「腹凹」になるには、お腹の構造を知ろう!

お腹周りの脂肪の落とし方を知りたい、お腹ダイエット中の皆さん、

お腹を凹ますために

「なんとなく」

ダイエットしていませんか?

 

お腹を凹ます、つまり

「腹凹」

になるは、ダイエットや運動ももちろん必要なのですが、

まずは「知識」、

つまり

「お腹の構造を知る」

ことが必要です。

 

効率よくお腹を凹まし

「腹凹」

になるべく、

お腹まわりはどうすれば凹むのか、

知識をしっかり吸収してから お腹ダイエットを実践すれば

あなたのお腹はばっちり

腹凹

になるはずです!!

 

身体の構造を知る:お腹は出やすく、凹みやすい!

 

お腹まわりのダイエットに苦労している皆さん。

原点に戻って考えてみてください。

あなたは、お腹周辺の身体の構造を知っていますか?

 

どうしてお腹だけ太りやすいのか、

どうしたら

腹凹

になるのか。

 

これをしっかり理解している人と、

そうでない人とでは、 ダイエット成功度がまったく違ってきます。

 

今回は「お腹まわりの構造」について、お話していきましょう。

 

なぜお腹は出やすいのか?

まずは、「なぜお腹は太りやすいのか?」についてお話します。

 

お腹周りには骨=フレームがない!!

 

腕や足を除き、身体には胸、お腹、腰と3パーツに分けられます。

そのうちの胸、腰にはしっかりとした骨格を持っており、 それが強いフレームとして機能しています。

 

胸には肋骨

腰には骨盤

 

がありますよね。

 

けれど、お腹周りにはそういった「骨格」がありません。

そのため、お腹まわりは「出やすい」構造なのです。

 

いくらでも出る=いくらでも凹む場所

お腹は太りやすい、と知ってなーーんだ、とあきらめてしまうのは早いですよ。

お腹は膨らみやすい構造ということは

「凹ませればどんどん凹む構造」ということでもあるのです。

「腹凹」

の光が見えてきましたね!

 

胸や腰は「骨格」があるため、サイズダウンするには限界があります。

しかし「お腹まわり」は、この骨格がないため、

サイズダウンも好きなだけできるのです。

 

お腹まわりを凹まして

「腹凹」

になるはいろいろな方法があります。

構造を知った上で、理論に基づいたお腹を凹ます方法を実践すれば、成功しやすくなるのです。

 

 

 

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 「腹凹」になるには、お腹の構造を知ろう!
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年1月19日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ダイエット基礎知識

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ