内臓脂肪を減らす低糖質食品とは?

お腹まわりの脂肪を落とす方法を探している方、

低糖質ダイエット

はご存知ですか?

 

「おやじダイエット部の奇跡」などで一躍話題となったこの

「低糖質ダイエット(糖質制限ダイエット)」。

→おやじダイエット部に続け!糖質制限ダイエット

カロリーではなく、糖質の低い食品を選んで食べるダイエットの方法です。

 

糖質制限(低糖質)ダイエットの特徴は?

 
食べる量に制限がないため、脂っこいお肉なども食べられ、満足感も得られるので成功率が高い

のが特徴です。

お腹まわりの脂肪だけでなく、内臓脂肪もついてしまい、

糖尿病、高血圧などで悩んでいた中年の男性が続々ダイエットに成功したという夢のようなダイエット。

 

その低糖質ダイエットの理論はいたってシンプル。
 

糖質=体内でブドウ糖を作るもの

 
ですから、糖質を摂りすぎると、体内でエネルギーがたくさん作られてしまい、結果、脂肪を蓄えてしまいます。

 
糖質は、炭水化物を多く含む食品、つまりお米やいも類などに多く含まれています。
 
食べ過ぎのためにお腹まわりに脂肪がたくさんついてしまった人は、 本来ならバランスよく食事量を減らすのがベストですが、
 
たくさん食べないと満足できず、すぐにリバウンドしてしまいます。

 

そこで登場した低糖質ダイエット

 
これなら、「糖質の少ないもの」であれば、いくら食べてもかまわないのです。

 

このダイエット法で鍵となるのが
 

「低糖質食品」。

 
いかに糖質を制限するかが重要なので、低糖質食品を見極めることが大事です。

 

低糖質食品とは、どんなもの?

 
低糖質ダイエットでは、糖質の低いものを食べればよいということは分かりました。

ですが、低糖質食品とはどんなものなのでしょうか?

 

肉類

 
お肉はなんとなく、太りそうなイメージがありますが、体内ではほとんどブドウ糖を作らない低糖質食品です。

ただし、味付けには注意が必要です。
 
照り焼きや焼肉のたれには砂糖がたっぷり含まれており、ここで糖質をうっかり摂ることになってしまいます。

 

魚介類

 
魚もほとんどのものは低糖質食品ですので、安心して食べて大丈夫です。

ですが、かまぼこなどの練り物は、つなぎにでんぷんが入っており、

糖質が急に高くなるので注意が必要です。

 

 
卵も低糖質食品です。
 
ですが、砂糖を使った卵焼きや、目玉焼きにソースをたっぷりかけるなど、
 
味付けで糖質がアップしてしまうので味付けに注意です。

 

豆類

 
大豆、豆腐、厚揚げ、油揚げ、がんもどきなどが低糖質食品です。

 
えんどうマメ、ソラマメ、小豆などは糖質が高いです。

 

野菜類

 
ほうれん草、小松菜などの葉物野菜が低糖質食品となります。

大根、かぼちゃなどの根菜類は意外と糖質が高いので要注意です。

 

きのこ類

 
きのこ類は全体的に糖質が低いので、ほとんどのものは低糖質食品として食べて大丈夫です。

ただし、干ししいたけなどの乾物は糖質が高くなるのでNGです。

 

海藻類

 
海藻類も全体的に低糖質なので大丈夫です。

ただし、とろろ昆布は糖質高め。

それと味付け海苔は味付けで砂糖を使っており、糖質が高くなります。

 

乳製品

 
チーズなどの乳製品もおおむねOKです。加工乳などは糖質がアップするので避けましょう。

 

お酒類

 
お酒は、ブランデーや焼酎など「蒸留酒」を選んで飲めば問題ありません。

逆に日本酒などは糖質が高いのでおすすめできません。

 

低糖質パン、低糖質うどんなど、低糖質食品が登場!

 
大幅なダイエットが可能とされる低糖質ダイエットですが、

このダイエットは、一番満足を与えてくれる炭水化物、つまりご飯モノや麺モノが食べられないこと。

 

そんな悩みに応えるべく、最近では常識を覆す、

低糖質パン

低糖質うどん

が登場しています。

 

「おやじダイエット部の奇跡」でもありましたが、

小麦粉の代わりに小麦ふすまを使った低糖質パン。

 

以前はあまりおいしいものではなかったようですが、

最近のものは 味もおいしく、しかも低糖質なパンがインターネットなどで簡単に買えるようになりました。

 

また、魚のすり身を主原料にした「低糖質うどん」なるものも発売されています。

魚のプリプリ感が味わえて、食べ応えもあります。

 

お米には「こんにゃく米」を入れて炊く!

 
さすがに、ご飯風のものはまだ登場していませんが、

代わりに「お米のようなツブツブのこんにゃく」をご飯に混ぜて炊く
 

「こんにゃく米」

 
があります。

 

筆者も食べたことがありますが、こんにゃくの香りも味もまったく分かりません。

食べたら本当に普通のご飯です。 こういった工夫で、糖質を減らすこともできます。

 

低糖質ダイエットは大幅な減量ができるとして人気ですが、

糖質は身体のエネルギーを作るのに必要な栄養素。 「糖質を落としすぎ」ると、身体を壊しかねません。

どんなダイエットも、やりすぎには注意です。

 

おなか回りダイエットを、ぜひ成功させましょう!

 

 

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

タグ

2013年2月2日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:内臓脂肪を減らす方法 話題のダイエット 食事でダイエット

おやじダイエット部に続け!糖質制限ダイエットで内臓脂肪を落とす!

題名のインパクトがすごくて、思わず平積みの本の前で立ち止まってしまいました。

「おやじダイエット部の奇跡」は「糖質制限ダイエット」の成功談を小説風にまとめた本です。

メタボだけにはとどまらず、糖尿病を発症してしまった著者(主人公)が
ダイエットに成功し、仲間を増やしていく物語です。

その痩せ方が半端じゃない。

半年で数十キロ落としているんです。

こんな驚異のダイエット法があったのか!?

メタボリック・シンドロームや生活習慣病が治る食事法なら
もちろん内臓脂肪を落とせる方法なはず。

お腹まわりの気になる人にも効果が大!

ということで、今回は糖質制限ダイエットについて紹介します。

糖質制限ダイエットとは、
食物に含まれる「糖質」をなるべく取らないダイエット

「糖質」さえ低ければ、カロリー制限がなく、お酒も脂っこいものも楽しめて
しかも満腹になるまで食べてもオッケー。

このダイエット、一番のメリットはストレスが少ないこと。

反対に少しきついのは、糖質の高い「ご飯など炭水化物類」を減らすこと。
ご飯好きには少し大変ですね。

◇糖質を減らすとなぜ痩せる?

では、糖質を減らすとなぜ痩せるのでしょうか??

そのメカニズムを説明しましょう。

この糖質制限ダイエットのキーワードは「インスリン」というホルモンです。

糖質は体内でブドウ糖に分解されます。

その際、血液中のブドウ糖を運ぶ役割としてインスリンというホルモンが分泌されます。

インスリンは、血液中のブドウ糖(血糖)をに筋肉や肝臓に送り込み、エネルギー源とする働きがあります。

つまり、インスリンが血中のブドウ糖を運んで「脂肪」として蓄えるのです。

糖質の多いものを食べる→体内でブドウ糖が増える→インスリンがたくさん分泌される→脂肪に変わりやすくなる

糖質制限ダイエットは
この逆をやれば良い、という考え方です。

糖質の多い食べ物を控え、たんぱく質や脂肪分を取ると、インスリンが分泌されにくく、体に脂肪が増えにくくなります。

また、たんぱく質を多く取ると満腹感も高く、エネルギー消費も増えるといわれています。

◇糖質の多い食品はどれ?

糖質の多い食品を避ければよいことは分かりました。

では、糖質の多い食品はどんな食べ物でしょうか?

1.炭水化物

まずは「ご飯、パン、麺類」などの炭水化物です。

糖質制限ダイエットは「炭水化物抜きダイエット」といっても良いほどです。

まず炭水化物を制限すると、効果が出やすいようです。

2.いも類、豆類

いもや豆は欧米諸国では主食になる穀物です。

野菜とはいえ、糖質を多く含むものです。

3.糖質多めの野菜

他にも、糖質が多目の野菜があります。

れんこん、かぼちゃ、ゆり根など。

意外なのはトマトやにんじん。甘み=糖質となるようです。

4.果物

果物はヘルシーな食べ物ですが、糖質という観点から見るとNGフードです。

あまい果物は果糖という果物に含まれる糖分が多いので、要注意です。

5.糖質が多いお酒

糖質制限ダイエットでは、お酒もOKです。

ですが、糖質が多いものを避けるのが鉄則。

糖質を多く含むお酒はビール、日本酒などです。

ビールは最近「糖質オフ」をうたっているものがあるので
そういった商品を活用するのも良いですね。

6.甘いお菓子

もちろん砂糖をたくさん使った甘いお菓子は糖質もタップリです。

甘党には少し大変かもしれませんが、気分転換に食べる程度にしましょう。

◇糖質の少ない食品は?

では、糖質の少ない食品はどんなものでしょうか?

1.たんぱく質

大豆、肉、魚など

糖質制限ダイエットでは、大豆や肉、魚をたっぷり取ることを推奨しています。

特に主食の代わりに豆腐を摂るなど、良質なたんぱく質として大豆が良いとされています。

2.乳製品、油脂

ダイエットでは常にNGとされてきた乳製品や油脂も、糖質制限ダイエットでは禁止されていません。

とにかく「糖質オフ→インスリンを出さない」ということを目的としているので
乳製品や油脂はあまり制限しなくて大丈夫です。

3.野菜

「糖質の多い食品」でご紹介したとおり、ときどき糖質の多い野菜もありますが、
葉ものや通常の野菜はだいたい糖質が低く、たくさん食べても大丈夫です。

4.糖質の低いお酒

ワインや焼酎、ウイスキーなどは糖質が低いので飲んでも大丈夫です。

糖質の低いお酒と、糖質の低いおつまみを組み合わせての晩酌もできますので
ストレスは少ないですね。

◇注意点

炭水化物などに含まれる糖質を制限するダイエット法は、糖尿病治療などにも効果があるといわれ、現在人気のダイエット法です。

しかしながら、何でもやりすぎは禁物。

炭水化物は体を動かすエネルギーを作る源となりますので、
制限しすぎると体力低下にもつながります。

自分の体調と相談しながら「適度なダイエット」を心がけましょう。

※今回は糖質制限ダイエットを紹介しましたが、
「おやじダイエット部の奇跡」という書籍の内容に倣ったものではなく、独自で調べたものですので、本の内容とは違います。ご了承ください。

※糖質制限ダイエットは賛否両論あり、提唱者も「糖尿病患者」の治療のために開発したものですので
普通の人がやりすぎると健康を害する場合もあります。注意してください。

ブログ村に参加しています。
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ

にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

タグ

2012年10月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:内臓脂肪を減らす方法 食事でダイエット

このページの先頭へ