ロコモ予防体操「ロコトレ」ってどんなもの?

前回の「ロコモチェック」、いかがでしたか?(→あなたは大丈夫?ロコモチェックで健康確認を!

結果です。

 

 

さて、診断結果は                      

 

ひとつでもNOがあると、

「ロコモの危険あり」です。

 

 

 

 

「え?それだけでロコモなの?」と思う方もいらっしゃると思いますが、
ロコモは「ある日突然」ではなく「じわじわ」とやってきます。

 

ですから、早めの対策が何より重要なのです!!!

 

そして、この「ロコモ」には、自宅で簡単にできる体操「ロコトレ」が
提案されています。

日本整形外科学会が提唱する「ロコトレ」を始めて、ロコモを予防しましょう!

 

★ロコモ予防に!「ロコトレ」

「ロコモチェック」でひとつでも当てはまった人は、「ロコモ」予防に効果的とされる「ロコトレ」を始めましょう。

ロコトレとは?

1.片足立ちトレーニング

「ロコモ」の原因のひとつ、バランス能力を鍛えるために、片足立ちトレーニングを始めましょう。

  1. テーブルや椅子など、支えを用意します。
  2. 片手を支えについて、片足を床につかない程度に上げます。
  3. 目をあけたまま、1分間維持しましょう。

 

※左右1分ずつ、1日3回行うのが理想的です。

※ムリは禁物です。上記の方法でつらい場合は、両手を支えにつかまって、行ってみましょう。

※このトレーニングがきつい場合は、医師に相談の上、行いましょう。

 

2.スクワット・トレーニング

関節と筋肉を動かすためにスクワットを行います。

  1. 安全のために、椅子やソファの前で行います。
  2. 深呼吸のペースで、5~6回スクワットを行います。
  3. 1日3回行うのが理想です。

※この動作がきつい人は、医師と相談の上、

両手をテーブルについて、腰を浮かす動作を試してみましょう。

 

3.その他、効果的なトレーニング

ロコモ予防には、ほかにも効果的な運動があります。

  • ストレッチ
  • ラジオ体操
  • ウォーキング
  • 関節の曲げ伸ばし
  • その他スポーツ

などです。

 

自分の運動能力にあった段階からはじめ、ムリのない範囲で身体を動かしましょう。

ロコトレの注意点

自宅で簡単にできるロコモ予防運動を紹介しましたが、

行う際には守っていただきたい注意事項があります。

 

      1. 無理は禁物!ちょっとつらかったらすぐに中止してください
      2. 転倒にじゅうぶん注意してください。
      3. 方法や回数などを守って行いましょう。たくさんやりすぎても効果は上がりません。
      4. はじめるにあたり、心配な方は事前に医師に相談しましょう

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ロコモ予防体操「ロコトレ」ってどんなもの?
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年12月2日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ロコモティブ・シンドローム

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ