超簡単にお腹を凹ます方法とは?理論編

おなか周りの脂肪が気になって、おなか痩せしたいけど、

忙しくてなかなか運動もできないし、腹筋運動やエクササイズも続かない・・・

そんなお悩みを抱えている方に朗報です。

 

腹を凹ます(腹凹になる)最強の方法

は、

本当に簡単なたったひとつのこと

を変えるだけで良いのです。

それは、

「普段の生活で腹筋を意識すること」

です!

そんなバカな!!

と思うかもしれませんが、それが理にかなっているのです。

超簡単にお腹を凹ます方法を今すぐ知りたい方はコチラ
 

腹筋、使ってますか?

30代を過ぎると、足腰の筋力が急速に衰えてきます。

さらに現代人はデスクワークが多く、エレベーターやエスカレーターなど

移動にもあまり負荷がかかりません。 家に帰ればゆったりソファでテレビ鑑賞。

 

お腹痩せをしたいと思っても、 考えてみると、まともに運動する時間、

ましてや腹筋をまともに使う時間はほとんどありません。

 

いくらお腹を凹ますぞ!と思っていても、

これではぽっこりお腹を腹凹にするはほど遠いですね。

こうやって腹筋を意識せずに甘やかしたままでいると、

恐ろしいことが待っています。

 

腹筋が仕分けされてしまう!

体というのは、とても合理的にできていて、

「使わない部分=必要ない部分」

と勝手に認識して、

衰えさせてしまうという性質を持っています。

 

腹筋群は、重力に反抗して姿勢を維持したり、

体幹をひねったりする動きのためにあるのですが、オフィスや自宅では座ってばかり。

体をひねる動きなんて、ほとんどしませんよね。

 

これだと、体は「この筋肉は使っていないから無駄なもの」と認識してしまい、

分解されてしまうのです。

まさに「体内の仕分け」対象になってしまうのです。

 

腹筋群が弱ってしまうと腹圧が低下し、

ぽっこりお腹がさらに出て、おなか周りがとんでもなく膨らんでしまいます

 

筋肉が落ちきってからおなか周りの脂肪を落とすぞ!

とお腹痩せダイエットをはじめたところで、なかなか効果が出ません。

 

あせって腹筋運動をしたところで、1日数十分がよいところ。

やはり腹筋をたくさん使っているとは言いがたい状況です。

 

ならばどうすればよい?

そう、

「常に腹筋を使っておく」

のです!

 

だからこそ毎日「お腹を意識する」

 

では、きつい腹筋をしていなくても、

常に「少しだけ腹筋を締めた状態」をキープしたらどうでしょう。

 

体は「常にこの部分を使っているな」と認識し、

腹筋群は分解されずに、強度をキープできます。

腹筋が仕分けされずに済むのです。

 

では、お腹を意識する、とは具体的にどうしたらよいのでしょうか?

超簡単にお腹を凹ます方法とは?実践編へ

 

 
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 超簡単にお腹を凹ます方法とは?理論編
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年2月10日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ダイエット基礎知識

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ