メタボリック・シンドローム(メタボ)とは?

内臓脂肪」と切っても切れないのが「メタボリック・シンドローム」。
内臓脂肪が蓄積されていくと、高血圧や高脂血などさまざまな兆候が現れてきます。
内臓脂肪やお腹まわりの気になる方は必ず知っておいて欲しいメタボの知識を紹介していきます。

さて「メタボ」という言葉、最近良く聞きますよね。

何となく「太ったの中年男性」のイメージが沸く方が多いと思います。

実際にビール腹の中年男性などが
「最近ズボンのウエストがきつくなってきて、メタボ気味なんだよね~」
なんて冗談で話しているのもよく聞きます。

でも正確には「ただ太っている」だけでは「メタボ」とは言いません。

ウエストが100センチあっても、メタボではない場合もありますし、

85センチでもメタボの可能性があります。

では、このメタボとは何なのでしょうか?
メタボは「メタボリック・シンドローム」の略です。

「メタボリック」は「代謝の」、「シンドローム」は「症候群」という意味です。
日本語では「内臓脂肪症候群」といいます。

実は肥満には2種類あることはご存知でしょうか?

体の皮膚のすぐ下につく皮下脂肪の多い「皮下脂肪型肥満」と、
内臓につく内臓脂肪が多い「内臓脂肪型肥満」があるのです。

もちろんどちらの脂肪もつきすぎは良くないのですが、特に内臓脂肪が過剰にたまると、糖尿病などの生活習慣病や動脈硬化が進んで脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす危険が高まるということが分かってきたのです。

内臓脂肪がたくさんついた、内臓脂肪型肥満に加え、高血圧、高血糖、または脂質異常のどれか2つ以上をあわせもった状態を「メタボリックシンドローム」といいます。

特に中高年の男性に多く、40~70歳の2人に1人、女性でも5人に1人がメタボリック・シンドローム予備軍または、すでにメタボが疑われている状態だと言われています。

たかが肥満となめてはいけません。いろんな悪条件が重なると、糖尿病、高脂血症や高血圧症などの生活習慣病を併発しやすくなったり、動脈硬化が進んで心筋梗塞や脳梗塞など深刻な病気を引き起こす確率が高くなります。

「メタボリック・シンドローム」は危険な状態なのです。

今後はメタボリック・シンドロームがどんなものなのか、なぜ怖いのか、そしてどういう対策をしていけば良いのか?

基礎知識から、診断基準、解消法や対策などについて調べた情報も掲載していきます。

あなたの健康のためにお役に立てれば幸いです!

ブログ村に参加しています!クリックお願いします♪

にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ

にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - メタボリック・シンドローム(メタボ)とは?
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年10月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:メタボリック・シンドローム 内臓脂肪を減らす方法

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ