BMIとは?計算式は?モデルのBMIは?

メタボリック・シンドロームの診断基準でも使われる

「BMI」

これはいったい、何のことでしょうか?

 

BMIとは、

「Body Math Index」(ボディ・マス・インデックス:肥満指数)

の略で、

肥満の程度を知るための指数です。

 

1999年に日本肥満学会による肥満の判定と肥満症の診断の目安として作られた基準です。

 

BMIの計算式は?

BMI指数=体重(kg) ÷ {身長(m) X 身長(m)}

 

BMI値の判定基準は、以下のとおりです。

18.5未満 やせ

18.5以上25未満 標準

25以上30未満 肥満

30以上 高度肥満

BMI値の理想値は?

では、BMIの標準値はいくつなのでしょうか?

 

統計的に、高血圧、高脂血症、肝障害、などの有病率が最も低くなるのが、

男女ともにBMI値が22のときになります。

 

このことから、BMIの理想値、つまり

標準値は22

とされています。

 

自分の理想体重=標準体重は?

そこでBMI=22となる体重を理想としたのが標準体重です。

標準体重=22×身長×身長(m)

 

モデルのBMI値は?

BMIの計算方法や、標準値は分かったけれど、

いったいスレンダーボディのモデルさんたち、

BMIの値はいったいどれくらいなのか興味がありますよね。

 

モデルのBMI値の理想は、一般的に「18」程度といわれています。

標準のBMI値が22ということを考えると、かなり低い数値です。

 

モデルに憧れて、モデルのようなBMIを目指すのもよいですが

痩せすぎや無理なダイエットは健康を損なう恐れもあります。

 

自分の体調にあったダイエットを行いましょう。

 

メタボリックシンドロームの診断基準におけるBMI値は?

メタボリック・シンドロームの健診(メタボ健診)では、

腹囲のみではなく、BMI値でもメタボかどうかを診断します。

 

メタボ診断では、

BMI値25以上を基準

とし、

あわせて腹囲の測定も行います。

男性は85センチ以上
女性は90センチ以上

で、メタボ診断基準に引っかかります。

 

詳しくは、以前の記事

→メタボリックシンドロームの診断基準は?

 

をご覧ください。

 

 

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ


人気ブログランキングへ

タグ

2013年2月4日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ダイエット基礎知識 メタボリック・シンドローム

メタボに効く食材:納豆

内臓脂肪が溜まってお腹まわりが気になっているあなた、

メタボリック・シンドローム対策は大丈夫ですか?

 

今回は、内臓脂肪が気になるメタボリック気味の方に嬉しい

「メタボに効く食材」についてです。

今回は低カロリーで栄養価の高い「納豆」です!

 

メタボに納豆が効く!!

大豆を納豆菌で発酵させただけのシンプルな食品ながら、

昔から健康によいとして親しまれてきた

「納豆」。

この「納豆」、実はメタボ解消にも最適な食材なのです!!!

 

納豆がメタボに効くワケ

では、納豆のどの成分がメタボに効くのでしょうか?

  • ナットウキナーゼで血液サラサラ
  • 血圧を下げる!
  • 整腸作用
  • 悪玉コレステロールを減らす
  • ビタミンKが血管を健康に!
  • リノール酸で抗酸化!

 

ナットウキナーゼが血液をサラサラに!

納豆に含まれる「ナットウキナーゼ」は、強力な血液サラサラ効果を持つ

酵素です。

このナットウキナーゼは、納豆のネバネバに含まれているため、

納豆をよーーーく混ぜてから食べるのが

ナットウキナーゼを効果的に摂るコツです。

 

血圧を下げる!

納豆の中には、血圧を上昇させる働きのある

アンギオテンシンの働きを阻害する働きがあります。

 

その結果、血圧を下げる効果

があるとされています。

 

整腸作用

納豆菌には整腸作用があり、腸内環境を整えてくれます

ダイエットには便秘が大敵。腸内環境も整えてくれる納豆はとてもありがたい存在です。

 

悪玉コレステロールを減らす!

納豆に含まれる大豆レシチンには、動脈硬化を抑える効果

もあります。

過剰な悪玉コレステロールを減らしてくれるため、結果的に動脈硬化を予防することができます。

 

ビタミンKが血管を修復!

また、ビタミンKには傷ついた血管を修復する

作用があるため、

これも動脈硬化を防ぐのに役立ってくれます。

 

リノール酸で抗酸化!

リノール酸は必須脂肪酸ですが、体内で合成できないので、

食品から摂らなくてはなりません。

リノール酸には血中コレステロール値を下げる

効果や動脈硬化防止作用があります。

 

1日に食べる量は?

こんなに素晴らしい栄養がある納豆ですが、

1日にどのくらい食べればよいのでしょうか?

 

納豆の栄養効果を充分に得るには 1日50g程度がよいとされています。

 

これは、納豆1パックの量とほぼ同じですので

1日1パックを目安

に食べると良いということになります。

 

1パックなら、無理なく取り入れられますね!!

 

いろいろ混ぜて食べてみよう!

温かいご飯とも相性抜群の納豆。

でも毎日同じでは少し飽きてしまうかも?

こんな食材と相性がよいので、混ぜて食べてみると飽きずに食べられます。

 

めかぶ納豆

めかぶに含まれるヨウ素が代謝を活発にし、フコイダンが免疫機能を活性化させてくれます。

納豆との相性も抜群、カロリーも低くオススメです!

 

山芋納豆

ダイエット効果抜群の山芋とあわせてもおいしいです。

ダイエットに効く食材:山芋

 

キムチ納豆

発酵食品同士の組み合わせも相性がよいです。

キムチには代謝を活発にし脂肪を燃焼させる

「カプサイシン」が含まれています。

身近で手軽な納豆をメタボ解消に役立てましょう!

 

 

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

タグ

2013年1月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:メタボに効く食品 内臓脂肪を減らす方法

メタボに効く食材:豆腐

最近、お腹まわりが気になっているあなた、

もしかしたら内臓脂肪が溜まっている

のかも知れません。

 

内臓脂肪が溜まったまま放置すると、

メタボリック・シンドローム

となり

何も対策をしないと重大な病気のリスクがあります。

 

メタボリック・シンドローム解消には、

適切な食事と適度な運動などが必要ですが、

 

今回はメタボ対策するにあたり、

メタボ解消におすすめの食材をご紹介したいと思います。

 

その食材とは

豆腐

です。

 

豆腐といえば、女性のダイエットに効果的ということで一時大流行しましたね。

 

日本に昔から伝わる食材で、

高たんぱく・低カロリーのヘルシー食品の代表です。

 

では、この豆腐がなぜ

メタボリック・シンドローム解消に役立つのでしょうか?

 

豆腐の主な成分と働き

それにはまず、豆腐の主な成分と働きを知ることが必要です。

豆腐の主な成分

  • 大豆たんぱく質
  • サポニン
  • カリウム
  • レシチン
  • 脂質
  • オリゴ糖
  • ビタミンB、E
  • イソフラボン

 

こんなにたくさんの栄養素が含まれているのですね。
では、それぞれの働きを見てみましょう。

大豆たんぱく質

大豆たんぱく質には、コレステロールや中性脂肪の値を下げる作用

があります。

また、この大豆たんぱくには

人間の体内では合成できない必須アミノ酸9種がすべて含まれています。

 

サポニン

抗酸化作用が強いサポニンは、老化を促進させる活性酸素のはたらきを抑えます。

また、血圧の上昇や動脈硬化を防ぎます。

 

カリウム

ナトリウム(塩分)を排泄し、血圧を下げる

働きがあります。

腎臓での老廃物の排泄を促す作用もあります。

 

レシチン

新陳代謝に欠かせない物質です。

レシチンはコレステロールを溶かして血栓や動脈硬化を予防

します。

 

脂質

大豆の脂質の約85%は不飽和脂肪酸で、

なかでもリノール酸とリノレン酸は、血中コレステロールを下げてくれます。

 

オリゴ糖

大腸の中で善玉菌を増やしてくれる働き

があります。

善玉菌が増えると、大腸菌など悪玉菌が増えるのを抑えてくれるため、免疫力が高まります。

 

ビタミン

糖質をエネルギーに変えるビタミンB1、

動脈硬化を防ぐ

ビタミンB2、

血行促進の作用があるビタミンEなどが含まれています。

 

イソフラボン

女性ホルモンと似た働きがあり、

骨粗しょう症や前立腺がんの発症を抑える働きがあります。

 

豆腐はヘルシー食品だと知っている方は多いと思いますが

こんなにすごい作用があるとは驚きなのではないでしょうか?

 

コレステロールや中性脂肪、血圧を下げてくれ

動脈硬化を防いでくれる豆腐は、

女性だけでなくメタボリック・シンドロームの救世主でもあるのですね!

 

 

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

タグ

2013年1月14日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:メタボに効く食品

冬野菜でダイエット:ほうれん草

前回までお腹ダイエッターが太りやすい冬を乗り切れるよう、

冬のダイエット食材をご紹介してきました。

 

さて今回は、メタボリック・シンドローム解消に役立つ

冬の食材をご紹介します。

 

メタボに効く冬の食材とは・・・

ほうれん草

です。

 

年中手に入りますが、旬は冬。

旬のほうれん草は緑の色が濃く、甘く、おいしくなります。

もちろんその分、栄養価も高くなります。

 

冬のほうれん草は、夏に比べてなんと約3倍のビタミンCが含まれています。

 

やはりほうれん草は冬に食べるのがベストですね。

 

では、このほうれん草が持っているダイエットに効く成分とは何でしょうか?

 

ほうれん草の主な成分

  • β(ベータ)カロチン
  • カリウム
  • ビタミンC
  • 葉酸
  • 鉄分
  • です。

    β(ベータ)カロチン

    β(ベータ)カロチンは、抗酸化作用があり、活性酸素の働きを抑制し、

    ガンの予防にも効果があるといわれています。

     

    カリウム

    カリウムには、体内に溜まった塩分を排泄し、高血圧を予防してくれる効果があります。

     

    ビタミンC

    ビタミンCにも抗酸化作用があり、動脈硬化を防いでくれます。

     

    葉酸

    葉酸には新陳代謝を活発にする作用があります。

     

    鉄分

    ほうれん草には鉄分がたっぷり含まれており、貧血防止や虚弱体質の人に有効です。

     

    どうやって食べる?

    一番簡単なのはおひたしですが

    ビタミンCは加熱すると失われがちなので、

    ゆでるときは短めに1分程度ゆでるのがおすすめです。

    サラダほうれん草であれば生でも食べられますが、
    やはり冬はしっかりとした根のほうれん草がおいしいですよね。

     

    おひたしの場合、薄味のだし汁にひたして食べると塩分が抑えられます。

     

    おひたしでも、いためても、シチューに入れてもおいしいほうれん草。

    おいしく食べて、メタボ改善できるなんて優秀な食材ですね。

     

    ダイエットに効く冬の食材も、メタボ解消に役立ちますのでご一読をおすすめします!

     

    ダイエットに効く食材:白菜

    ダイエットに効く食材:大根

    ダイエットに効く食材:みかん

    ダイエットに効く食材:かぶ

     

    ブログランキングに参加しています。
    にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

    タグ

    2013年1月13日 | コメントは受け付けていません。 |

    カテゴリー:メタボに効く食品 内臓脂肪を減らす方法

    ダイエットに効く食材:みかん

    白菜、大根と冬の食材がダイエットに有効なことをご紹介してきましたが、

    ダイエットに効く食材:白菜

    ダイエットに効く食材:大根

     

    今回もまたまたダイエットに効く冬の食材をご紹介したいと思います。

    冬の果物といえば・・・そう

    「みかん」

    ですね。

     

    この「みかん」が

    ダイエットに効果的な成分

    が含まれているのです。

    さらに、メタボリック・シンドロームを解消させる効果もあるのです!

     

    これは内臓脂肪、皮下脂肪もどっちにも効きそうですね!

     

    みかんの栄養とは?

    みかんには栄養がたっぷり含まれていて、

    冬の健康を維持するのに大きな役割を果たしてくれます。

     

    さて、ではダイエットに効く栄養とは何でしょうか?
     

    • シネフリン
    • ビタミンC
    • ビタミンP

     

    シネフリン

    一時期「みかんダイエット」として話題になった成分です。

    この「シネフリン」は、

    脂肪燃焼効果を高め

    脂肪を分解するリパーゼを活性化

    させます。

    この効果を利用したのが「みかんダイエット」なのですね。

     

    ちなみにこの「シネフリン」、青みかんに特に多く含まれるそうですが、

    温州みかん特有の成分なのでオレンジ色のものでも含まれています。

    逆にオレンジなどにはほとんど含まれていません。

     

    また、このシネフリンは花粉症や鼻炎などのアレルギー症状にも効果があります。

     

    ビタミンC

    ミカンといえばビタミンC。

    風邪を引きやすい冬を乗り切る風邪予防のための最高のデザートです。

    みかん2個で大人の1日分の必要ビタミンCが取れるほど豊富に含まれています。

     

    しかもビタミンCには抗酸化作用があるため、

    血管を強くして、善玉コレステロールを増加させてくれます。

    そうすることで血液の循環をよくなり、結果的に

    動脈硬化を予防

    するので、

    メタボ気味の方にも特にオススメの食材です。

     

    ビタミンP

    ビタミンPは「ビタミン様物質」と呼ばれるもので、

    ヘスペリジン、ルチン、エリオシトリンなどの総称です。

     

    これらビタミンPのうち、みかん由来のポリフェノールが

    「ヘスペリジン」

    です。

     

    ヘスペリジンは柑橘類に多く含まれており、健康維持のための重要な栄養素です。

    • 毛細血管の強化
    • 血中コレステロール値の改善効果
    • 血流改善効果
    • 抗アレルギー作用
    • 発ガン抑制作用

     

    などがあるといわれています。

     

    またヘスペリジンは、

    みかんの皮や袋、スジに多く

    含まれています。

    皮はそのままでは食べれませんが、

    袋やスジは実と一緒に食べた方が ヘスペリジンをたくさん摂取することができます。

     

    脂肪燃焼効果、コレステロール値の改善や動脈硬化の予防に加え、

    風邪を予防してくれるなんて、すごい食材ですね!

     

    お腹まわりの気になるあなたは、今日からデザートをみかんにしてみましょう!

    でも、食べすぎは禁物ですよ。

     

     

    ブログランキングに参加しています。
    にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

    タグ

    2013年1月10日 | コメントは受け付けていません。 |

    カテゴリー:メタボに効く食品 食事でダイエット

    このページの先頭へ