血液がドロドロに!?ストレスがメタボへの第一歩!

あなたのストレスの元は何ですか?

職場の上司とうまくいかない?    

同僚とのモメごと?

奥さんとの不仲?

思ったように昇進しない?

給料が下がった??

現代はストレス社会。ストレスの元は数えきれないくらいあります。

しかし、ストレスもメタボリック・シンドロームの大きな原因となっています。

ストレス社会の現代、ストレス太りで肥満になる方も少なくありません。

このように、ストレスはメタボリック・シンドロームと密接な関係があります。

ストレスがメタボにつながる仕組み

まず、ストレスから起こる肥満が、メタボリック・シンドロームを引き起こします。

食欲中枢というのは、精神的な影響を受けやすいので、
ストレスからお腹もすいていないのにたくさん食べてしまったり、
「やけ食い」「やけ酒」「ストレス食い」
ストレスが原因の暴飲暴食で、肥満へ一直線です。

また、
イライラが溜まってタバコの本数が増えたり、
眠れなくなってしまい、不眠がちになるなど

負のスパイラルに陥ってしまいます。

こういった生活習慣の乱れが、メタボリック・シンドロームに直結する要因になってしまいます。

また、ストレスは「血液ドロドロ」の原因にもなります。

過剰なストレスがかかると、脳から体を守るホルモンが分泌されます。

その結果、脂肪細胞に蓄えられていた中性脂肪が分解されて、血液中に溶け出します。

結果、血中コレステロール濃度が上がり、「血液ドロドロ」状態になってしまうのです。

これは高血圧や脂質異常など、メタボリック・シンドロームの要因になってしまいます。

ストレスの感じ方は個人差がありますが、いずれにせよ、早めに対処することが必要です!

以前、健康体操を教わった先生に、ストレス解消法のキーワードを教わりました。

分かりやすくて、記憶に残っていますので皆さんも参考にしてみてください。

STRESS解消法

S:スポーツ

適度な運動が、ストレス解消に一役買ってくれます。

確かに鬱々とした気分のときに

汗を流すとなんだかさっぱりしますよね!

T:トラベル(旅行)

都会生活で疲れた身体をゆっくり休めるため、たまには旅行もいいですね。

温泉もよし、大自然の中で森林浴もよし。

R:レスト(休息)

がんばりすぎは不健康の元。疲れたなと感じたら、体を休めてリラックスすることが大切ですよ。

E:イート(食べる)

楽しい食事はストレス解消になります!バランスのよい食事を、

気の置けない友達と楽しく食べましょう!

S:スリープ(眠る)

良質な眠りはストレス解消はもちろん、健康づくりにとっても大事。

S:スピーク(話す)

悩みは1人で抱え込まずに、信頼できる人に相談しよう。会社が設置しているカウンセラーや、市や区がやっている相談窓口などを有効活用して、ストレスを溜め込まないようにしましょう!

いかがでしたか?

上手にストレスを解消して、メタボとさよならしましょう!

    にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ    にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

 

 

タグ

2012年11月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:メタボリック・シンドローム 内臓脂肪を減らす方法

運動不足は諸悪の根源?メタボを起こすメカニズム

健康を維持するために、適度な運動が必要なのはよく知られていますが、
運動不足は、メタボにつながるさまざまな要因を引き起こします。

車を使った通勤だったり、パソコンを使って机に向かったままの作業など、
運動量が少ない生活スタイルの場合、
慢性的な運動不足になっている方も多いと思います。

運動不足→基礎代謝低下

運動不足になると、消費エネルギーが低下して基礎代謝(普通に生活しているだけで消費する必須カロリー)が下がり、やせにくい身体になってしまいます。

また、コレステロール値や中性脂肪値が高くなり、肥満につながります。

また、肥満になってしまうと、体が重くてさらに運動が億劫になるという
負のスパイラルに陥ってしまい、さらに肥満を加速させることになってしまいます。

また、運動不足によって、悪玉コレステロールが増え、血流が悪くなって高血圧を起こすこともあります。

運動不足→ストレス蓄積

意外と、知らない方が多いかもしれませんが、

慢性的な運動不足は、ストレスの原因になります。

「仕事で疲れているだけ」「仕事が思うように進まないからイライラしているだけ」

など、日常生活での不満が積もってストレスになると思いがちですが、

実はこれは、運動不足から来ているかも知れません。

体を使わず、デスクワークばかりの仕事をしていると、
脳ばかり疲労して、体は全く疲れていないというアンバランスな状態になります。

運動不足→寝つきが悪い、寝不足

このように、脳だけ疲れて体は運動不足というアンバランスな状態で帰宅すると、疲れているのに眠れない、寝つきが悪い、眠りが浅い、など
睡眠の質が低下します。

睡眠不足になると、体もだるくなり、慢性的な疲労感を感じるようになります。

こうなってくると、ストレスにも弱くなり、イライラしやすくなります。

「私は疲れているのにあの上司はひどい」

とか、

「疲れていて仕事がはかどらない」

など、ストレスの原因にもなってしまいます。

ストレスや運動不足→食生活の乱れ

体もだるいし、ストレスもある・・・こうなってくると、食事にも影響が出てきます。

なんとなく自炊も面倒になり、コンビニ弁当で済ませる・・・など
慢性的な栄養不足になると、

肥満・ストレス・不眠、だるさ、などさまざまな不調が出てきます。

こうなってしまうと、なかなか改善するのが難しくなってしまいます。

運動不足が、さまざまな不調を生み出して、

ついにはメタボリック・シンドロームの原因になってしまうのです。

 

日ごろから、適切な運動を心がけるのが、メタボを遠ざけ、

ストレス解消するのに最も良い方法です。

タグ

2012年11月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:メタボリック・シンドローム 内臓脂肪を減らす方法

このページの先頭へ