効果抜群!スロージョギングの走り方!

お腹まわりの脂肪を落としたい方、
メタボ気味で内臓脂肪を減らす必要がある方に効果抜群の

スロージョギングの走り方について説明します!

スロージョギングの基本については以前の記事

ダイエット効果抜群!スロージョギングとは?

スロージョギングのココがすごい!

をご覧くださいね。

 

 

スロージョギングの走り方、ポイント

スロージョギングの効果をアップするポイントを説明します。

  • 速さはどのくらい?
  • フォームはジョギングと同じ?
  • 呼吸はどうする?
  • 着地の仕方がポイント!

 

速さはどのくらい?

まず「スロージョギング」で気になるのは、走るペース

ですよね。

「スロー」に走るとはいえ、いったいどのくらい遅く走ればよいのかいまいち分からないと思います。

 

スロージョギングでは

「歩く程度の速さ」

でジョギングします。

 

体の目安としては

「息が上がる一歩手前」

程度。

「遅く走る」と思うと、速すぎてしまい息が上がってしまうようです。

ですから 「歩くくらいの速さ」を意識しましょう。

 

呼吸はどうする?

ジョギングなどでは、鼻から吸って口から吐く呼吸法で走るべし、などの方法論があります。

ですが、スロージョギングをするときの呼吸は意識的に変えなくてOK。

普段どおりの呼吸で大丈夫

です。

友達とおしゃべりしながらでも、鼻歌を歌いながらでもOK。

逆に話す余裕がないくらいだと、ペースを上げすぎです。

あくまで「余裕がある呼吸」

をキープしていきましょう。

 

フォームはジョギングと同じ?

マラソンやランニングでは、フォームに気をつけることが大事です。

一般的にはあごを引いて走るフォームですが

スロージョギング

ではあごを軽く上げ、
視線は遠方を見るようにして

運動しましょう。

あごを多少あげたほうが、姿勢がよくなり、足も引き上げやすいのです。

 

ただし姿勢には注意。猫背や反り腰にならないよう、

頭からまっすぐ一本の柱になったイメージから、少しだけ前傾姿勢になった状態ではじめましょう。

 

着地の仕方がポイント!

もうひとつ大事なのが着地の仕方。

通常、ジョギングやランニングで走るときは、かかとから着地し

、指の付け根で勢いよく蹴りだすイメージですが、

スロージョギングではやってはいけません!

 

足の前~真ん中あたりでまっすぐ着地し、

地面を蹴るというより

「地面を押す」感覚

でスロージョギングを行います。

こうすることで、かかとやひざにかかる衝撃も少なく、疲れにくいのです。

 

 
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

タグ

2013年2月18日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:運動でダイエット

スロージョギングのココがすごい!

前回は、体力がなくても続けられ、しかもウォーキングよりも効果が倍増するという

「スロージョギング」

がどんなものかについてお話しました。

→前回の記事「ダイエット効果抜群!スロージョギングとは?」

 

スロージョギングの走り方はコチラ

 

お腹まわりの脂肪を落としたい方、

メタボ気味で内臓脂肪を減らす必要がある方、

ダイエットしなければと思って、 ジョギングやマラソン、ランニングを張り切って始めてみても

体力がついてこないので疲れてしまい、 続かない原因となってしまいます。

 

運動ダイエットは、とにかく「続ける」のが難しいですよね。

 

しかし、スロージョギングならば

「体力ゼロ」からでもはじめられる

ので 続けやすいのです!

 

スロージョギングのメリットは、

→前回の記事「ダイエット効果抜群!スロージョギングとは?」

をご覧くださいね。

 

今回は、スロージョギングに興味はあるけれど、

本当に効果はあるのか? なんで疲れないのか?

など、まだ疑問が残る方も多いと思います。

 

今回はそんなスロージョギングについて さらに詳しくご紹介します。

 

どのくらいの時間やればよいの?

運動ダイエットでもうひとつ気になるのが、

どのくらいやればダイエット効果が出るかということ。

 

忙しい毎日の中で運動の時間をとるのはなかなか大変ですよね。

スロージョギングは、

週に180分程度

行うのが理想とされています。

1週間毎日やるとすると、

1日約25分

これくらいなら、なんとかできそうではないでしょうか?

 

しかも、まとまった時間はとらなくてもOK。

昔は20分以上続けて運動しないと脂肪が燃焼しないと 言われていましたが、

最近の研究で 小刻みに少しずつ運動しても、

脂肪燃焼効果はあまり変わらないといわれています。

 

ですから、 朝10分、夜20分の計30分のメニューでもよいですし、

朝や帰宅後に時間が取れないのであれば、

出勤と帰宅時の駅まで10分ずつをスロージョギングにしてみる、

会社のランチタイムに定食屋さんまでスロージョギングする

などでもOKです。

そして、1分、2分でもやったら、その時間もカウントしてOKです。

これなら続けられそうですよね。

 

なぜ疲れないの?

スロージョギングの大きなポイントは

「疲れない」

ことです。

ジョギング、ランニングははじめは張り切っていても、すぐに息があがって疲れてしまい、

その後何日も筋肉痛に悩まされるなどで続かないことが多いのです。

 

ですがスロージョギングは「疲れない」。それはなぜでしょう?

 

スロージョギングは「遅筋」を使う!

一般的に、ジョギングやランニングで使う筋肉は

「速筋」

という筋肉を使います。

すばやく収縮できるので、瞬発力を引き出すときに使われます。

また、筋トレなど無酸素運動のときにも使われます。

この筋肉を使うと「乳酸」という、疲れの素となる物質が分泌されるため、疲れてしまうのです。

 

一方、スロージョギングで使うのは

「遅筋」

という筋肉。

小さな筋肉でゆっくり収縮し、持久力を引き出すときに使われます。

速度が遅いスロージョギングでは、この「遅筋」を使うおかげで疲れにくく、

結果的に長い距離を走ることができるのです。

 

 

スロージョギングの走り方はコチラ
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

タグ

2013年2月16日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:運動でダイエット

ダイエット効果抜群!スロージョギングとは?

お腹まわりの脂肪を落とす方法を模索している方、

メタボリックシンドローム気味で内臓脂肪を減らす方法を知りたい方、

いま話題の

「スロージョギング」

を試してみてはいかがですか?

 

スロージョギングの走り方はコチラ

 

NHKのためしてがってんでも放送され、

通常のジョギングやランニングは、体力が持たなくて続かないという人も行え、

しかも

効果抜群

という

「スロージョギング」

とはいったいどんなものでしょうか?

 

ジョギング、ランニングは運動ダイエットには王道のトレーニング法ですよね。

早朝や夕方にジョギングしている人をよく見かけます。

けれど、いざ自分もジョギングしてみようと思ってはじめてみても、 いかんせん体力が続かない。

 

疲れてしまって、あまり走らないうちにやめてしまうことも多いようです。

 

そう、お腹の脂肪を減らすぞ!と思い立って運動を始めようとしても、

はじめは運動不足なのですから、ジョギングできる体力などないのです。

しかし、この「スロージョギング」なら、

体力ゼロでもOK!

疲れて続かない敗北感もないので、毎日続けられ、しかも

効果抜群。

楽しいジョギングダイエットができるのです。

 

スロージョギングって、どんなもの?

スロージョギングとは、その名のとおり

「ゆっくり走る」

こと。

ゆっくり、といっても皆さんが思い描くゆっくり、よりもさらにゆっくり、

つまり「歩いているか走っているか分からない」程度のゆっくりでランニングすることです。

 

それじゃあ、効果がなさそう・・・と思うかもしれませんが、

意外に消費カロリーが高いのがスロージョギングのすごいところです。

 

ではここで、スロージョギングのすごいところをご紹介しましょう。

スロージョギングのここがすごい!

  • カロリー消費量がすごい!
  • メタボ改善に抜群の効果あり!
  • 脳トレにもなる!

 

カロリー消費量がすごい!

歩く程度の速さでジョギングしても、ダイエット効果なんてないのでは?と思うかも知れませんが、

スロージョギングの消費カロリーは侮れません!

 

超スローにランニングするだけで、

消費カロリーはウォーキングのなんと2倍!

歩いているときと使う筋肉の量が違うので、

同じ距離を移動しても約2倍のエネルギー消費ができるのです。

 

メタボ改善に抜群の効果あり!

食べ過ぎ、運動不足によるおなかまわりの肥満は、皮下脂肪だけではなく、

目には見えない内臓にも確実に

「内臓脂肪」

としてついています。

 

内臓脂肪は、何度も記事で触れたとおり、

「メタボリックシンドローム」の大敵

です。

 

放置しておくと高血圧、高脂血症、高血糖により動脈硬化が加速し

、脳卒中や心筋梗塞などを引き起こすリスクが高まる恐ろしい生活習慣病です。

 

→メタボリックシンドロームの記事一覧

 

スロージョギングは、この

メタボリックシンドロームにも効果がてきめん

です!

なぜなら内臓脂肪を減らすには「有酸素運動」が一番効果的だからです。

スロージョギングは、ウォーキングに比べカロリー消費量が倍なので、

ウォーキングよりもさらにダイエット効果が期待できます。

 

スロージョギングを続けていくと、体力も筋肉もつくので、

さらに効率よくダイエットを成功

させることができます。

 

脳トレにもなる!

意外と知らない方が多いと思いますが、 有酸素運動は、脳細胞を増やし、

脳容量を回復させる

ことが証明されています。

 

マウスによる実験で、ランニングすることにより

アルツハイマーを引き起こすβアミロイドという物質

を抑制することが分かっているのです。

 

つまり、スロージョギングは、衰えかけた脳にも刺激を与えてくれるのです。

いかがですか?ぜひスロージョギングやってみたいですよね。

スロージョギングの走り方はコチラ

スロージョギングのメリットはコチラ

ブログランキングに参加しています。

 
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

タグ

2013年2月14日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:運動でダイエット

1日たった30秒で「お腹だけ痩せる!」

お腹まわりの脂肪を落としたい人が一番願うことは、

「とにかくお腹だけ手っ取り早く痩せたい!」

ではないでしょうか。

そんなカンタンな方法はないだろう・・・と思いきや、なんと
 「1日30秒でお腹だけ痩せる」
 メソッドがあるのです!!

それが「ドローイン」。

やり方も至ってカンタンで、すぐに効果が出るという

魔法のようなこのエクササイズ、
 いったいどんなものなのでしょうか?

 

簡単で効果抜群!ドローインのやり方はコチラ
 

 

「ドローイン」はなぜ効果がある?

「ドローイン」の動きは、なぜ効果があるのでしょうか?

ドローインをすると、普段はあまり使われないインナーマッスル

「腹横筋」を刺激することができます。

 

この筋肉は、お腹を引っ込めるのに大事な働きをするため、

ここを鍛えることでお腹が凹むのです!

 

インナーマッスルを鍛えることで、結果的に体幹も鍛えられます。

そうなると代謝も上がり、脂肪も燃焼されやすくなります。

 

お腹を凹ますだけで、こんなにすごい効果があるんですね。

科学的にも効果を実証

この「ドローイン」、あまりに夢のようなエクササイズなので

マユツバの方もいらっしゃるかと思いますが、

なんと石井長方・東大教授など、最近多くの識者が紹介している方法です。

しっかり科学的にも実証されているんですね。

お腹だけでなく、腰痛にも効果あり

実はこのドローイン、理学療法やリハビリテーションでも使われています。

体幹が鍛えられるので、腰痛の予防と改善の方法としても効果的です。

「ドローイン」5つのメリット
これだけ簡単な「ドローイン」、改めてメリットを見てみましょう。

 

1.忙しくてもできる!!

ただお腹を引っ込めるだけなら、仕事中でも、通勤途中でも、テレビを見ながらでもOK!!

いつでも、どこでもできるので、どんなに忙しくてもできるエクササイズです。

 

2.とにかく簡単

エクササイズでは、姿勢ややり方など難しいものもありますが、

「ドローイン」はとにかく簡単なのがメリットです。

基本はお腹を凹ませるだけ。

 

3.すぐに効果が出る

お腹をへこませる動作を続けていると、数日で効果が出てきます。

お腹まわりが締まってきた感覚を早く味わえるので、やる気が出ます。

 

4.姿勢もよくなる

ドローインすることで、体幹が鍛えられるので、なんと姿勢もよくなります。

背筋が伸びていると、とてもカッコイイですよね。

 

5.続けられる!

準備いらずですぐにでき、忙しくても仕事の最中でも出来てしまうので、

とにかく続けやすいのがポイントです。

 

 

「ドローイン」のやり方は?

さて、そんな「ドローイン」やり方は至って簡単。

「お腹を引っ込めるだけ」です。

ただし、ギュギュっと強く引っ込めましょう。

きついズボンを履くときのように、ギュギュギューっとお腹を凹ませます。

基本はこれだけ。これぞ「いつでもどこでも何度でも」できる
簡単エクササイズの真骨頂です。

また、歩きながらドローインをすると、消費カロリーが約40%アップすると言われています。

お腹を引っ込めると自然と姿勢もよくなるので、歩きながらドローインをお勧めします!

 

 

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

タグ

2012年11月27日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:話題のダイエット 運動でダイエット

内臓脂肪を減らす運動とは?

お腹まわりのダイエットには、食事制限のみでなく「運動」も必要です。

 

では、内臓脂肪を落とすには、どんな運動が良いのでしょうか?

 

ひとくちに運動といっても
 
スポーツジムでの筋トレ、ゴルフや水泳、ヨガにジョギング、サッカーに野球と
 
さまざまな運動がありますよね。

 

その中でも内臓脂肪を落とすのに効果的なのは
 

「有酸素運動」

です。

メタボが気になる方に、特にオススメです!
 
有酸素運動とは、酸素を多く取り入れながら行う運動です。
 
具体的に言えば、ウォーキングやジョギング、

 
その名のとおりエアロビクス(有酸素運動という意味)などです。
 

酸素を取り込みながら行うため、

 
その酸素が体内の糖質や脂肪をエネルギー源として燃焼してくれます。

 
また、酸素をあまり取り入れずに激しい運動を行うと、
 
乳酸という物質がたまり
疲れてしまうのですが、有酸素運動なら長時間続けやすいのもメリットです。

 

効果的な有酸素運動とは?

 
では、実際にどんな有酸素運動をすればよいのでしょうか?
ベーシックなものから、話題のものまで、いろいろご紹介します。
 

メタボを解消するウォーキングのコツ
 
スロージョギング
→疲れないのに運動量がウォーキングの2倍!
 

水中ウォーキング
→陸上よりも運動量がアップ!
 
登山ダイエット
→休んでいるときにも脂肪が燃焼される
 
自転車ダイエット
→楽しみながらダイエット

 

有酸素運動では、途中からエネルギー源が体脂肪に変わり、ゆっくり、じわじわと脂肪を燃焼してくれます。

内臓脂肪を効率よく落とすには、有酸素運動が絶対にオススメです。

 

有酸素運動の強度はどれくらいが良い?

 
有酸素運動の理想的な強度は、どのくらいでしょうか?
 
理想的なのは「呼吸が普段よりも弾むけれど、会話は楽にできる程度」です。

 
この程度の強度ですと、軽い汗ばみと爽快感を感じながら30分、1時間と長いこと運動を続けることができます。

 
また、有酸素運動も、激しすぎると無酸素状態になってしまいます。
 
無酸素の目安は「歯を食いしばって力んでいるかどうか」です。
 
早く効果をあげようと、ムリにテンポを上げると逆効果になってしまいますので
有酸素運動は「軽快なテンポで、リズミカルに」行いましょう。

 

無酸素運動とは?

 

では逆に「無酸素運動」とはどんなものでしょうか?

 
ひとくちで言ってしまえば「激しい運動」です。
 
100mを全力疾走するとき、息は止まっていますよね?
 
走り終わった後はゼーゼーしています。
 
このように、息が止まったり、強く吐いたりして深い呼吸ができず、酸素の取り込みが少ない運動を「無酸素運動」といいます。
 
瞬発力や大きな力を必要とする運動はほとんどが「無酸素運動」です。
 
無酸素運動は、ダイエットに効果がないわけではありません。
 
たとえば筋トレなど、ピンポイントの部分を引き締めたい場合や、
基礎代謝をあげるためのトレーニングには大変有効です。
 
しかし、高血圧などの疾患がある方は、運動中に問題が起こる場合があるので、激しい無酸素運動は控えたほうが良いでしょう。

 

今後、効果的な運動を詳しく紹介していきますのでお楽しみに!

ブログランキングに参加しています。
    にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ   にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

 

 

 

タグ

2012年11月8日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:内臓脂肪を減らす方法 運動でダイエット

このページの先頭へ