メタボが引き起こす病気③ 大動脈疾患

メタボリック・シンドロームが引き起こす病気、「心臓病」「脳卒中」に続き、今回は

 

「大動脈疾患」

 

についてお話します。

 

大動脈疾患(大動脈瘤、大動脈乖離)

 

 

 

 

 

 

 

大動脈は、心臓から出ている最も太い血管のことです。

大動脈疾患には、

  • 大動脈瘤
  • 大動脈乖離

 

という2つの病気があります。

 

大動脈瘤

大動脈瘤は、血管の壁の一部分がこぶのようになった状態です。

大動脈の動脈硬化が進んで、血管の壁が弱くなってしまい、

血液の流れの圧力によって動脈の途中にこぶ状のものができてしまうのです。

 

 

初期の状態であれば無症状ですが、どんどんこのこぶが大きくなって血管の壁が薄くなり、

耐え切れなくなって破裂すると大出血を起こして死に至ることもあります。

 

大動脈瘤は胸部や腹部にできますが、 特に腹部の大動脈瘤は動脈硬化が原因のものが多く、

症状としては腹部に圧迫感を感じたり、お腹のあたりが痛むなどの症状が現れます。

 

大動脈瘤の症状は?

大動脈瘤の症状は、破裂していなければ無症状です。

しかし、いざ破裂すると大変なことになります。

 

胸部大動脈瘤なら

咳、血痰、胸痛、背中の痛み

 

腹部大動脈瘤なら

 

腰痛や腹痛など

が起こります。

 

大動脈瘤は、破裂するまで気づかないことが多く、

大きくなった大動脈瘤が破裂して大量出血を起こし、

死に至るケースが非常に多い恐ろしい病気です。

 

破裂したらその死亡率は80~90%にも上るといわれています。

 

大動脈乖離

大動脈乖離は、解離性大動脈瘤とも呼ばれます。

患部の場所により、スタンフォードA型、B型などと分かれます。

 

高血圧や動脈硬化などが原因で、

大動脈の血管の壁の膜に亀裂が生じ、

血管壁に血液が入り込んでしまう病気です。

 

血管壁に血液が流れ込むことで、

血管壁が内膜と外膜に分離してしまい、

血管壁がペラペラと薄くはがれてしまうのです。

 

過去には俳優の石原裕次郎さんが、

最近では加藤茶さんが大手術をしたことでが話題に上りました。

 

原因としては動脈硬化と高血圧

まさにメタボリック・シンドロームが引き起こす病気といえるでしょう。

 

大動脈瘤の予防法は?

自覚症状がなく、発見が遅れがちな病気ですから、

定期的にCTやMRIなどの検査を受けて、異常がないか調べておきましょう。

 

また、メタボリック・シンドロームの段階で

生活習慣や食習慣を見直すことが非常に大事です。

 

大動脈乖離の症状は?

大動脈乖離の症状は、突然起こることが多いです

突発的な胸痛や背中の痛み、呼吸困難などがあります。

 

解離が進行しているときにこのような痛みがありますが、

進行がいったん止まったときに症状が和らぐことがありますが、

それでも急いで病院へ行きましょう。

 

症状がいったん治まったところで治ったわけではなく、

解離した大動脈が破裂したり、血液がたまって心臓が止まってしまうこともあります。

 

大動脈解離は非常に生存率の低い病気です。

発症してから2日間で半分の患者さんが亡くなるといわれているほど

死亡率の高い病気ですので、

大動脈解離の疑いがある場合はただちに病院へ行きましょう。

 

大動脈解離の予防法は?

大動脈解離は、とにかく動脈硬化が進まないように、予防することが大事です。

メタボリック・シンドロームを軽く見ていると、

知らず知らずに動脈硬化が進行し、

命取りの病気を発祥してしまう可能性が高くなります。

 
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - メタボが引き起こす病気③ 大動脈疾患
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年4月10日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:メタボにまつわる病気

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ