【世界一受けたい授業】良い汗と悪い汗・・太る汗とやせる汗!正しい汗のかき方は?

暑い夏がやってきましたね。ちょっと動くと汗だくになってしまいますが、良い汗をかくとスッキリするときもありますよね。

 

さて、世界一受けたい授業でも特集されましたが、

 

さて、汗には「良い汗」「悪い汗」があるということはご存知ですか?

 

汗といっても、やせる汗と太る汗があるんです!!

 

「良い汗」「やせる汗」「悪い汗」「太る汗」です。

 

良い汗=やせる汗は、どんな汗??

 

ダイエットでは重要な代謝を高めるためには、マグネシウムやカルシウムといった、ミネラルが必要となります。

 

このミネラル、食事から摂取することが大事なのですが、体内から失わないようにすることも大事です。

 

実は、汗をかくとミネラルが失われてしまいますが、ここで「良い汗」「悪い汗」の違いが出てきます。

 

良い汗は、ミネラル分をあまり含まず、体に必要な栄養は排出せずに水分だけを蒸発させて体温調節を行える汗。

 

水に近くてサラサラした感じの汗で、塩分濃度が薄く、小粒です。

 

こういった汗は、代謝を落とさずにうまく体温調節ができるため、ダイエットも成功しやすくなる「やせる汗」です。

 

悪い汗=太る汗とは?

 

逆に、悪い汗とは、ミネラルや塩分を含んでおり、体内で必要な栄養分まで一緒に出してしまう汗。

 

悪い汗は、大粒でネバネバしていますし、体温調節もうまくできません。
また、悪い汗は蒸発しづらく、雑菌が繁殖しやすいのでニオイの原因にもなります。

 

さらに、代謝に必要なミネラルまで一緒に放出されてしまうので、体内での代謝が悪くなり「太る汗」となってしまいます。

 

まさに「ムダ汗」です。

 

悪い汗=太る汗の原因は?

 

現代人は、悪い汗をかく人が多いようです。それはなぜでしょうか?

 

悪い汗をかく原因は、生活習慣にあります。

 

  • 運動不足
  • エアコンに頼る生活
  • 脂っこい食生活

 

などが原因で汗腺機能が低下し、悪い汗をかいてしまう傾向にあるようです。

また、悪い汗は雑菌を繁殖させてしまうので、アトピーなどが悪化したり皮膚炎を起こすなどの悪影響もあります。

 

良い汗=やせる汗をかくには?

 

では、良い汗をかくにはどうしたら良いのでしょうか?

 

良い汗をかくためには、汗腺の機能を向上させることが大事です。

 

そのためには

  • 適度な運動を日ごろから行う
  • 体を温める
  • 和食を中心とした食生活

 

などを意識して行うことが大事です。

 

また、無理に我慢することは逆効果ですが、涼しい時間帯はエアコンを控えるなど、工夫してみることをオススメします。

 

良い汗=やせる汗をかいて、この夏ダイエットに成功しましょう!

悪い汗を良い汗に変える入浴法は?

さて、世界一受けたい授業で公開されていた、悪い汗を良い汗に変える入浴法は

ひじから先と膝から下を15分温めることです。

 

これを10日間続けると良い汗をかけるようになります。

 

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 【世界一受けたい授業】良い汗と悪い汗・・太る汗とやせる汗!正しい汗のかき方は?
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年7月20日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:話題のダイエット

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ