【まとめ】内臓脂肪レベル(内臓脂肪率)、体脂肪率、BMIとは?

メタボリックシンドローム(メタボ)の第一の原因は、

「内臓脂肪」

ですが

 

この「内臓脂肪」、

困るのが「目に見えない」

こと。

 

皮下脂肪であれば、お腹の脂肪をつかめば、

どの程度の脂肪があるか分かるのですが、

内臓脂肪となると、とにかく自覚しづらいですよね。

 

最近では、ありがたいことに家庭用の体重計でも

内臓脂肪をはじめとする体内脂肪が計れる体重計があります。

 

内臓脂肪レベル(内臓脂肪率)とは?

さて、では、

内臓脂肪レベル(内臓脂肪率)

とはいったい何でしょうか?

 

内臓脂肪レベルの標準値、平均値は?

では、内臓脂肪レベルの標準値は、どのくらいなのでしょうか。

 

内臓脂肪レベルの値は、公に発表されているわけではないのですが、

体組成計を作っている各社が

多くのサンプルデータを元に 目安を設定しています。

 

 

 

体脂肪率の標準値は?

おなかの脂肪が気になり、

お腹回りの皮下脂肪を減らす方法を考えている人は、

まずは自分のお腹の脂肪がどれだけあるかを知ることが大事です。

 

その指標となるのが「体脂肪率」です。

 

 

 

 

体脂肪率の平均値は?

 

お腹回りの脂肪を減らす努力をしている人にとって、

体脂肪率   を測ることは自分の現在の状態を知ることにも、

またダイエットの励みにもなり、とても有効なことです。

 

さて、では体脂肪率の平均値はどのくらいなのでしょうか?

 

BMIとは?計算式は?モデルのBMIは?

メタボリック・シンドロームの診断基準でも使われる

「BMI」

これはいったい、何のことでしょうか?

 

BMIとは、
「Body Math Index」(ボディ・マス・インデックス:肥満指数) の略で、

肥満の程度を知るための指数です。

BMIの計算式は、次のようになっています。

 

 

 

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

タグ

2013年4月6日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ダイエット基礎知識

内臓脂肪レベルの標準値、平均値は?

体重計の進化で、体内の体脂肪率や、内臓脂肪率(内臓脂肪レベル)、

さらには骨密度や身体年齢まで測れるようになりました。

 

お腹回りのサイズがアップしたなと思いながらも

お腹の皮下脂肪のように手でつかむわけにもいかず、
目に見えないのでスルーしがちな内臓脂肪が、

内臓脂肪率(内臓脂肪レベル)

としてはっきり数値に出るので、
メタボリックシンドローム(メタボ)が気になる方の

健康管理には非常にありがたいツールです。

 

さて、

内臓脂肪レベル(内臓脂肪率)

については

以前の記事でご紹介しましたが、

→内臓脂肪レベル(内臓脂肪率)とは?

 

今回は
「内臓脂肪レベル(内臓脂肪率)」の標準値、平均値についてお話したいと思います。

 

内臓脂肪率は、目に見えない上に
まだ定着していないため、標準値がどれくらいか
平均値はどの程度なのかが気になりますよね。

 

内臓脂肪レベルの「標準値」は?

では、

内臓脂肪レベルの標準値

は、どのくらいなのでしょうか。

体組成計の大手、タニタ、オムロンでは、
内臓脂肪レベルを以下のように判定しています。

9以下 標準 今のところ心配なし、健康的な生活を維持しましょう
10~14 やや過剰 適度な運動を心がけて、カロリー制限を行い、内臓脂肪を減らしていきましょう
15以上y 過剰 積極的な運動や食事制限による減量が必要

 

※医学的には腹部X線による実測値で100cm2(平方センチメートル)を超えると

危険とされているため、10レベル以上を「標準より上」と定めているそうです。

 

内臓脂肪レベルは、一回計って大丈夫だから満足して終わりではなく、
日々の健康管理のバロメーターとして継続して計測していくことが大事です。

 

内臓脂肪レベル(内臓脂肪率)の平均値は?

では、内臓脂肪レベルの平均値はどのくらいなのでしょうか?

まだなじみのないものですので、平均値は知りたいところですよね。

 

内臓脂肪レベルの平均値

は性別や年齢によって変わってきます。

まずは、男性の場合です。

20代:内臓脂肪レベル6
30代:内臓脂肪レベル8
40代:内臓脂肪レベル9
50代:内臓脂肪レベル10
60~:内臓脂肪レベル12

それに対して女性の場合には、以下の通りです。

20代:内臓脂肪レベル3。
30代:内臓脂肪レベル5。
40代:内臓脂肪レベル4。
50代:内臓脂肪レベル7。
60代以上 内臓脂肪レベル6.5。

男性は、年齢があがるにつれて平均値もあがっていますが、

女性は増えたり減ったりしていますね。

 

やはり男性のほうが内臓脂肪がつきやすい体質なのですね。

 

内臓脂肪率(内臓脂肪レベル)

は、

タニタやオムロンなどから出ている体組成計で測ることができますが、

 

ウエストを測ることでも、ある程度の目安を測ることができます。

メタボリックシンドローム(メタボ)の基準では、ウエストが男性なら85センチ

女性なら90センチ以上ある人は要注意となっています。

内臓脂肪を減らすように心がけましょう。

 

★関連記事

内臓脂肪レベル(内臓脂肪率)とは?

 

 

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

タグ

2013年1月27日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:メタボリック・シンドローム 内臓脂肪を減らす方法

内臓脂肪レベル(内臓脂肪率)とは?

メタボリックシンドローム(メタボ)の第一の原因、

「内臓脂肪」ですが

この「内臓脂肪」、

困るのが「目に見えない」

こと。

 

皮下脂肪であれば、お腹の脂肪をつかめば、

どの程度の脂肪があるか分かるのですが、

内臓脂肪となると、とにかく自覚しづらいですよね。

 

最近では、ありがたいことに家庭用の体重計でも

内臓脂肪をはじめとする体内脂肪が計れる体重計があります。

 

社員食堂のレシピが有名な「タニタ」や

体温計など健康機器のメーカー「オムロン」などから、

内臓脂肪率(内臓脂肪レベル)

が量れるすごい体重計が出ています。

 

体重計ではなく「体組成計」と売られているものであれば、

内臓脂肪率

が量れるものがほとんどです。

 

内臓脂肪レベル(内臓脂肪率)とは?

さて、では、

内臓脂肪レベル(内臓脂肪率)

とはいったい何でしょうか?

多くの方は、「内臓脂肪の量」が測れたところで

「それが多いか?少ないか?」を判断するのは難しいのではないでしょうか。

内臓脂肪は面積で表します。ですが100平方センチメートル、と聞いた所で、

「自分は標準的なのか?平均はどのくらい?」

と思いますよね。

そうなると、それなりの「指標」

が必要となってきます。

 

タニタやオムロンなど体重計のメーカーでは、

健康に関するさまざまなデータを研究しているので、

独自のデータから割り出した基準を

「内臓脂肪レベル(内臓脂肪率)」

として

私たちにも分かりやすく

「自分の内臓脂肪が、平均と比べてどのくらいか?」
「自分の内臓脂肪が、標準値以下か以上か?」

と、教えてくれ、 メタボ危険度のバロメーターとなってくれるのです。

 

ですから、体重計のメーカーによって多少基準の数値が変わってくることがありますが、

どれも実際のデータから割り出したものですから、大きな差が出ることはありません。

 

「内臓脂肪レベル」はどうやって測る?

自分の内臓脂肪の量を量ってくれ、しかもそれが標準的かどうか分かる

「内臓脂肪レベル」(内臓脂肪率)

ですが、

どうやったら内臓脂肪レベルを知ることができるでしょうか?

 

基本的には

「内臓脂肪レベルが量れる体組成計」に乗るだけ

です。

 

体組成計は「身体の構造を計ってくれる」ので

内臓脂肪レベルはもちろんですが、

体脂肪率、骨格筋率、基礎代謝、体年齢などさまざまなことが分かります。

内臓脂肪レベル(内臓脂肪率)を測るには、2通りの方法があります。

 

1.自宅で体組成計を購入する

だいたい量販店で3000円程度からあります。

内臓脂肪レベル(内臓脂肪率)

が量れるものは

大手の「タニタ」や「オムロン」のものが おすすめです。

 

自宅で購入するとなると、コストの面が気になりますが

日々、いつでも計れて、内臓脂肪率の変化が見られます。

あまり高価でななく、ほかにも体脂肪率や基礎代謝なども見られるので

ひとつ持っておくとよいと思います。

 

お店やネットで買う際には、「内臓脂肪レベル」

が計れるかどうかの確認をしてくださいね。

 

2.内臓脂肪レベルが計れる場所に行く

スポーツセンターやフィットネスクラブなどには、

体組成計が置いてあります。

もし会員になっていたり、定期的に通う場所に体組成計がある場合は、

そういった場所で

内臓脂肪レベル(内臓脂肪率)

を測るのもよいでしょう。

 

いずれにせよ、定期的にチェックするのがポイントです。

 

 

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

タグ

2013年1月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:メタボリック・シンドローム 内臓脂肪を減らす方法

このページの先頭へ