酵素ダイエットの効果と方法 その2 酵素食ダイエット

酵素ダイエットが注目を集めていますね。

酵素ダイエットは、体内で必要な酵素を、食物から補ってあげることで
太りにくい体を作るという概念から生まれたダイエット法です。

この酵素ダイエット、非常に効果があるということで

さて、酵素ダイエットにはいくつか方法があります。
代表的なものをご紹介しましょう。

  1. 酵素を含む食品を食べる
  2. 酵素のサプリや酵素液を飲む

の二つに大きく分けられます。

まずは、酵素食の方法についてご紹介します。

酵素食で痩せる!

ひとつめは、酵素がたくさん含まれている食品を意識的に摂る方法です。

酵素は主に

  • 生の食品(生野菜、果物、刺身など)
  • 発酵食品(納豆、醤油、味噌、キムチ、チーズなど)

に多く含まれています。
では、酵素食でダイエット効果をさらにアップするには、どうしたらよいでしょうか?

1.生で食べる

酵素は加熱すると力がなくなってしまいます。ですから、一番シンプルなのは「生のまま食べる」こと。

野菜はサラダや和え物などにして食べたり

魚はお刺身で食べたり

することを意識してみましょう。

ただ、生野菜などを食べ過ぎると体が冷えてしまいます。

体を温める食材、たとえばショウガやにんにく、
ねぎなどの香味野菜を上手にあわせて食べるようにしましょう。

しょうがやにんにくをドレッシングに混ぜたり、
和え物に加えたりすることで冷えを防ぎます。

2.すりおろして食べる

野菜や果物をすりおろすことで、細胞が壊れて酵素が活性化するので、すりおろして食べるのもおすすめです。

 

おろし野菜で一番のおすすめは、大根おろしです。
魚や卵焼きの付け合せはもちろん、和え物にも使えます。
焼肉をおろしポン酢でいただくのも良いですね。

大根に含まれる、でんぷんや脂肪、たんぱく質を分解する酵素がたっぷり含まれています。
特に大根の先端や皮のあたりに多く含まれていますので
大根の先端を使う大根おろしは、酵素ダイエットに効果が抜群。
皮ごとすりおろすと、さらに効果がアップします。

また、にんじんやたまねぎは、コレステロールや中性脂肪を抑える酵素が含まれています。
すりおろしてドレッシングを作り、生野菜と一緒にいただくと効果が倍増しますね。

3.ジュースにする

すりおろすのと同じく、細胞が壊れて酵素の力が発揮されるため、ジュースにして飲むのもオススメです。

にんじんやりんご、キウイやキャベツなど
いろいろな組み合わせでジュースを作ると
楽しみも増えますね。

フレッシュな野菜は、ビタミンやミネラルもたっぷり取れます。

流行のグリーンスムージーも酵素ダイエットにおすすめです。

→グリーンスムージーでお腹やせ&健康に!

4.漬け野菜にする

お酢や塩麹などの発酵食品に漬け込んで漬物にすれば、ダブルの効果が期待できます。

手軽な副菜として作っておけば手軽に食べられますし、日持ちもするので便利です。

 

5.発酵食品と一緒に摂る

酵素は発酵食品にも含まれているので、発酵食品と組み合わせて摂るのもオススメです。

  • 納豆に大根おろし
  • ヨーグルトにフルーツ
  • 生野菜のピクルス

などが簡単にできておすすめです。
野菜や果物、発酵食品などを意識してとることで食習慣も変わりますので
メタボが気になる方にはぜひ取り入れてもらいたい方法です。

次は、酵素ダイエットの主流になりつつある、ダイエット方法をご紹介します。

 

 
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 酵素ダイエットの効果と方法 その2 酵素食ダイエット
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年4月20日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:話題のダイエット

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ