内臓脂肪を減らす低糖質食品とは?

お腹まわりの脂肪を落とす方法を探している方、

低糖質ダイエット

はご存知ですか?

 

「おやじダイエット部の奇跡」などで一躍話題となったこの

「低糖質ダイエット(糖質制限ダイエット)」。

→おやじダイエット部に続け!糖質制限ダイエット

カロリーではなく、糖質の低い食品を選んで食べるダイエットの方法です。

 

糖質制限(低糖質)ダイエットの特徴は?

 
食べる量に制限がないため、脂っこいお肉なども食べられ、満足感も得られるので成功率が高い

のが特徴です。

お腹まわりの脂肪だけでなく、内臓脂肪もついてしまい、

糖尿病、高血圧などで悩んでいた中年の男性が続々ダイエットに成功したという夢のようなダイエット。

 

その低糖質ダイエットの理論はいたってシンプル。
 

糖質=体内でブドウ糖を作るもの

 
ですから、糖質を摂りすぎると、体内でエネルギーがたくさん作られてしまい、結果、脂肪を蓄えてしまいます。

 
糖質は、炭水化物を多く含む食品、つまりお米やいも類などに多く含まれています。
 
食べ過ぎのためにお腹まわりに脂肪がたくさんついてしまった人は、 本来ならバランスよく食事量を減らすのがベストですが、
 
たくさん食べないと満足できず、すぐにリバウンドしてしまいます。

 

そこで登場した低糖質ダイエット

 
これなら、「糖質の少ないもの」であれば、いくら食べてもかまわないのです。

 

このダイエット法で鍵となるのが
 

「低糖質食品」。

 
いかに糖質を制限するかが重要なので、低糖質食品を見極めることが大事です。

 

低糖質食品とは、どんなもの?

 
低糖質ダイエットでは、糖質の低いものを食べればよいということは分かりました。

ですが、低糖質食品とはどんなものなのでしょうか?

 

肉類

 
お肉はなんとなく、太りそうなイメージがありますが、体内ではほとんどブドウ糖を作らない低糖質食品です。

ただし、味付けには注意が必要です。
 
照り焼きや焼肉のたれには砂糖がたっぷり含まれており、ここで糖質をうっかり摂ることになってしまいます。

 

魚介類

 
魚もほとんどのものは低糖質食品ですので、安心して食べて大丈夫です。

ですが、かまぼこなどの練り物は、つなぎにでんぷんが入っており、

糖質が急に高くなるので注意が必要です。

 

 
卵も低糖質食品です。
 
ですが、砂糖を使った卵焼きや、目玉焼きにソースをたっぷりかけるなど、
 
味付けで糖質がアップしてしまうので味付けに注意です。

 

豆類

 
大豆、豆腐、厚揚げ、油揚げ、がんもどきなどが低糖質食品です。

 
えんどうマメ、ソラマメ、小豆などは糖質が高いです。

 

野菜類

 
ほうれん草、小松菜などの葉物野菜が低糖質食品となります。

大根、かぼちゃなどの根菜類は意外と糖質が高いので要注意です。

 

きのこ類

 
きのこ類は全体的に糖質が低いので、ほとんどのものは低糖質食品として食べて大丈夫です。

ただし、干ししいたけなどの乾物は糖質が高くなるのでNGです。

 

海藻類

 
海藻類も全体的に低糖質なので大丈夫です。

ただし、とろろ昆布は糖質高め。

それと味付け海苔は味付けで砂糖を使っており、糖質が高くなります。

 

乳製品

 
チーズなどの乳製品もおおむねOKです。加工乳などは糖質がアップするので避けましょう。

 

お酒類

 
お酒は、ブランデーや焼酎など「蒸留酒」を選んで飲めば問題ありません。

逆に日本酒などは糖質が高いのでおすすめできません。

 

低糖質パン、低糖質うどんなど、低糖質食品が登場!

 
大幅なダイエットが可能とされる低糖質ダイエットですが、

このダイエットは、一番満足を与えてくれる炭水化物、つまりご飯モノや麺モノが食べられないこと。

 

そんな悩みに応えるべく、最近では常識を覆す、

低糖質パン

低糖質うどん

が登場しています。

 

「おやじダイエット部の奇跡」でもありましたが、

小麦粉の代わりに小麦ふすまを使った低糖質パン。

 

以前はあまりおいしいものではなかったようですが、

最近のものは 味もおいしく、しかも低糖質なパンがインターネットなどで簡単に買えるようになりました。

 

また、魚のすり身を主原料にした「低糖質うどん」なるものも発売されています。

魚のプリプリ感が味わえて、食べ応えもあります。

 

お米には「こんにゃく米」を入れて炊く!

 
さすがに、ご飯風のものはまだ登場していませんが、

代わりに「お米のようなツブツブのこんにゃく」をご飯に混ぜて炊く
 

「こんにゃく米」

 
があります。

 

筆者も食べたことがありますが、こんにゃくの香りも味もまったく分かりません。

食べたら本当に普通のご飯です。 こういった工夫で、糖質を減らすこともできます。

 

低糖質ダイエットは大幅な減量ができるとして人気ですが、

糖質は身体のエネルギーを作るのに必要な栄養素。 「糖質を落としすぎ」ると、身体を壊しかねません。

どんなダイエットも、やりすぎには注意です。

 

おなか回りダイエットを、ぜひ成功させましょう!

 

 

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 内臓脂肪を減らす低糖質食品とは?
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年2月2日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:内臓脂肪を減らす方法 話題のダイエット 食事でダイエット

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ