登山ダイエットの効果をアップする5つのポイント

ハーフマラソンよりも消費カロリーが多く、

リフレッシュ効果も高い登山ダイエット

 

休憩中も下山後も脂肪が燃え続けるので

予想以上のエネルギー消費され、 ダイエット効果は抜群です。

 

さて、この登山ダイエットを行う際に

大事なポイントをお教えします。

 

登山ダイエット5つのポイント

 

1.朝食には炭水化物を

 

登山に行く日の朝食は、きちんととりましょう。

 

登山は予想以上にカロリーを消費します。

 

特に登りはエネルギーを大量に使いますので

朝食できちんとエネルギーの元となる炭水化物を取っておかないと途中でバテてしまいます。

 

朝食のエネルギーは登山でしっかり消費されますから

しっかり食べて行きましょう。

 

腹持ちがよいので、やはりパンよりご飯がオススメです。

 

2.登山前後にはストレッチ

 

登山は、膝や太ももなどに負担がかかります。

 

ケガを避け、筋肉痛を和らげるためにも、

登山の前後にはしっかりストレッチをしましょう。

 

オススメのストレッチは

 

  • ・足首回し
  • ・膝の屈伸
  • ・アキレス腱伸ばし

です。

 

3.きちんと水分補給

 

登山中は、水分補給に注意しましょう。

暑い日などは、特に注意してこまめに水を補給することが大事です。

 

水分を取ることで、脱水症状を避けるのはもちろん、

血行をよくして、代謝をさらにアップすることができます。

 

4.自分にあったペースで行う

カロリー消費をあげようとして、

無理なペースで登るのはやめましょう。

 

歩くペースは、自分が心地よいペースでOKです。

 

じんわり汗をかく程度が最適です。

 

また、選ぶ登山コースも、

自分に合ったコースを選ぶようにしましょう。

 

始めから勾配のきつい上級者向けのコースにチャレンジするのは危険です。

 

5.おやつの食べ過ぎに注意

 

登山中は、カロリーを激しく消費するので、

簡単に栄養補給できるチョコレートやバナナなどがおやつに好まれます。

 

もちろん休憩中に少量を取るのはよいことですが、

食べすぎには注意しましょう。

 

少量でも高カロリーですので、うっかり食べ過ぎてしまうと

せっかくの登山ダイエットの効果が薄れてしまいます。

 

自然を楽しみながら、注意を守って、効果的な登山ダイエットをしましょう!
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

タグ

2013年4月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:話題のダイエット 運動でダイエット

登山ダイエットが効果的な5つの理由

登山は人気のスポーツのひとつですが、

実はダイエットにも最適だということを ご存知でしたか??

 

消費カロリーが高く、

しかも休憩中でも下山後でも カロリー消費がされるという

夢のような効果があるのです。

 

そんな、今注目の登山ダイエットのメリットをご紹介します!

 

登山ダイエットのやり方、効果をアップする方法コチラ
 
登山ダイエットがすごい理由はコチラ
 

登山ダイエット5つのメリット

では、登山ダイエットでは、どんな良いことがあるのでしょうか?

1.有酸素運動である!

 

登山は立派な有酸素運動です。

 

荷物を背負って、重力に逆らって高低差を登るため、

負荷もかなりかかります。

 

ですから、ゆっくり歩いたとしても、

普通のウォーキングでは考えられないほどの効果が発揮されるのです。

 

2.消費カロリーがすごい

 

登山は、ゆっくりと一歩一歩進んでいくイメージがあり、

カロリー消費量があまり多くないと思われがちです。

 

ですが、2~3キロの荷物を持ち、高低差のある場所を登るので

思った以上に消費カロリーが高いのです。

 

なんと、日帰りの登山でも、

だいたい、1500キロカロリーを消費するといわれています。

このカロリーは、なんとハーフマラソン以上!!

 

頂上を目指して登るので、

目標に向かって登るうちに 大量にカロリー消費しているのです。

 

3.休憩中も脂肪が燃える

 

登山では、ところどころで休憩も挟みますよね。

なんと、この休憩中でも脂肪が燃え続けています。

 

きつい山道を登ったため、乳酸などの代謝物が発生し、

それを処理するために、有酸素系のエネルギーが 大量に消費されているのです。

 

ダイエット的には一見、無駄かと思われる休憩中も

しっかり燃焼してくれているのですね。

 

4.下山後も脂肪が燃える

 

ハードながらも楽しい登山を終えて一息ついているときも、

なんと脂肪が燃え続けています。

 

登山のようなきつい運動をした後は、

最大24時間後までエネルギー消費が行われます。

 

ですから、登山が終わって温泉につかったり、

食事を楽しんでいるときにも

カロリーがバンバン消費されていることになります。

 

5.週1でも効果が抜群

 

登山ダイエットで、一見デメリットに思えるのが

毎日できないこと

ですよね。

 

ですが登山は、

毎日行わなくてもダイエット効果が出るのです。

 

ある実験で、40代~80代の男女が週に1時間、

登山と同レベルの運動を行った結果、

約3ヶ月で脂肪の量が激減するといったデータが出ています。

 

 

休憩中でも下山後でもカロリー消費され、

しかも週に1度で効果が出る。

 

森林浴効果でリフレッシュもでき、

ストレス解消にも最適な登山ダイエット。

 

週末の予定に入れてみてはいかがでしょうか?

 
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

タグ

2013年4月14日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:話題のダイエット 運動でダイエット

登山はダイエットに最適ってホント!?

最近、登山がブームですね。

男性のみならず、

「山ガール」なんていうカジュアルな呼び名も出てきて、

女性の間でも人気が上がっています。

趣味としての登山はとても良いものですし、

何と言っても登頂したときの爽快感といったらないですね。

そしてこの登山、なんとダイエット効果も抜群なのです!

お腹まわりの脂肪が気になる人にはうってつけの趣味ですよ!

・・・しかし。

ちょっとマユツバなあなた、言いたいことは分かります。

・登山なんて、毎日できる運動ではない!

・あんなにゆっくり歩いていて、やせるわけがない!

・休憩しながら登るのに、痩せないでしょう?

そうですね。登山とダイエットはあまりつながらないですよね。

しかし!登山はダイエットにベストな運動なのです!!

その理由をお教えしましょう。

◇登山がダイエットに良い3つの理由

1.高低差のある登山はカロリー消費がすごい!!

ウォーキングに比べたら亀のスピードで進む登山。

けれど、何と言っても登山には「高低差」がありますよね。

では75キロの30代男性が1時間登山をしたら、

どのくらいカロリーを消費するのでしょうか。

一般的な登山道ですと600キロカロリー程度消費します。

ウォーキングで同じくらいの時間歩くと、230Kcal程度しか消費しません。

 

さらに下山分のカロリーも考えると、さらにカロリー消費します。

2.休憩時にも脂肪が燃える!!!

登山のすごいところは、休憩中や登山の後にも脂肪が燃え続けること。

まずは休憩中の体内。

きつい山道に疲れてしまい、休憩を取っているけれど、

体の中は大忙しの状態になっています。

きつい運動で乳酸などの代謝物が発生し、それを処理しようと動いているのです。

そのときに使われるのが有酸素系のエネルギーです。

登山自体では糖質が燃える、いわば「きつい運動」、そして休憩中には「有酸素運動」をやっていることになり、一石二鳥の運動効果が得られるのです。

3.登山後まで脂肪が燃え続ける!

さて、それでは登山後。

きつい運動をすると、運動後も脂肪が燃え続けるという「EPOC効果(運動後過剰酸素消費)」という効果が現れます。

運動のハードさにもよりますが、運動後10時間以上は脂肪が燃え続けるとされています。

ということは、登山の後に「疲れた~」と横になっているときも、ゆっくりお風呂につかって疲れを癒しているときも、脂肪が燃え続けているということ。

これはダイエット効果抜群ですね!

早速仲間を集めて、登山に出かけてみましょう!

登頂した爽快感でストレスも解消!ダイエット効果も出てお腹まわりもすっきりします!

にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

タグ

2012年11月14日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:運動でダイエット

このページの先頭へ