内臓脂肪レベル(内臓脂肪率)とは?

メタボリックシンドローム(メタボ)の第一の原因、

「内臓脂肪」ですが

この「内臓脂肪」、

困るのが「目に見えない」

こと。

 

皮下脂肪であれば、お腹の脂肪をつかめば、

どの程度の脂肪があるか分かるのですが、

内臓脂肪となると、とにかく自覚しづらいですよね。

 

最近では、ありがたいことに家庭用の体重計でも

内臓脂肪をはじめとする体内脂肪が計れる体重計があります。

 

社員食堂のレシピが有名な「タニタ」や

体温計など健康機器のメーカー「オムロン」などから、

内臓脂肪率(内臓脂肪レベル)

が量れるすごい体重計が出ています。

 

体重計ではなく「体組成計」と売られているものであれば、

内臓脂肪率

が量れるものがほとんどです。

 

内臓脂肪レベル(内臓脂肪率)とは?

さて、では、

内臓脂肪レベル(内臓脂肪率)

とはいったい何でしょうか?

多くの方は、「内臓脂肪の量」が測れたところで

「それが多いか?少ないか?」を判断するのは難しいのではないでしょうか。

内臓脂肪は面積で表します。ですが100平方センチメートル、と聞いた所で、

「自分は標準的なのか?平均はどのくらい?」

と思いますよね。

そうなると、それなりの「指標」

が必要となってきます。

 

タニタやオムロンなど体重計のメーカーでは、

健康に関するさまざまなデータを研究しているので、

独自のデータから割り出した基準を

「内臓脂肪レベル(内臓脂肪率)」

として

私たちにも分かりやすく

「自分の内臓脂肪が、平均と比べてどのくらいか?」
「自分の内臓脂肪が、標準値以下か以上か?」

と、教えてくれ、 メタボ危険度のバロメーターとなってくれるのです。

 

ですから、体重計のメーカーによって多少基準の数値が変わってくることがありますが、

どれも実際のデータから割り出したものですから、大きな差が出ることはありません。

 

「内臓脂肪レベル」はどうやって測る?

自分の内臓脂肪の量を量ってくれ、しかもそれが標準的かどうか分かる

「内臓脂肪レベル」(内臓脂肪率)

ですが、

どうやったら内臓脂肪レベルを知ることができるでしょうか?

 

基本的には

「内臓脂肪レベルが量れる体組成計」に乗るだけ

です。

 

体組成計は「身体の構造を計ってくれる」ので

内臓脂肪レベルはもちろんですが、

体脂肪率、骨格筋率、基礎代謝、体年齢などさまざまなことが分かります。

内臓脂肪レベル(内臓脂肪率)を測るには、2通りの方法があります。

 

1.自宅で体組成計を購入する

だいたい量販店で3000円程度からあります。

内臓脂肪レベル(内臓脂肪率)

が量れるものは

大手の「タニタ」や「オムロン」のものが おすすめです。

 

自宅で購入するとなると、コストの面が気になりますが

日々、いつでも計れて、内臓脂肪率の変化が見られます。

あまり高価でななく、ほかにも体脂肪率や基礎代謝なども見られるので

ひとつ持っておくとよいと思います。

 

お店やネットで買う際には、「内臓脂肪レベル」

が計れるかどうかの確認をしてくださいね。

 

2.内臓脂肪レベルが計れる場所に行く

スポーツセンターやフィットネスクラブなどには、

体組成計が置いてあります。

もし会員になっていたり、定期的に通う場所に体組成計がある場合は、

そういった場所で

内臓脂肪レベル(内臓脂肪率)

を測るのもよいでしょう。

 

いずれにせよ、定期的にチェックするのがポイントです。

 

 

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 内臓脂肪レベル(内臓脂肪率)とは?
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年1月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:メタボリック・シンドローム 内臓脂肪を減らす方法

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ