メタボに効く栄養素:お魚のDHA・EPA

最近、お腹まわりが気になる方、

もしかしたら内臓脂肪がついているのかもしれません。

 

内臓脂肪が増えると、メタボリック・シンドロームを引き起こしかねません。

そんなお腹まわりの脂肪を落としたいあなたや、

内臓脂肪を落としたいあなたに効果ある栄養素として注目を浴びているのが

「DHA・EPA」

です。

 

DHA・EPAといえば魚などに含まれる油で 

「頭がよくなる」と一時期話題になりましたね。

 

今回はこのDHA・EPAが

メタボ解消に大きな効果

があるというのです!!

 

食事をしたあと、余分な脂肪や糖質は、

体内で中性脂肪になります。

 

これが約300億あるといわれる 脂肪細胞に蓄えられます。

 

特に内臓に脂肪が溜まると 中性脂肪が上がりやすくなりますが

中性脂肪が減ると、脂肪細胞が小さくなり 、

メタボ体型を解消することができます。

脂肪細胞は太る!増える!

 

そこで、今注目を浴びているのが、

この中性脂肪を低下させる作用がある

「DHA・EPA」

なのです。

 

DHA・EPAとは?

 

DHAは「ドコサヘキサエン酸」

EPAは「エイコサペンタエン酸」

 

といい、 ω3系脂肪酸の魚油です。

 

DHAやEPAにはこんな作用があります。

  • 動脈硬化の原因である悪玉コレステロールの生成を抑える
  • 中性脂肪を減少させる
  • 血液をサラサラにし、心筋梗塞や脳梗塞を防ぐ
  • 高血圧の予防
  • アレルギーを改善、脳を活性化

などに効果があることがわかっています。

 

まさに、

メタボ解消のための栄養素

ですね!

 

疫学的研究によると、 中性脂肪の高い人がDHA・EPAを摂取すると 、

中性脂肪が大きく低下

するとのことです。

 

DHAとEPAは、働きがほとんど同じなのですが、

DHAは「脳の働きがよくなる」特徴があり、

EPAは「抗血栓作用がDHAより強い」特徴があります。

 

DHAとEPAは魚から摂取する場合でも、

サプリなどを利用する場合でも、 ほとんどの場合、一緒に含まれています。

 

同じ脂でも、魚の脂は身体にいい!

魚の脂も脂には変わりない、とお思いかもしれませんが、

実はこの

魚の脂にこそ栄養

があるのです。

 

脂肪には、大きく分けて 

飽和脂肪酸

不飽和脂肪酸

があります。

 

コレステロールや血圧があがりやすく、

肥満になりやすいのは 「飽和脂肪酸」

で 主に肉類やバターなど動物性の脂に含まれます。

 

一方、魚の脂は身体によい 「不飽和脂肪酸」です。

この不飽和脂肪酸が

DHA(ドコサヘキサエン酸) EPA(エイコサペンタエン酸)

なのです。

 

日本人は魚を食べよう!

日本人の多くが「食の欧米化」により、

魚離れ

をしていると言われています。

 

魚をあまり食べず、肉や乳製品ばかり食べることで

DHA・EPAなどの不飽和脂肪酸摂取量が減り、

 

飽和脂肪酸である動物性油脂をたくさん摂るようになったことで

内臓脂肪型肥満や、動脈硬化、

それによって起こる心筋梗塞や脳梗塞などが

増えているとも言われています。

 

DHA・EPAがたくさん含まれる魚とは?

メタボにものすごい効果を発揮するDHA・EPA

ですが、

どんな魚に多く含まれているのでしょうか?

 

  • サンマ、アジなどの「青魚」
  • マグロの刺身 などの「生魚」
  • ブリやうなぎなど「脂の多い魚」

などに多く含まれます。

 

簡単ダイエットレシピ:ぶりの照り焼き

 

魚を焼くと脂が流れてしまうので、

マグロのお刺身などで 摂るのも良い方法です。

 

どうしてもお魚が苦手な方は、

サプリなどをうまく取り入れてもよいですね。

 

DHA・EPAは ダイエットにも効果あり!

DHAやEPAには

脂肪細胞を減らす効果

や、

脂肪燃焼作用

もあることがわかっています。

DHAやEPAをたくさん摂って、

運動やバランスのとれた食事をとれば、 効率の良いダイエットが可能です。

 

見落とされがちな魚のパワー、ぜひ取り入れてみましょう!

 

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

タグ

2013年1月1日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:メタボに効く栄養素 内臓脂肪を減らす方法

簡単ダイエットレシピ ぶりの照り焼き

内臓脂肪も、皮下脂肪も落として、

お腹まわりをすっきりさせたい皆さんに

簡単レシピを紹介していきます。

 

忙しくても簡単にでき、しかもおいしい

ダイエット効果抜群の

「使える」レシピ

です。

 

さて今回は

「ぶりの照り焼き」

 

 

 

 

 

 

 

 

冬が旬の「ぶり」。

寒ぶりは脂が乗って、とってもおいしいですよ。

脂がたくさんだからといって、心配することはありません。

 

魚に含まれる脂は、

「不飽和脂肪酸」DHA・EPA

が含まれ、

中性脂肪を下げてくれる効果

がありますので

ダイエットやメタボに効果的な脂

なんです!!

ぶりの照り焼きはフライパンで手軽にできるので、

忙しい方でもオススメのレシピです。

 

材料

ぶりの切り身 数切れ

 

調味料

醤油 大さじ3

 大さじ2

みりん 大さじ2

砂糖 大さじ1.5

 大さじ1

 

作り方

①フライパンに薄く油を引いて、ぶりの切り身を 盛り付け時に上になる面から先に焼く。

 

②両面焼きめをつけて、酒を振って少し蒸し焼きに。

 

③ぶりに火が通ったら、火を弱めて混ぜ合わせた調味料を入れる

 

④ぶりにタレを絡ませながら、タレが少しとろりとするまで焼いたら出来上がり。

 

フライパンでできるというところが手軽でよいですね。

ご飯のおかずにもぴったりですから、ぜひ作ってみて下さいね。

 

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

タグ

2012年12月27日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:簡単ダイエットレシピ

このページの先頭へ