内臓脂肪レベルの標準値、平均値は?

体重計の進化で、体内の体脂肪率や、内臓脂肪率(内臓脂肪レベル)、

さらには骨密度や身体年齢まで測れるようになりました。

 

お腹回りのサイズがアップしたなと思いながらも

お腹の皮下脂肪のように手でつかむわけにもいかず、
目に見えないのでスルーしがちな内臓脂肪が、

内臓脂肪率(内臓脂肪レベル)

としてはっきり数値に出るので、
メタボリックシンドローム(メタボ)が気になる方の

健康管理には非常にありがたいツールです。

 

さて、

内臓脂肪レベル(内臓脂肪率)

については

以前の記事でご紹介しましたが、

→内臓脂肪レベル(内臓脂肪率)とは?

 

今回は
「内臓脂肪レベル(内臓脂肪率)」の標準値、平均値についてお話したいと思います。

 

内臓脂肪率は、目に見えない上に
まだ定着していないため、標準値がどれくらいか
平均値はどの程度なのかが気になりますよね。

 

内臓脂肪レベルの「標準値」は?

では、

内臓脂肪レベルの標準値

は、どのくらいなのでしょうか。

体組成計の大手、タニタ、オムロンでは、
内臓脂肪レベルを以下のように判定しています。

9以下 標準 今のところ心配なし、健康的な生活を維持しましょう
10~14 やや過剰 適度な運動を心がけて、カロリー制限を行い、内臓脂肪を減らしていきましょう
15以上y 過剰 積極的な運動や食事制限による減量が必要

 

※医学的には腹部X線による実測値で100cm2(平方センチメートル)を超えると

危険とされているため、10レベル以上を「標準より上」と定めているそうです。

 

内臓脂肪レベルは、一回計って大丈夫だから満足して終わりではなく、
日々の健康管理のバロメーターとして継続して計測していくことが大事です。

 

内臓脂肪レベル(内臓脂肪率)の平均値は?

では、内臓脂肪レベルの平均値はどのくらいなのでしょうか?

まだなじみのないものですので、平均値は知りたいところですよね。

 

内臓脂肪レベルの平均値

は性別や年齢によって変わってきます。

まずは、男性の場合です。

20代:内臓脂肪レベル6
30代:内臓脂肪レベル8
40代:内臓脂肪レベル9
50代:内臓脂肪レベル10
60~:内臓脂肪レベル12

それに対して女性の場合には、以下の通りです。

20代:内臓脂肪レベル3。
30代:内臓脂肪レベル5。
40代:内臓脂肪レベル4。
50代:内臓脂肪レベル7。
60代以上 内臓脂肪レベル6.5。

男性は、年齢があがるにつれて平均値もあがっていますが、

女性は増えたり減ったりしていますね。

 

やはり男性のほうが内臓脂肪がつきやすい体質なのですね。

 

内臓脂肪率(内臓脂肪レベル)

は、

タニタやオムロンなどから出ている体組成計で測ることができますが、

 

ウエストを測ることでも、ある程度の目安を測ることができます。

メタボリックシンドローム(メタボ)の基準では、ウエストが男性なら85センチ

女性なら90センチ以上ある人は要注意となっています。

内臓脂肪を減らすように心がけましょう。

 

★関連記事

内臓脂肪レベル(内臓脂肪率)とは?

 

 

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 内臓脂肪レベルの標準値、平均値は?
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年1月27日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:メタボリック・シンドローム 内臓脂肪を減らす方法

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ