メタボ健診「積極的支援」とは?その1

積極的支援とは?

「動機づけ支援」に加えて、さらに定期的・継続的な支援を受けます。

支援を通じて自分の生活習慣を振り返り、

メタボリックシンドロームを改善するために、
具体的にどう行動すればよいかの目標を立て、
指導期間後も健康的な生活を続けていけることを目的として

行われます。

積極的支援の対象となる基準は、下記の通りです。

 

 

腹囲 男性85cm未満、女性90cm未満で

BMIが25以上

下記②~⑤で当てはまるものが3個以上

腹囲 男性85cm以上、女性90cm以上

下記②~⑤で当てはまるものが2個以上

 

 

または

 

 

①~④の診断基準は下記を参照してください。

①腹囲 

男性 85cm以上 女性 90cm以上

 または

BMI値25以上

②脂質  

中性脂肪(TG)値150mg/dl以上

かつ/または

HDLコレステロール(HDL-C)40mg/dl未満

③血糖値   空腹時血糖:110mg/dl以上
④血圧 収縮期血圧(上):130mmHg以上かつ/または拡張期血圧(下):85mmHg以上
⑤喫煙 喫煙歴がある(②~④の1つ以上該当の場合のみカウント)

※65歳~74歳の方は積極的支援に該当する方でも、動機づけ支援になります。
動機付け支援との違いは?

「積極的支援」は、

「初回の面接による支援」と「3ヶ月以上の継続的な支援」と「6ヶ月後の評価」

です。

動機付け支援の支援が面接後1回なのに対し、積極的支援は複数回に渡るのが大きな違いです。

面接

初回は、動機付け支援と同様に自らの健康状態を自覚するため、面接を行います。

面接は、時間が決められており、個人面談なら20分以上、グループ面談(8人以下)なら80分以上とされています。

そこで医師、保健士、または管理栄養士などの指導のもと、
体重減量や禁煙に向けての行動目標を設定して、行動計画を作成します。

具体的には、動機付け支援と同様、メタボリック・シンドロームの知識や現在の生活習慣の振り返りなどが主な内容です。

1.メタボリック・シンドロームや生活習慣病の知識を得て、生活習慣とメタボリック検診結果との因果関係を理解し、自らの生活習慣を振り返ります。

2.生活習慣をこのまま改善しないとどんなデメリットやリスクがあるかを理解する。

3.食事や運動など、生活習慣を改善するための実践的な指導をしてもらう。

4.今後の行動目標を設定し、生活習慣を改善するためのツールや社会資源を紹介して、目標に向けて生活習慣の改善を実行できるようにする。

5.体重、腹囲の正しい測定方法について学ぶ。

6.最後に、自分の現在の状況を把握した上で行動目標、行動計画を作成する

以上の内容について学んだ後は、各自で行動計画に従って実践します。

◇アフターフォロー

「積極的支援」では、面接と行動計画を作成したあとは、「3ヶ月以上の継続的な支援」が行われます。

個別支援、グループ支援、電話、メールなどを使って行われます。

さらに、初回の面接から6ヶ月後には、目標が達成できたか、現在の健康状態や生活習慣の改善などを指導者と共に評価します。評価は、電話やメールで行うことも可能です。

動機付け支援と違い、支援の種類やポイント数が決められており、さらに細やかな指導が受けられるようになっています。

では、次回は継続的支援の内容について、詳しく説明しましょう。

→メタボ健診「積極的支援」とはその2へ

 

 
ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - メタボ健診「積極的支援」とは?その1
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年11月20日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:メタボリック・シンドローム 内臓脂肪を減らす方法

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ