メタボに効く食材:納豆

内臓脂肪が溜まってお腹まわりが気になっているあなた、

メタボリック・シンドローム対策は大丈夫ですか?

 

今回は、内臓脂肪が気になるメタボリック気味の方に嬉しい

「メタボに効く食材」についてです。

今回は低カロリーで栄養価の高い「納豆」です!

 

メタボに納豆が効く!!

大豆を納豆菌で発酵させただけのシンプルな食品ながら、

昔から健康によいとして親しまれてきた

「納豆」。

この「納豆」、実はメタボ解消にも最適な食材なのです!!!

 

納豆がメタボに効くワケ

では、納豆のどの成分がメタボに効くのでしょうか?

  • ナットウキナーゼで血液サラサラ
  • 血圧を下げる!
  • 整腸作用
  • 悪玉コレステロールを減らす
  • ビタミンKが血管を健康に!
  • リノール酸で抗酸化!

 

ナットウキナーゼが血液をサラサラに!

納豆に含まれる「ナットウキナーゼ」は、強力な血液サラサラ効果を持つ

酵素です。

このナットウキナーゼは、納豆のネバネバに含まれているため、

納豆をよーーーく混ぜてから食べるのが

ナットウキナーゼを効果的に摂るコツです。

 

血圧を下げる!

納豆の中には、血圧を上昇させる働きのある

アンギオテンシンの働きを阻害する働きがあります。

 

その結果、血圧を下げる効果

があるとされています。

 

整腸作用

納豆菌には整腸作用があり、腸内環境を整えてくれます

ダイエットには便秘が大敵。腸内環境も整えてくれる納豆はとてもありがたい存在です。

 

悪玉コレステロールを減らす!

納豆に含まれる大豆レシチンには、動脈硬化を抑える効果

もあります。

過剰な悪玉コレステロールを減らしてくれるため、結果的に動脈硬化を予防することができます。

 

ビタミンKが血管を修復!

また、ビタミンKには傷ついた血管を修復する

作用があるため、

これも動脈硬化を防ぐのに役立ってくれます。

 

リノール酸で抗酸化!

リノール酸は必須脂肪酸ですが、体内で合成できないので、

食品から摂らなくてはなりません。

リノール酸には血中コレステロール値を下げる

効果や動脈硬化防止作用があります。

 

1日に食べる量は?

こんなに素晴らしい栄養がある納豆ですが、

1日にどのくらい食べればよいのでしょうか?

 

納豆の栄養効果を充分に得るには 1日50g程度がよいとされています。

 

これは、納豆1パックの量とほぼ同じですので

1日1パックを目安

に食べると良いということになります。

 

1パックなら、無理なく取り入れられますね!!

 

いろいろ混ぜて食べてみよう!

温かいご飯とも相性抜群の納豆。

でも毎日同じでは少し飽きてしまうかも?

こんな食材と相性がよいので、混ぜて食べてみると飽きずに食べられます。

 

めかぶ納豆

めかぶに含まれるヨウ素が代謝を活発にし、フコイダンが免疫機能を活性化させてくれます。

納豆との相性も抜群、カロリーも低くオススメです!

 

山芋納豆

ダイエット効果抜群の山芋とあわせてもおいしいです。

ダイエットに効く食材:山芋

 

キムチ納豆

発酵食品同士の組み合わせも相性がよいです。

キムチには代謝を活発にし脂肪を燃焼させる

「カプサイシン」が含まれています。

身近で手軽な納豆をメタボ解消に役立てましょう!

 

 

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - メタボに効く食材:納豆
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年1月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:メタボに効く食品 内臓脂肪を減らす方法

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ