維でダイエット効果!
  • ビタミンAで眼精疲労も取れる!!

 

 

カロテンで血液サラサラ!!

にんじんの栄養素といえば「カロテン」ですよね。カロチンともいいます。

にんじんに含まれるのは、βカロチンという栄養素で、これには

  • ・抗酸化作用
  • ・ガンの抑制効果

 

があるといわれています。

 

抗酸化作用により、活性酸素の働きを防いでくれ、血管の老化を防ぐため、

動脈硬化や心筋梗塞の予防

に大変効果があるといわれています。

 

また、最近の研究では

肺がんやすい臓がんなどを抑制する効果

があることがわかっています。

 

ちなみに皮にたくさんのβカロチンが含まれているので、

できれば皮ごと調理して食べるとよいです。

 

カリウムで血圧を下げる!

カリウムは、体の外にナトリウム、つまり塩分を排出する働きがあり、

この働きによって

血圧を下げる効果

があります。

高血圧の予防にも効果があります。

ただし、カリウム過多になると不整脈が起こるため、

腎臓が悪い人はカリウムの摂りすぎに注意です。

 

 

食物繊維でダイエット効果!

にんじんにはペクチンという食物繊維がたくさん含まれています。

このペクチンには整腸を促し、

便秘を解消

してくれる効果があります。

これは大腸がんの予防にもなります。

 

ビタミンAで眼精疲労も取れる!!

ビタミンAは、皮膚や粘膜を正常に保つ働きがあります。

このため、肌荒れなどに効果がありますが、

特に目の角膜を修復する働きがあるといわれており、

眼精疲労、ドライアイなどに効果を発揮するといわれています。

 

メタボリックシンドロームが気になり、パソコンを使ったデスクワークが多い方は

ぜひ摂りたい栄養素ですね。

 

にんじんを調理するときのポイント!

にんじんにたくさん含まれるβカロチンは脂溶性なので、

油と一緒に調理すると吸収が高まります。

 

にんじんはメインになりにくい食材ですが

沖縄料理のにんじんしりしりという料理は、

にんじんがメインながらもボリュームがあり、

とてもおいしいメニューですので ぜひ作ってみてください。

 

簡単ダイエットレシピ:にんじんしりしり

 

 
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

タグ

2013年2月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:メタボに効く食品

メタボに効く食材:納豆

内臓脂肪が溜まってお腹まわりが気になっているあなた、

メタボリック・シンドローム対策は大丈夫ですか?

 

今回は、内臓脂肪が気になるメタボリック気味の方に嬉しい

「メタボに効く食材」についてです。

今回は低カロリーで栄養価の高い「納豆」です!

 

メタボに納豆が効く!!

大豆を納豆菌で発酵させただけのシンプルな食品ながら、

昔から健康によいとして親しまれてきた

「納豆」。

この「納豆」、実はメタボ解消にも最適な食材なのです!!!

 

納豆がメタボに効くワケ

では、納豆のどの成分がメタボに効くのでしょうか?

  • ナットウキナーゼで血液サラサラ
  • 血圧を下げる!
  • 整腸作用
  • 悪玉コレステロールを減らす
  • ビタミンKが血管を健康に!
  • リノール酸で抗酸化!

 

ナットウキナーゼが血液をサラサラに!

納豆に含まれる「ナットウキナーゼ」は、強力な血液サラサラ効果を持つ

酵素です。

このナットウキナーゼは、納豆のネバネバに含まれているため、

納豆をよーーーく混ぜてから食べるのが

ナットウキナーゼを効果的に摂るコツです。

 

血圧を下げる!

納豆の中には、血圧を上昇させる働きのある

アンギオテンシンの働きを阻害する働きがあります。

 

その結果、血圧を下げる効果

があるとされています。

 

整腸作用

納豆菌には整腸作用があり、腸内環境を整えてくれます

ダイエットには便秘が大敵。腸内環境も整えてくれる納豆はとてもありがたい存在です。

 

悪玉コレステロールを減らす!

納豆に含まれる大豆レシチンには、動脈硬化を抑える効果

もあります。

過剰な悪玉コレステロールを減らしてくれるため、結果的に動脈硬化を予防することができます。

 

ビタミンKが血管を修復!

また、ビタミンKには傷ついた血管を修復する

作用があるため、

これも動脈硬化を防ぐのに役立ってくれます。

 

リノール酸で抗酸化!

リノール酸は必須脂肪酸ですが、体内で合成できないので、

食品から摂らなくてはなりません。

リノール酸には血中コレステロール値を下げる

効果や動脈硬化防止作用があります。

 

1日に食べる量は?

こんなに素晴らしい栄養がある納豆ですが、

1日にどのくらい食べればよいのでしょうか?

 

納豆の栄養効果を充分に得るには 1日50g程度がよいとされています。

 

これは、納豆1パックの量とほぼ同じですので

1日1パックを目安

に食べると良いということになります。

 

1パックなら、無理なく取り入れられますね!!

 

いろいろ混ぜて食べてみよう!

温かいご飯とも相性抜群の納豆。

でも毎日同じでは少し飽きてしまうかも?

こんな食材と相性がよいので、混ぜて食べてみると飽きずに食べられます。

 

めかぶ納豆

めかぶに含まれるヨウ素が代謝を活発にし、フコイダンが免疫機能を活性化させてくれます。

納豆との相性も抜群、カロリーも低くオススメです!

 

山芋納豆

ダイエット効果抜群の山芋とあわせてもおいしいです。

ダイエットに効く食材:山芋

 

キムチ納豆

発酵食品同士の組み合わせも相性がよいです。

キムチには代謝を活発にし脂肪を燃焼させる

「カプサイシン」が含まれています。

身近で手軽な納豆をメタボ解消に役立てましょう!

 

 

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

タグ

2013年1月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:メタボに効く食品 内臓脂肪を減らす方法

メタボに効く食材:豆腐

最近、お腹まわりが気になっているあなた、

もしかしたら内臓脂肪が溜まっている

のかも知れません。

 

内臓脂肪が溜まったまま放置すると、

メタボリック・シンドローム

となり

何も対策をしないと重大な病気のリスクがあります。

 

メタボリック・シンドローム解消には、

適切な食事と適度な運動などが必要ですが、

 

今回はメタボ対策するにあたり、

メタボ解消におすすめの食材をご紹介したいと思います。

 

その食材とは

豆腐

です。

 

豆腐といえば、女性のダイエットに効果的ということで一時大流行しましたね。

 

日本に昔から伝わる食材で、

高たんぱく・低カロリーのヘルシー食品の代表です。

 

では、この豆腐がなぜ

メタボリック・シンドローム解消に役立つのでしょうか?

 

豆腐の主な成分と働き

それにはまず、豆腐の主な成分と働きを知ることが必要です。

豆腐の主な成分

  • 大豆たんぱく質
  • サポニン
  • カリウム
  • レシチン
  • 脂質
  • オリゴ糖
  • ビタミンB、E
  • イソフラボン

 

こんなにたくさんの栄養素が含まれているのですね。
では、それぞれの働きを見てみましょう。

大豆たんぱく質

大豆たんぱく質には、コレステロールや中性脂肪の値を下げる作用

があります。

また、この大豆たんぱくには

人間の体内では合成できない必須アミノ酸9種がすべて含まれています。

 

サポニン

抗酸化作用が強いサポニンは、老化を促進させる活性酸素のはたらきを抑えます。

また、血圧の上昇や動脈硬化を防ぎます。

 

カリウム

ナトリウム(塩分)を排泄し、血圧を下げる

働きがあります。

腎臓での老廃物の排泄を促す作用もあります。

 

レシチン

新陳代謝に欠かせない物質です。

レシチンはコレステロールを溶かして血栓や動脈硬化を予防

します。

 

脂質

大豆の脂質の約85%は不飽和脂肪酸で、

なかでもリノール酸とリノレン酸は、血中コレステロールを下げてくれます。

 

オリゴ糖

大腸の中で善玉菌を増やしてくれる働き

があります。

善玉菌が増えると、大腸菌など悪玉菌が増えるのを抑えてくれるため、免疫力が高まります。

 

ビタミン

糖質をエネルギーに変えるビタミンB1、

動脈硬化を防ぐ

ビタミンB2、

血行促進の作用があるビタミンEなどが含まれています。

 

イソフラボン

女性ホルモンと似た働きがあり、

骨粗しょう症や前立腺がんの発症を抑える働きがあります。

 

豆腐はヘルシー食品だと知っている方は多いと思いますが

こんなにすごい作用があるとは驚きなのではないでしょうか?

 

コレステロールや中性脂肪、血圧を下げてくれ

動脈硬化を防いでくれる豆腐は、

女性だけでなくメタボリック・シンドロームの救世主でもあるのですね!

 

 

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

タグ

2013年1月14日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:メタボに効く食品

冬野菜でダイエット:ほうれん草

前回までお腹ダイエッターが太りやすい冬を乗り切れるよう、

冬のダイエット食材をご紹介してきました。

 

さて今回は、メタボリック・シンドローム解消に役立つ

冬の食材をご紹介します。

 

メタボに効く冬の食材とは・・・

ほうれん草

です。

 

年中手に入りますが、旬は冬。

旬のほうれん草は緑の色が濃く、甘く、おいしくなります。

もちろんその分、栄養価も高くなります。

 

冬のほうれん草は、夏に比べてなんと約3倍のビタミンCが含まれています。

 

やはりほうれん草は冬に食べるのがベストですね。

 

では、このほうれん草が持っているダイエットに効く成分とは何でしょうか?

 

ほうれん草の主な成分

  • β(ベータ)カロチン
  • カリウム
  • ビタミンC
  • 葉酸
  • 鉄分
  • です。

    β(ベータ)カロチン

    β(ベータ)カロチンは、抗酸化作用があり、活性酸素の働きを抑制し、

    ガンの予防にも効果があるといわれています。

     

    カリウム

    カリウムには、体内に溜まった塩分を排泄し、高血圧を予防してくれる効果があります。

     

    ビタミンC

    ビタミンCにも抗酸化作用があり、動脈硬化を防いでくれます。

     

    葉酸

    葉酸には新陳代謝を活発にする作用があります。

     

    鉄分

    ほうれん草には鉄分がたっぷり含まれており、貧血防止や虚弱体質の人に有効です。

     

    どうやって食べる?

    一番簡単なのはおひたしですが

    ビタミンCは加熱すると失われがちなので、

    ゆでるときは短めに1分程度ゆでるのがおすすめです。

    サラダほうれん草であれば生でも食べられますが、
    やはり冬はしっかりとした根のほうれん草がおいしいですよね。

     

    おひたしの場合、薄味のだし汁にひたして食べると塩分が抑えられます。

     

    おひたしでも、いためても、シチューに入れてもおいしいほうれん草。

    おいしく食べて、メタボ改善できるなんて優秀な食材ですね。

     

    ダイエットに効く冬の食材も、メタボ解消に役立ちますのでご一読をおすすめします!

     

    ダイエットに効く食材:白菜

    ダイエットに効く食材:大根

    ダイエットに効く食材:みかん

    ダイエットに効く食材:かぶ

     

    ブログランキングに参加しています。
    にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

    タグ

    2013年1月13日 | コメントは受け付けていません。 |

    カテゴリー:メタボに効く食品 内臓脂肪を減らす方法

    このページの先頭へ