コンビニ食でお腹まわりの脂肪を落とす!!

バランスのよい食事が理想なのは分かっているけど、

なにしろ忙しい、時間がない、料理が面倒。

そんな人にはコンビニは強い味方です。

「コンビニ弁当は太る」と言われていますが、
コンビニには弁当以外にもさまざまな食品が売ってますよね。

コンビニ食材を使って、脂肪を落とし、

お腹まわりのダイエットを成功させる方法を紹介します。

 

①カロリー表示を見る

いまどきのコンビニでは、食材にすべてカロリーが書いてあります。

あまりよく見ないで買っていた方は、

まず「とりあえずカロリーを見る」ことを習慣付けましょう。

「意識する」ことは、思っているより重要で、よい結果が出ます。

今までなんとなく買っていた食べ物が、どのくらいのカロリーなのか?

自炊ですと摂取カロリーが分かりにくいですが、

コンビニ食なら自分の摂取カロリーも計算しやすいですよね。

できれば手帳や携帯に毎日のトータルカロリーをつけると、なお良いです。

②菓子パンなどをついで買いしない!!

コンビニでうろうろしていると、ついお弁当のついでに菓子パンなどを買ってしまいますよね。

しかしこういった「ついで買い」が肥満を招きます。

菓子パンなどは意外に高カロリー。

メロンパンは460kcal、カレーパンも約400kcalあります。

ご飯一杯が160kcalであることを考えると、実に2~3倍。しかも油分も多いので脂肪がつきやすい食べ物です。

一緒に買うならフルーツやサラダ、ですよ!!

③飲み物はお茶か水!!

せっかく低カロリーの食事を選んでも、

清涼飲料水と一緒に食べては意味がありません。

さっぱりお茶や水でご飯を食べましょう。

 

 

 

 

 

 

④弁当より単品買い!

多少割高にはなりますが、揚げ物がたっぷり入ったお弁当よりは、

おにぎり+おかずのような単品買いがオススメです。     

ダイエットのためにお弁当を残す、とか、
揚げ物の衣をはがすとか、

食の楽しみを奪うようなことを書いてある本もありますが、
もったいなくて到底ムリですよね。

だったら最初から、おにぎりとヘルシーおかずを選んだほうが賢明です。

おにぎり2個で350Kcal
サラダで80kcal
ゆで卵や冷奴をプラスしてみてはいかがでしょう??

あっさりご飯は、夜ごはんに特にオススメです。

夜は脂肪を溜め込みやすく、
夜に脂っこいものをたくさん食べてしまうと、

食べたものがそのまま脂肪になるので

お腹ぜい肉コースへまっしぐらです。

さらに、翌朝胃がもたれたりと体調にも影響が出ます。

夜はコンビニで軽めに、と意識すると、お腹周りのサイズも減っていきます!

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへにほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ
人気ブログランキングへ

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - コンビニ食でお腹まわりの脂肪を落とす!!
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年11月9日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:食事でダイエット

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ