カロリーオフのお酒で腹を凹ます!!

お腹の脂肪を落として、お腹まわりのダイエットを成功させたい!

けれどもやっぱり仕事の後の一杯は辞めたくないですよね。

そんなお腹ダイエッターでも安心して飲める
最近は低カロリーの進化系アルコール飲料がたくさん売られています!!

その代表格となるのが、

「キリン ゼロ」や「アサヒ オフ」などのビアテイスト飲料。

正確には「ビール」ではないけれど、味はビールそのもの。

ビールよりもスッキリして飲みやすいものもあります。

◇カロリーゼロのビール??

最近は、「ゼロ」と名のつくビアテイスト飲料がたくさん売られていますが、
これはカロリーがゼロなのでしょうか??

残念ながら、アルコールが入っている飲料ではカロリーゼロは実現できません。
なぜなら、アルコール自体にカロリーがあるからです。

ビール系の飲料で「ゼロ」とうたわれているのは「糖質ゼロ」です。

私も以前「おやじダイエット部に続け!糖質制限ダイエットで内臓脂肪を落とす!」の記事で触れましたが、
最近よく耳にする「糖質制限ダイエット」の強い味方です。

体内でエネルギー(つまり脂肪)として蓄積されやすい、

つまり「太りやすい」糖質をゼロにしたビール風飲料です。

アルコール自体にカロリーがあるのでゼロまではいきませんが、
各社かなり低カロリーの商品が出ています。

ちなみに表記は100mlあたりの数値なので
350mlの場合は3.5倍にすることをお忘れなく。

ランキングにしようかと調べてみましたが、
サッポロとサントリーはあまりカロリーオフのアルコール飲料に力を入れておらず、
糖質ゼロのビール飲料を出しているのはキリンとアサヒのみでした。

◇19kcal!!超低カロリービール(風飲料)

1番低カロリーなのは、キリンの商品でした。

キリン 濃い味 糖質ゼロ 19Kcal/100ml

350ml缶で66.5Kcal 500ml缶で95kcal

普通のビールで350ml缶1本160kcal=ご飯一杯分、ですから、かなり少ないですね!!

 

 

リン ゼロ 生 糖質0 19kcal/100ml

350ml缶で66.5Kcal 500ml缶で95kcal

 

アサヒからも糖質ゼロビールが出ています。

アサヒ スタイルフリー 糖質ゼロ 24Kcal/100ml

350ml缶で84Kcal 500ml缶で120kcal

 

 

 

アサヒ ブルーラベル 糖質ゼロ 24Kcal

350ml缶で84Kcal 500ml缶で120kcal

 

ビールはメーカーにより味の特徴があり、もともと私はアサヒかサッポロ派ですので
糖質ゼロのブルーラベルを愛飲しています。

ですが、さらに低カロリーのキリンも試してみたくなりますね。

◇出た!カロリーゼロのアルコール「風」飲料!

アルコールフリーのビールが登場して、妊婦さんやドライバーなどがビール気分を味わえる時代になりましたね。

アルコールフリー界は、どんどん進化しています。

なんと「カロリーゼロ」!!

それが サントリー オールフリー。

 

糖質ゼロ、カロリーもゼロです!!

アルコールもゼロだから、ランチビール気分に飲んだり、休肝日にうってつけ。

いろいろ探してみましたが、ビール系の飲料ではカロリーゼロは今のところこれだけのようです。

さらに「カロリーゼロ」のカクテル風飲料も。

アサヒ ゼロカク カロリーゼロ アルコールゼロ 糖質ゼロ

 

内臓脂肪が気になる方も、お腹まわりの皮下脂肪が気になる方も、

カロリーオフのビールやアルコールフリー飲料で、楽しみながらダイエットができそうですね!

   にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ  にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

 

 

 

タグ

2012年11月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:食事でダイエット

「お酒は太らない」はウソ!

「お酒はエンプティ・カロリーだから、お酒だけでは太らない。
脂っこいおつまみが太る原因」

といわれていましたが、これは違います!

お酒には食欲増進作用があり、お酒を飲むとおつまみが進むのは事実ですが、

実は、お酒自体でも太ります!

もう一度いいます。

「お酒だけでも太る」んですよ!!!

以前は「お酒のカロリーはエンプティ(空の)カロリーだからいくら飲んでも太らない」などといわれていましたが、大きな間違いです!

エンプティ・カロリーと言われているのは

「カロリーがない」という意味ではなく

「カロリーはあるのに栄養がない」という意味なのです!!

解釈が違うだけで、意味が全く違ってしまいますね!

しかも、アルコールのエネルギー価は、体内に入ると1gあたり5kcalにもなり、たんぱく質や糖質の4kcalより多いのです。

ですから、お酒をたくさん飲むと、摂取カロリーばかりが増えてしまい、
肥満の原因になります。

もちろん、内臓脂肪もたっぷりとついていきます。

その結果・・・メタボリック・シンドロームまっしぐらです!!!

また、お酒を飲むと、胃や小腸から吸収された後、肝臓へ運ばれて酵素の働きによって水と二酸化炭素に分解されますが、あまり多い量を飲み続けると、肝臓内で中性脂肪が作り出され、脂肪肝のもとになります。

ちなみに、一日の適量はビール換算で中ビン1本程度(500ml)だそうです。

ビール1日500ml(中ビン1本)の人とビール1日1500ml(中ビン3本)の人とを比べると、
多く飲む人のほうがメタボリック・シンドロームのリスクが約2倍になります。

また、お酒が好きな人は休肝日を作ることも大切です。

1日3合以上飲む人は、休肝日がある人とない人では死亡リスクが1.8倍という統計も出ています

内臓脂肪を減らすお酒の飲み方は、別記事で解説していますので参考にしてくださいね。

内臓脂肪を減らすお酒の飲み方

お酒はうまくつきあえば、ストレス解消にも役立ちます。お酒は上手に飲みましょう!

ブログ村に参加してます!クリックお願いします♪
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ

ブログ村に参加してます!クリックお願いします♪
にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

タグ

2012年10月31日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ダイエット基礎知識 メタボリック・シンドローム

内臓脂肪を減らすお酒の飲み方!!

社会人の付き合いには欠かせないお酒。

お酒は「エンプティカロリーだから太らない」というのはもはや都市伝説レベル。

実際には、飲んだ分+高カロリーのおつまみで太ります。

お酒は「飲んだ分だけ太ります」

では、どのようにお酒と付き合えばよいのでしょうか??

内臓脂肪を減らして、お腹周りのダイエットを成功させる飲み方をお教えします!

①飲みすぎない!!!

お酒は飲めば飲むほど、気持ちがよくなって量が進んでしまいますよね。

「飲め飲め」と進められることもしばしば。

しかし!ここは意思を強く持って、お酒の量を減らしてみましょう。

ちなみに適量は、日本酒1合、ビール中ビン1本、ウイスキーダブル1杯、ワイン2杯程度。

これの合計ではなく、「このうちのどれか」です。

え!少ない!!!

と思いますよね?

でもこれが「内臓脂肪を減らす飲み方」です。

でも飲み会でこんな量で終わったらヒンシュクですよね。

なので、1週間トータルで考えましょう。

5日間の合計で、日本酒5合、ビール5本、ワイン10杯。

週に1度の飲み会なら、このくらいで何とかなりませんか??

②休肝日を作る!


毎日飲み続けることで、肝臓に負担がかかってしまいますし、酒量も増えてしまい、なかなか内臓脂肪が落ちません。

ですから、

「週に2日」は「休肝日」を作りましょう。

毎日の晩酌が楽しみな人にはきついかも知れませんが、
たとえば週に2日はゴルフの打ちっぱなしに行ったり、
ジムに通ったりして汗を流すことで、
気分転換をしてはどうでしょうか??

お酒の量も減って、運動もできて、
お腹周りの脂肪がみるみる減っていくでしょう。

もちろん、それに伴い内臓脂肪も減っていきます。

③食べながら飲む!!!

「食べながら飲んだら太るじゃないか!」

という声も聞こえてきそうですが、

食べずにアルコールだけ飲んでいると、アルコールの吸収が早くて酔うのも早くなります。そうすると最終的にアルコール量が増えてしまいます。

また「何を食べながら飲むか」も重要です。

お酒にはから揚げなど脂っこいおつまみが合いますが、
鍋物やサラダなど、満腹になりやすく、水分の多い食事と一緒に飲むと
満足度も高い上に、全体的なカロリーを減らせます。

夏場は刺身や冷奴など冷たくてのどごしの良いもの、冬場は鍋物で野菜も肉もバランスよく摂るなどして、内臓脂肪を減らし、お腹周りダイエットを成功させる飲み方を身に着けましょう!

④強いお酒は薄める!

ウイスキーや焼酎などは、アルコール度数も高くて酔いやすい飲み物です。

ストレートで飲んでしまうとどんどん進んでしまうので、薄めの水割りなどでゆっくり飲みましょう。

ただし、焼酎はジュースで割ったチューハイだとカロリーアップしてしまうので
水割りやお湯割りがオススメです。

タグ

2012年10月17日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:内臓脂肪を減らす方法 食事でダイエット

このページの先頭へ