【冬太り解消】飲み会で太らない方法4 低カロリーの鍋は?

3回にわたり、「飲み会で太らない方法」をお話してきました。

→お酒の選び方
→つまみの選び方
→幹事で鍋宴会を!

 

前回は、

太らない飲み会は「鍋がベスト」

というお話をしましたね。

でも、「鍋」もいろいろな種類があります。

 

今回は「太らない鍋」

について
さらに詳しくお教えしましょう!

 

カロリーが低い鍋は?

鍋料理といっても、水炊きに始まり、
キムチ鍋、豆乳鍋、すき焼きなど
さまざまな種類がありますよね。

では、どんな鍋が低カロリーなのでしょうか?

 

低カロリー鍋

水炊き、寄せ鍋

低カロリーの鍋といえば、やっぱり定番の水炊きや寄せ鍋。

 

ただし、鶏団子や豚バラ、鶏の皮は脂が多いので、食べすぎ注意

です。

 

また、ごまだれはカロリーが高いので、ポン酢で食べましょう。

 

高カロリー鍋

ズバリ、すき焼きです。  

 

脂分の多い牛肉を砂糖で味付けするので、

それだけで高カロリー。

 

さらに生卵をつけて食べたりするので、

カロリーオーバーになりがちです。

 

女性が喜ぶ「流行のヘルシー鍋」って?

また、女性の多い飲み会なら、

ダイエット効果に加えて、美容効果もある

おしゃれな鍋で宴会を仕切ってみてはいかがでしょうか。

 

塩麹鍋

日本古来の食材ですが、健康に良い、ダイエット効果があると

大ブームになった塩麹。

 

今年はこの塩麹を使った

「塩麹鍋」

が話題です。

 

内臓脂肪が落ちる!今話題の発酵食品ダイエットでもお話しましたが、

発酵食品にはダイエット効果

があります。

 

塩麹の効果は?

    • 脂肪が溜まりにくい
    • 代謝がよくなる
    • 抗酸化作用でエイジレス

脂肪が溜まりにくい

発酵食品には必須アミノ酸やビタミンB群がたくさん含まれています。

これらの成分は、脂肪の合成を抑え、脂肪細胞をたまりにくくさせる効果があります。

また、ビタミンB群はエネルギーの代謝に不可欠な栄養素です。

代謝がよくなる

発酵食品に含まれる酵素のおかげで代謝があがり、
余分な脂肪が排出しやすくなります

抗酸化作用でエイジレス!!

ビタミンCやカロチンなどの抗酸化物質は、生では十分な働きをしないのですが、
発酵過程でさまざまな酵素が働き、
非常に強い抗酸化作用を発揮することが知られています。

 

豆乳鍋

豆乳で野菜を煮るのでヘルシー度抜群。

大豆イソフラボンたっぷり

の鍋です。

大豆イソフラボンには、以下のような働きがあります。

      • 食後の血糖値上昇を予防する
      • 脂の吸収を阻止する
      • 脂肪を付きにくくする
      • 満腹感を持続させ、食欲を抑える

特に女性には美容効果もあるので、女性の多い飲み会では
喜ばれるかもしれません。

ワイワイ楽しく飲みながら、
ダイエット効果も期待できる

「鍋飲み会」。

今年はぜひ、鍋飲み会で

「太らない飲み会」

を実践してくださいね。

 

 

年末年始特集!「飲み会で太らない方法」

 

 

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

タグ

2012年12月12日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:食事でダイエット

【冬太り解消】飲み会で太らない方法3 幹事になって鍋宴会を!

前回、前々回と

「飲み会で太らない方法」

を提案してきました。

→その1 お酒の選び方
→その2 つまみの選び方

 

さて今回は、お腹まわりの脂肪が気になるダイエッターのあなたが
飲み会の幹事になった場合の

「飲み会で太らない方法」です。

 

幹事になってしまった場合は、
お店選びからメニューまで決めることができます。

 

ここで主導権を握ってしまい、

太らない飲み会

のメニューを決めてしまいましょう!!

鍋宴会のダイエット効果は?

宴会メニューで、一番ヘルシーなのは何と言っても「鍋」です。
鍋宴会のメリットはこんなにあります。

 

鍋宴会をセッティングする3つの「太らない理由」

  • 野菜がたくさん取れて栄養バランスばっちり
  • 水分が多いのでお腹が早くいっぱいになる
  • 体が暖まる

 

・野菜がたくさん取れて栄養バランスばっちり

豚肉に含まれるビタミンB1は糖質代謝を助けてくれますし、
ブリやホタテに含まれるビタミンB2は脂質代謝に必要な栄養素。

 

また、白菜などたっぷりお野菜も取れますし
豆腐で良質のたんぱく質やイソフラボンもばっちり取れます。

 

キムチ鍋にすれば、
さらに発酵食品+唐辛子に含まれるカプサイシンの働きで
消化が促進されます!

 

・水分が多いのでお腹が早くいっぱいになる

鍋は水分が多いので、満腹感を感じやすいです。

 

その割りに野菜が多いので低カロリーだから、

安心して食べられますね。

 

・体が暖まる

太らないお酒の飲み方でもお話しましたが、
体を暖めると代謝がよくなる

のです。

鍋で体を暖めれば、ダイエット効果も高くなります。

 

・ほかのおつまみに比べて低カロリー

脂っこいものもお湯に通すので

かなりカロリーダウンできます。

 

また、温野菜なのでかさが減り、

ほかのおつまみとは比べ物にならないくらい

たくさんの野菜を取れるので、結果的に低カロリーになります。

 

シメだけは注意!

鍋の楽しみは最後のシメ。でも、ここで注意が必要です。

本来なら、プリン体たっぷりのシメは食べないほうが良い、と言いたい所ですが、
ここは宴会、シメまで楽しみましょう。

そこで太らない知恵は

「シメの選び方」。

 

鍋のシメは、うどんやラーメン、雑炊などありますが、
なるべく

「雑炊」

を選びましょう。

 

うどんやラーメンなどの小麦粉は、
体を冷やす作用があるので代謝を下げてしまいます

 

また、ラーメンは麺自体にもカロリーがあるので

あまりオススメできません。

 

周りの意見を聞いてしまうと大変です。

せっかく幹事をやるのですから、

シメは「雑炊」

で先に決定しちゃいましょう!!

 

もちろん、雑炊とはいえ食べすぎには注意です。

 

取り分けの手間はあるけれど、鍋のこだわりを会話のネタにしながら、
みんなで同じ鍋をつつくのは意外と楽しいもの。

 

もし、自分が幹事になったら

迷わず「鍋飲み会」をセッティングしましょう!

 

次回は、さらに詳しく

「太らない鍋」

を紹介します!

 

 

年末年始特集!「飲み会で太らない方法」

 

 

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

タグ

2012年12月11日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:食事でダイエット

このページの先頭へ