メタボが引き起こす病気④ 閉塞性動脈硬化症

メタボが引き起こす病気にはさまざまなものがあります。

 

今回は、閉塞性動脈硬化症についてお話します。

 

 

 

 

 

閉塞性動脈硬化症とは?

メタボリックシンドロームが進むと、動脈硬化が進みます。

動脈硬化は全身の動脈に発生しますが、

動脈硬化によって、下半身に血行障害が起こったものを特に

 

「閉塞性動脈硬化症」

 

といいます。

 

閉塞性動脈硬化症の症状は?

閉塞性動脈硬化症は、

 

初期の状態では

足の指先に冷え、しびれを感じるようになります。

 

徐々に進行すると、

歩くときに足がしびれて痛むようになってきます。

 

放置すると

じっとしていても足が痛むようになったり、

足に潰瘍ができてしまい、壊死してしまう場合もあります。

 

症状が出現するのは、腰から足先までさまざまですが、

最も多いのはふくらはぎ部分の症状

です。

 

閉塞性動脈硬化症の合併症

動脈硬化は全身に起こります。

閉塞性動脈硬化症を起こしたということは、

ほかの部分でも動脈硬化が進んでいると考えられるということです。

 

ですから、閉塞部位によっては、

脳疾患や心臓疾患などの合併症を引き起こす可能性があります。

 

・虚血性心疾患

心臓を取り巻いている動脈に動脈硬化が起こり、

心臓の一部に血液が行かなくなります。

症状としては、胸に強い痛みが起こります。

 

・脳血管障害

脳の動脈に動脈硬化が起こって、

脳の一部に血液が充分に流れなくなり起こります。

症状としては、ろれつが廻らなくなったり、手足が動かせなくなったりします。

 

閉塞性動脈硬化症の予防

閉塞性動脈硬化症は、

メタボリック・シンドロームや動脈硬化が進行して起こる病気で、いわば生活習慣病です。

ですから、 糖尿病や高血圧をわずらうと、さらにリスクが高まります。

また、最大の危険因子はタバコです。

タバコに含まれている一酸化炭素とニコチンが動脈硬化を引き起こします。

タバコは一刻も早くやめるべきです。

 

生活習慣や食習慣を見直し、メタボリック・シンドローム対策をするのがまず第一歩です。
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - メタボが引き起こす病気④ 閉塞性動脈硬化症
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年4月12日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:メタボにまつわる病気

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ