書くだけで痩せる!?レコーディングダイエットのやり方と効果は?

お腹まわりの脂肪を減らす方法はいろいろありますが、
やはり簡単にお腹をへこます方法がベストですよね。

今回はなんと、書くだけで痩せられるダイエット方法のご紹介です。

その名も

「レコーディングダイエット」

です。

 
 

レコーディングダイエットとは?

 

「食べたものをメモするだけで痩せられる」と話題のレコーディングダイエット

 

話題になったきっかけは岡田斗司夫氏の著書「いつまでもデブと思うなよ」。

 
岡田氏は、レコーディングダイエットを実践して117キロの巨体から67キロへの減量に成功し、効果抜群でしかも簡単なダイエット法として話題をさらいました。

 

このレコーディングダイエット、きっかけは岡田氏の「グルメメモ」だそう。

 

食べることが大好きな岡田氏が、楽しみでつけていたこのメモですが、

 

岡田氏はこのメモをつけはじめてから体重の増加が止まったことに気づいたそうです。

 

それ以降、食べたものを全部書き出していくと、みるみるうちに体重が減っていたというのです!

 

食べたものをメモするうちに、だんだん食べるものの総カロリーを意識するようになり、ついに大幅なダイエットに成功してしまったのです。

 

ひょんなことから生まれたこのレコーディングダイエット、本当に「書くだけ」なので、今日からすぐに始められます。

 

著者により、すでに効果は実証済み。
 
用意するものは、メモ帳とペン、そしてやる気だけです!

 

レコーディングダイエットのやり方

岡田氏の実践したレコーディングダイエットは、飛行機の離陸になぞらえてプログラムが組まれているユニークなものです。

では、そのステップを順番に紹介していきましょう。

 

1.助走・・・5日間

 
ここではまず、「食べたものを全て書き出す」習慣を身に着けます。

 
食事制限なし、今まで通りに食べて良いのですが
食事内容、時間、体重を毎日きちんとつけていきます。

 

すると、自分の食事習慣の癖が分かります。

 

2.離陸・・・1週間

体重と体脂肪を記録していきます。
また、自分が1日いったい何キロカロリー摂取しているのか確認するため、カロリー計算も加えます

 

カロリー計算は、はじめは面倒ですが、だんだん慣れてくると、見ただけでだいたいのカロリーが分かるようになってきますので、少し根気よく続けましょう。

 

3.上昇・・・5日間

自分の摂取カロリーを把握したら、今度は自分の理想体重に向けて1日の摂取カロリーを設定します。

 

食べたものはすべて書かなければいけないので、ごまかしが効きません。

 

ですから、設定カロリー内に収めるよう、自然と考えて食べる癖がついてきます。

 

4.巡航・・・5日間

この期間は、少し中だるみを感じる時期です。

 

気がゆるんでドカ食いしてしまったり、食事記録をつけなくなってしまったりしがちですので、気分転換に他のダイエット法を併用してみるなど工夫してみましょう。
 

5.再加速・・・3日間

 
中だるみを抜けて、再度気を引き締めてレコーディングです。

 

だんだん目標カロリー内での食事にも慣れてきたのではないでしょうか。

 

6.軌道到達・・・3日間

だいたいこの時期には、レコーディングダイエットが軌道に乗る時期です。

 

体重や体脂肪も落ち着いてきたころだと思います。

 

ここまでくれば、リバウンドなどの心配はあまりないと思います。引き続き頑張っていきましょう。
7.月面着陸!

地球に比べ重力が6分の1の月の世界のように、何もかもが軽く感じる状態です。

 

このころには体重も落ちて、達成感を感じることができるでしょう。

 

続けやすく、取り組みやすいように、ステップごとに分けて実践できるレコーディングダイエット。

 

用意するものはメモ帳とやる気だけ。早速始めてみましょう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 書くだけで痩せる!?レコーディングダイエットのやり方と効果は?
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年7月3日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:食事でダイエット

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ