運動不足は諸悪の根源?メタボを起こすメカニズム

健康を維持するために、適度な運動が必要なのはよく知られていますが、
運動不足は、メタボにつながるさまざまな要因を引き起こします。

車を使った通勤だったり、パソコンを使って机に向かったままの作業など、
運動量が少ない生活スタイルの場合、
慢性的な運動不足になっている方も多いと思います。

運動不足→基礎代謝低下

運動不足になると、消費エネルギーが低下して基礎代謝(普通に生活しているだけで消費する必須カロリー)が下がり、やせにくい身体になってしまいます。

また、コレステロール値や中性脂肪値が高くなり、肥満につながります。

また、肥満になってしまうと、体が重くてさらに運動が億劫になるという
負のスパイラルに陥ってしまい、さらに肥満を加速させることになってしまいます。

また、運動不足によって、悪玉コレステロールが増え、血流が悪くなって高血圧を起こすこともあります。

運動不足→ストレス蓄積

意外と、知らない方が多いかもしれませんが、

慢性的な運動不足は、ストレスの原因になります。

「仕事で疲れているだけ」「仕事が思うように進まないからイライラしているだけ」

など、日常生活での不満が積もってストレスになると思いがちですが、

実はこれは、運動不足から来ているかも知れません。

体を使わず、デスクワークばかりの仕事をしていると、
脳ばかり疲労して、体は全く疲れていないというアンバランスな状態になります。

運動不足→寝つきが悪い、寝不足

このように、脳だけ疲れて体は運動不足というアンバランスな状態で帰宅すると、疲れているのに眠れない、寝つきが悪い、眠りが浅い、など
睡眠の質が低下します。

睡眠不足になると、体もだるくなり、慢性的な疲労感を感じるようになります。

こうなってくると、ストレスにも弱くなり、イライラしやすくなります。

「私は疲れているのにあの上司はひどい」

とか、

「疲れていて仕事がはかどらない」

など、ストレスの原因にもなってしまいます。

ストレスや運動不足→食生活の乱れ

体もだるいし、ストレスもある・・・こうなってくると、食事にも影響が出てきます。

なんとなく自炊も面倒になり、コンビニ弁当で済ませる・・・など
慢性的な栄養不足になると、

肥満・ストレス・不眠、だるさ、などさまざまな不調が出てきます。

こうなってしまうと、なかなか改善するのが難しくなってしまいます。

運動不足が、さまざまな不調を生み出して、

ついにはメタボリック・シンドロームの原因になってしまうのです。

 

日ごろから、適切な運動を心がけるのが、メタボを遠ざけ、

ストレス解消するのに最も良い方法です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 運動不足は諸悪の根源?メタボを起こすメカニズム
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年11月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:メタボリック・シンドローム 内臓脂肪を減らす方法

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ