腹筋運動だけでお腹は凹まない!

前回は「お腹回りの構造」についてお話しました。

 

→「腹凹」になるは、お腹の構造を知ろう!

 

おなかは胸や腰と違い、骨格がない場所。

その分お腹は出やすい部分であり、同時に凹みやすい場所。

 

さて、おなかの脂肪を落として、

お腹を凹ます=

腹凹

を目指すとなると 真っ先に思いつくのが

「筋トレ=腹筋」

ですよね。

でも、ちょっと待ってください!

 

「腹筋だけ」では

腹凹

にはなりません!!

 

腹筋運動だけでは凹まないワケ

お腹回りは、いくつかの筋肉で構成されています。

 

主なものは

  • 腹直筋
  • 外腹斜筋
  • 内腹斜筋

 

です。

 

腹直筋と外腹斜筋は外側の筋肉、

 

内腹斜筋は、お腹の内部の筋肉、

いわゆるインナーマッスル

です。

 

一般的に「腹筋運動」といわれている、

横になった状態からお腹の筋肉を使って起き上がるシットアップは

腹直筋を鍛えるための筋肉トレーニング

です。

 

ですから、外腹斜筋や内腹斜筋には効かず、「腹筋運動」だけでは効果に限界があるのです。

 

腹斜筋には「ひねり」が効く!

内腹斜筋と外腹斜筋は「腹斜筋群」と呼ばれて2層構造になっています。

外腹斜筋はお腹の中心から肋骨の外側にかけてVの字を書くように走る筋肉、

内腹斜筋は、骨盤の外側からお腹の中心に向けて「へ」の字を書くように走る筋肉です。

 

これらの筋肉はクロスしていて、この構造で身体をひねるときに有効な筋肉です。

ですから、この筋肉を鍛えるには、

ツイストのような「ひねる」動きをすると効果があると言われています。

 

このことからも分かるように、

「いわゆる腹筋運動」だけでは お腹は思うように凹まないのです。

 

「インナーマッスル」って何?

一般的な「腹筋運動」だけではお腹が思うように凹みません。

外側の筋肉だけ鍛えても、腹凹にはなれないのです。

となって登場するのが

「内側の筋肉=インナーマッスル」

です。

 

インナーマッスルは

「体幹」

を支える筋肉で 身体の深い場所にある筋肉です。

→体幹を鍛えるとお腹は凹む

 

身体の内部にある腹部の筋肉は「腹横筋」ですが、

多裂筋、骨盤底筋群、横隔膜などのほかの筋肉と連携しあって働いています。

    • 多裂筋:背骨側にあり身体の軸を支える役割
    • 骨盤底筋群:骨盤の奥にあり、骨盤内にある臓器を支える役割
    • 横隔膜:胸と腹の境界をなす役割

 

を持っており、これと腹横筋が連携しあって

腹腔

を形成しています。

これらのインナーマッスルが弱くなると、

腹腔が広くなり、 ポッコリおなかになってしまうのです。

 

 

 

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 腹筋運動だけでお腹は凹まない!
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年1月21日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ダイエット基礎知識

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ