【冬太り解消】飲み会で太らない方法2 つまみの選び方

年末年始特集、第2回目です。

前回は「飲み会で太らない方法1 お酒の選び方」をご紹介しました。
今回は

「おつまみの選び方」

です。

 

どうせ、カロリーの低いものを食べろっていうんでしょ?

いえいえ、そんなことはありません。

 

あまりにも寂しいおつまみは、逆にストレスになりかねません。

 

これからお話しする考え方なら、おつまみの選択肢も増えて、
ストレスなく「太らない飲み会」を楽しめます!

 

1.酵素を含むおつまみを最初に食べよう!

脂肪を分解してくれる「酵素」は、生の食材に多く含まれます。

居酒屋で、生の食材の代表格といえば・・・そう

「お刺身」

ですよね。  

さらにお刺身は、代謝を促進してくれる「たんぱく質」が豊富です。
まず最初に頼みたいおつまみですね。

生のものといえば、サラダもおすすめです。

また、酵素は、後から食べた食品を分解させてくれるので、
最初に食べるのがオススメ

です。

最初の一品はお刺身とサラダで決まりですね!

 

2.クエン酸で酸化油を中和!

やっぱり、おつまみに一品はほしい「揚げ物」。    

特に定番はやっぱり

「から揚げ」

ですね。

 

この揚げ物、高カロリーが気になるのはもちろんなのですが、
それよりも問題なのが、酸化した油をとる事。

 

コレステロール値や体脂肪を増やす原因になってしまいます。

 

そんなときには、酸化した油を中和してくれる

「クエン酸」

を一緒にとるのがオススメ。

 

から揚げにはレモンをたっぷりと絞りましょう!!

 

酢の物をオーダーするのもお勧め。

 

また、中華などでは酢を使った料理、たとえば酢豚を頼むのも賢い方法ですね。

 

3.納豆、キムチなど発酵食品を取り入れよう!

発酵食品ダイエットでもお話したとおり、   

発酵食品にはダイエット効果

があります。

 

居酒屋ならば「ぬか漬け」や「まぐろ納豆」「味噌でんがく」など

発酵食品を使ったおつまみがおすすめ。

 

最近では

塩麹

がブームになったので、

一部の居酒屋では塩麹メニューがあるかも知れませんね。

 

また、焼肉の宴会なら発酵食品のキムチを一緒にオーダーしましょう。

コチュジャンも発酵食品なので、タレと一緒につけて食べると効果アップです。

 

最初にサンチュやサラダなど、野菜を頼むのも忘れずに。

 賢く飲んで、太らずに新年を迎えましょう!

 

 年末年始特集!「飲み会で太らない方法」

 

 

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

タグ

2012年12月10日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:食事でダイエット

【冬太り解消】飲み会で太らない方法1 お酒の選び方

年末年始は、忘年会に新年会とお酒を飲む機会が増えますよね。

お腹まわりの脂肪が気になって、ダイエット中の方は、
ついついカロリーアップしてしまいつらい時期ですね。

しかし、上手な飲み会のこなし方をマスターすれば、
太らずにこの時期を乗り越えられるのです!!

これから3回にわたり、年末年始を太らずに乗り切る方法をお教えします。

今回は「お酒の選び方」についてです。

 

太りにくいお酒の選び方!

 

お酒にカロリーがあることは以前お話したとおりですが、
せっかくの飲み会、あまり気にしていては楽しく飲めないですよね。

 

そこで、お酒の飲む順番を変えたり、種類を選んだりすることで、

太りにくい飲み方」ができるんです。

 

さて、それでは楽しい飲み会の開始です!

 

1杯目は「とりあえずビール」でOK!

ビールは、カロリー、糖質ともに高めなのですが、 

ほかのお酒にはない特徴があります。

 

それは「炭酸」であること。

炭酸は胃を刺激して、胃酸を分泌させます。

 

そして、炭酸飲料を飲むと、お腹が膨れますよね。

満腹感を感じやすいので、おつまみの食べすぎも防げるのです。

 

「とりあえずビール」はひとまず安心して頼みましょう。

 

2杯目以降は何を頼む?

さて、とりあえずのビールで乾杯した後、2杯目からは何を頼みましょうか?

せっかくの飲み会、飲むのをやめろとは言いません。

ですが、なるべく「太りにくい」お酒を選ぶのが賢い方法です。

選択肢もかなり広がるので、ストレスも少ないですね!

太りにくいお酒リスト
赤ワイン
熱燗
焼酎お湯割り
生グレープフルーツサワー
生オレンジサワー
泡盛
ウイスキー
ブランデー
ラム
ジン
ウォッカ

この中から選びましょう!!

飲み放題メニュー、どれを選んでも大丈夫そうですね!!

では、これらのお酒は、なぜ太りにくいのでしょうか?

  • ポリフェノールが含まれているもの
  • 体を温めるもの
  • 酵素入りのもの
  • 蒸留酒

 

1.ポリフェノールが含まれているもの

赤ワインに含まれるポリフェノールは、       

メタボ予防に効果があることは以前お話しました。

(→コーヒーでメタボ予防!ポリフェノールの新効果

 

悪玉コレステロールを退治して、メタボを予防してくれるのでお勧めです。

 

2.体を温めるもの

熱燗やお湯割りは温かいので、体を温めます。体が暖まると、     
消化が促進されるので、太りにくくなるのです。

 

 
3.酵素入りのもの

生のグレープフルーツなど生の食べ物には「酵素」が含まれています。
酵素が消化の助けになってくれるので、太りにくくなります。

 
4.蒸留酒

泡盛や焼酎、ウイスキーやスピリッツ系はすべて「蒸留酒」です。
昔からいわれているとおり、

醸造酒よりも蒸留酒のほうがカロリーも糖質も低めで、
太りにくいといわれています。

 

ただし、ウォッカやジンなどスピリッツ系を使ったカクテルは、
かなり甘めのものもあるので要注意。

せっかくお酒でカロリーダウンしても、
混ぜるジュースなどでカロリーアップしてしまうこともあるので気をつけましょう。

 

一番ダイエット効果のあるお酒は何?

では、上記の中でベストチョイスは何でしょうか??

焼酎梅お湯割り

蒸留酒で、梅に酵素が含まれ、しかも体を温める

 

赤ホットワイン

 体を温め、ポリフェノールでメタボ予防

 

ホットウィスキー

蒸留酒で、なおかつ体を温める

 

もし、こだわりがなければ、このあたりが、一番おすすめといえそうです。

 

追加で「お水」を頼んでおこう!!

もうひとつ大事なのが、「お水」を飲みながらお酒を飲むこと。

お酒には利尿作用があるため、脱水症状を起こしやすく、

血液中のアルコール濃度が上がってしまいます。     

 

お水を飲みながらであれば、血液の循環もよくなり、

アルコールの代謝を早めてくれるので、

お酒を頼むときは「それとお水ひとつ」と頼むことも忘れずに。

 

なんとなく、頼みづらいという方は

自分でミネラルウォーターを持参するのもよいですね。

 

 

年末年始特集!「飲み会で太らない方法」

 

 

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

タグ

2012年12月9日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:食事でダイエット

このページの先頭へ