メタボに効く栄養素:ビフィズス菌

ビフィズス菌といえば、ヨーグルトや乳酸飲料などに含まれる、
「お腹の調子を整える菌」として知っている方も多いと思います。

 

けれど、この「ビフィズス菌」で腸内環境を整えることで
「メタボ」が予防できることは知っていましたか?

 

腸が体を司る?腸は超・重要臓器!

 

最近、腸が注目を集めています。

 

今までは栄養を吸収し、不要なものを排出するための器官としての認識だったのですが、

実はものすごい情報伝達システムを備えており、

免疫システムなどにも関わりがある可能性が最新の研究で判ってきたのです。

 

腸内細菌と細菌の代謝物などがいろいろな信号を送り、

脳や心臓、肝臓、すい臓などに影響を与えるらしいのです。

 

腸内細菌って何?

腸内細菌とは、ビフィズス菌を含む、大腸にある菌のことです。

種類はなんと100種類、その数はおよそ100兆!!

この細菌たちは、大きく分けると

    • 善玉菌
    • 悪玉菌
    • 日和見菌

の3種類。

 

どんな人にもこれらの菌がいるわけですが、

一般的に、健康な人の腸内には善玉菌が多め、

糖尿病や肥満ぎみの人は悪玉菌が優勢となる傾向にあるようです。

 

ちなみに日和見菌は、その名のとおり

「そのとき優勢なほうに加勢する」

という気まぐれな菌。

 

メタボ予備軍は悪玉菌が多い!!

外食など脂っこい食事が多い人は、もしかしたら腸内に悪玉菌が多くなっているかも知れません。

 

食生活が乱れると善玉菌が減る上に、「グラム陰性菌」という悪い菌が現れます。

 

この「グラム陰性菌」、腸内で死ぬと、腸壁を傷つける毒を出し、

そこから全身にその毒をばら撒く恐ろしい菌です。

 

この「グラム陰性菌」が出した毒が脂肪細胞に取り込まれると、

脂肪細胞が傷つき、サイトカインという物質に影響が出て、インスリンがうまく作用しないのです。

 

インスリンといえば、以前お話した「インスリン抵抗性」(→インスリン抵抗性とは?)でも出てきたように、

メタボを語る上で重要なホルモンです。

 

インスリンの効きが悪いと、糖尿病や高血圧などを引き起こします。

 

そんなときに、ビフィズス菌!

 

こんな状態で、腸内環境が悪化してしまったらどうすればよいのでしょう?

ここで、ビフィズス菌の出番です。

 

ビフィズス菌を始めとする、「プロバイオティクス」(生きた菌)を摂ることにより、

善玉菌を増やしてあげるのです。

 

善玉菌はほかの善玉菌も増やす働きがあり、

悪玉菌やグラム陰性菌などが多い腸内の環境を整えてくれるのです。

 

プロバイオティクスにはいくつか種類があり、

ヨーグルトなどに含まれるビフィズス菌をはじめ、
乳酸飲料に含まれる乳酸菌シロタ株LG21乳酸菌などがあります。

 

乳酸菌はしょうゆや味噌などの「発酵食品」にも含まれています。
発酵食品はダイエットにも効果がありますよ。
(→内臓脂肪が落ちる!今話題の発酵食品ダイエット

最近ではこういったよい菌が入った乳製品などもたくさん売られているので、

上手に活用するとよいですね。

 

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

タグ

2012年12月8日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:メタボに効く栄養素 メタボリック・シンドローム

メタボの要因「インスリン抵抗性」とは?

メタボや内臓脂肪について、いろいろとお話してきました。

 

・内臓脂肪がメタボに悪い
→なぜ内臓脂肪は体に悪い? その1

 

・褐色脂肪細胞の減少により、加齢で太りやすくなる
→なぜ内臓脂肪は体に悪い? その2

 

・太った脂肪から悪玉ホルモンが過剰に分泌される
→脂肪は太る?増える?

 

内臓脂肪が増え、肥満になることで
さまざまな病気のリスクが出てくることをお話しました。

さて今回は、メタボリックシンドロームを語る上で欠かせないキーワード

インスリン抵抗性

についてお話します。

 

インスリンとは?

まず、「インスリン」という言葉を聞いたことありますか??

糖尿病の患者の方が、「インスリン注射」を打っているなどで
なんとなく「糖尿病に関係がある?」と想像される方も多いのではないでしょうか。

 

「インスリン」とは、

ブドウ糖を分解してエネルギーに変えるホルモン

のことです。

 

インスリンがうまく働かないと、

血液中のブドウ糖がうまく分解されず、高血糖になってしまうのです。

 

ですから、「インスリン」は健康を維持するために、

非常に大事なホルモンです。

 

インスリン抵抗性とは?

 

さて、では

インスリン抵抗性

という言葉は聞いたことがありますか?

おそらく、あまりなじみのない言葉だと思います。

 

しかしこの「インスリン抵抗性」、

メタボリックシンドロームと切っても切れない重要なワードなのです!!

 

インスリンは、血液中のブドウ糖(血糖)を筋肉や肝臓に送り込み、

エネルギー源とする働きがあります。

 

それを受ける細胞側には、「インスリン受容体」という

インスリンをきちんと受けるものが機能している必要があります。

 

そして、インスリン受容体とインスリンが結合し、

血液中のブドウ糖を取り込むようになっています。

 

肥満や運動不足により、

脂肪細胞から分泌される物質のせいで

インスリン自体の機能が低下したり、

脂肪細胞に多くの中性脂肪が溜まって

インスリン受容体の数が減ってしまうなどして、

ブドウ糖とインスリンが一緒に筋肉や肝臓にとりこまれにくくなる状態を

「インスリン抵抗性」

といいます。

 

血中のブドウ糖が、臓器に取り込まれなくなると

どうなりますか??

 

「高血糖」になりますね。

 

メタボリックシンドロームの診断基準のひとつです。

もちろん放置すれば、糖尿病にもつながります。

 

「インスリン抵抗性」が起こるとどうなる?

 

インスリン抵抗性が起こると、どうなるのでしょうか?

 

インスリン抵抗性が生じると、

血液中のインスリン濃度が上昇し、血糖値も上昇します。

内臓脂肪の増加により、太った脂肪(→脂肪は太る?増える?)が増えて、
細胞から出る悪玉の物質により、さらにインスリン抵抗性が起こります。

 

体は、高血糖を下げなければと必死にインスリンを分泌します。

そしてインスリンの過剰分泌で、すい臓に負担がかかります。

 

この状態が続くと、すい臓が疲弊してしまい、

インスリン分泌がうまくいかなくなります。

 

インスリン分泌がされなくなると、どうなるでしょう?

今まで必死に血糖を取り込もうとしていたインスリンがなくなり、

 

一気に高血糖になります。

そうです。「糖尿病」の発症です。

 

インスリン抵抗性は高血圧にもつながる!

 

インスリン抵抗性が生じて、インスリンが多く分泌されるようになると、
水や塩分が体内に溜まりやすくなります。

 

結果、交感神経が興奮したり、血管細胞が増えたりして、

高血圧

も生じてくるのです!!

 

コレステロール血症にも!!

 

また、インスリン抵抗性により、脂肪細胞から遊離脂肪酸が分泌され、肝臓に取り込まれます。

 

肝臓ではこれにより中性脂肪が多く作られます。

 

肝臓ではリパーゼという物質が出て、リポたんぱくが分解されるのですが、

中性脂肪の多いリポたんぱくは、LDLという悪玉コレステロールを生成してしまいます。

 

このLDLという悪玉コレステロールは、

動脈の壁に侵入して

動脈硬化の原因

になります。

 

また、インスリン抵抗性により、

普段はきちんと作られる善玉コレステロール(HDL)があまり作られなくなってしまいます。

 

善玉コレステロールは、

動脈の壁からLDL悪玉コレステロールを引き抜いてくれる働きをするのですが、

善玉コレステロールが減少することで、動脈硬化が進んでしまいます。

 

インスリン抵抗性が起こると、体の中ではさまざまな変化があります。

肥満やメタボリックシンドロームを甘く見ず、早めの対策をしましょう!

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

タグ

2012年12月7日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:メタボリック・シンドローム 内臓脂肪を減らす方法

メタボが引き起こす病気① 心臓病

メタボリック・シンドロームが「危険な状態」だということには触れました。

さて、このメタボリック・シンドロームを放置するとどうなるのでしょうか?

まず、このメタボリック・シンドロームが進むと
「動脈硬化」(記事参照:メタボ放置→動脈硬化が死を招く)が進行します。

この動脈硬化がさまざまな病気を引き起こします。
まずは狭心症や心筋梗塞など、心臓に関する病気について知っておきましょう。

◇心臓病
(狭心症、心筋梗塞)

まず、メタボリックシンドロームと切っても切れないのが「心臓病」です。

心臓には、全身に血液を送り出す役割があります。

そのために必要な酸素や栄養を「冠動脈」という血管が送り込んでいます。

その重要な役割を担う「冠動脈」が動脈硬化により内腔が狭くなり、

栄養が送られにくくなったり、または閉塞してしまったりすることにより起こるのが心疾患です。

心疾患の代表的な病気について知っておきましょう。

 

 

・狭心症

運動中に、冠動脈の血流が悪くなることで、胸部に強い圧迫感や痛みが生じるものを「狭心痛」といい、

心臓に送られる血液の流れが悪くなることで酸欠状態になり、狭心痛が生じることを「狭心症」といいます。

これは特に階段の上り下り時や、運動時など、心臓が強い圧力をかけて血を送り込む必要があるときに

起こりやすくなります。

狭心症の痛みはあまり長くは続かず、少しすれば収まることが多いのですが、

頻度が多い場合や、痛みが続く場合は心筋梗塞に移行する可能性があります。

放置すると、心筋梗塞を引き起こし命に関わることになるので、早めの処置が必要です。

・心筋梗塞
心筋梗塞は、動脈硬化によって狭くなった冠動脈の血管がつまり、

酸素や栄養が送られなくなってしまったのち、心筋が壊死する恐ろしい病気です。

長年、動脈硬化を放置しておくと、血管内にプラークという脂肪の塊ができて、

血管内が狭くなってきます。

プラークには、ハードプラークとソフトプラークがあります。

ハードプラークは、その名のとおり「硬い」プラークで、徐々に積もっていくため、

心筋梗塞の前触れとして「狭心症」を起こすことが知られています。

「狭心症」を起こした段階で治療をすれば、ある程度リスクを下げることができます。

一方、ソフトプラークは「柔らかい」プラークです。

ソフトプラークは壊れやすいので、あまり大きくなくても何かの拍子に壊れてしまうことがあります。

血管内がそれほど狭くなっていなくても、壊れたソフトプラークの部分から出血して血が固まってしまい、

いきなり血管をふさいでしまうことがあります。こうなると、

狭心症などの前触れがなく突如心筋梗塞が起こります。

これは「急性心筋梗塞」と呼ばれます。

心筋梗塞は狭心症よりも痛みが強く激しいのが特徴です。

前触れとして狭心症がある場合が多いのですが、ある日突然発症する場合も少なくはありません。

また、死亡率の高い病気としても有名で、

日本人の死亡原因ナンバー3に入っています。

もし死を免れても後遺症や慢性的な心不全が残ったりする場合が多く、

結果、元通りの生活をすることが困難になります。

メタボリック・シンドローム対策をすることで、

心筋梗塞の元となる動脈硬化を防ぎ、

こういった重篤な病気を予防することができます。

 

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

タグ

2012年11月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:メタボにまつわる病気 メタボリック・シンドローム 内臓脂肪を減らす方法

メタボを放置・・・動脈硬化が死を招く 

メタボリック・シンドロームを放置していると、

動脈硬化を引き起こすと言われています。

動脈硬化になると、脳卒中や心臓疾患など、

命に関わる病気のリスクが高まります。

さて、その「動脈硬化」とはどんな状態でしょうか?

◇動脈硬化とは

動脈硬化とは、動脈の内部に脂質が過剰に蓄積し、

血管の内部が狭くなり、血液が流れにくくなる状態のことです。

動脈の内部表面は、もともとはとてもなめらかな状態ですが、

歳を取るごとに血液中の脂が血管内部に徐々に付着していきます。

ある程度は加齢で仕方のないことですし、気にする必要はないのですが、

過剰な脂分を含んだ血液が流れていると、

脂の付着が促進されて動脈硬化を起こします。

何しろ血管の内部ですから、べったりとついてしまった脂は洗い流すこともできませんし、

掃除することもできません。

そして何より、動脈硬化は命に関わる病気を起こすリスクが大変高いのです。

日本人の死因第2位は心疾患、3位は脳血管疾患です。

どちらも「動脈硬化」が引き起こす病気です。

◇脂がたまりやすい場所は?

動脈内部に溜まる脂は、全身にまんべんなく溜まるわけではありません。

脂は血液より重いので、動脈が枝分かれする分岐点や、

曲がっている部分に溜まりやすくなります。

ですから動脈硬化は通常、局所的に起こります。

・糖尿病では全身に動脈硬化が!

通常は局所的に起こる動脈硬化ですが、糖尿病の場合は全身に動脈硬化が起こります。

・どうしてなるの?

恐ろしい病気を招く動脈硬化ですが、そのメカニズムはどうなっているのでしょうか。

動脈は、脳や心臓などの臓器はもちろん、末梢臓器にも酸素や栄養分を送る働きがあります。

動脈は3層構造になっていますが、その一番内側の層、

血管内皮細胞が侵されはじめて動脈硬化が始まります。

白血球のひとつである単球が血管内皮細胞にもぐりこみ、

そこで血液中にある悪玉コレステロールを取り込みます。

悪玉コレステロールは、小さければ小さいほど動脈の壁を抜けやすいのですが、

インスリン抵抗性(→記事)により、小さい悪玉コレステロールが生成されていると、

さらに取り込まれやすくなります。

 

こうして悪玉コレステロールを溜め込んだ単球が死に、 

そのまま血管内に蓄積されることで、

動脈の内部がどんどん狭くなっていきます。

 

そして蓄積された脂は「プラーク」という動脈硬化層を作ります。

悪化した血管内には赤血球もつきやすくなり、これが動脈硬化部分に起こると

一気に血液の流れが止められてしまいます。

心筋梗塞などはこのような流れで起こるのです。

◇喫煙・高血圧・高血糖も動脈硬化を引き起こす

たばこに含まれる物質は、血管内皮を傷つけることが分かっています。

高血圧は、高い圧で血管を圧迫しますし、
高血糖も血管にストレスを与えます。

ただでさえ、さまざまな要因で動脈硬化が進んでしまうのに
メタボリック・シンドロームではこの要素に加えて
脂肪から分泌されるさまざまな悪性ホルモンによって
さらに動脈硬化が進んでしまうのです。

あなたの命を奪う動脈硬化を防ぐためにも、
メタボリックシンドローム対策は欠かせません。

 

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

タグ

2012年11月25日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:メタボにまつわる病気 メタボリック・シンドローム 内臓脂肪を減らす方法

メタボ健診「積極的支援」とは?その2

◇継続的な支援の内容

積極的支援では、面接後に「3ヶ月以上の継続的な支援」が義務付けられていますが、
その支援はどのように行われるのでしょうか??

継続的な支援は、3ヶ月という期間は決まっているものの、回数は特定されていません。

支援の内容には「個別支援」「グループ支援」「電話支援」「メール支援」などの種類があり、
この支援内容により、ポイント数が決められています。

1回につき必要な最低ポイントと上限ポイント数が決まっており、
そして、3ヶ月の支援で「180ポイント以上」の支援を受けることになっています。

また、支援AとBを受ける量も決まっています。

180ポイント以上の支援=支援Aを160ポイント

支援Bを20ポイント」

となっていますので
それにあわせて支援を受けていきます。

間隔は? 

3ヶ月のうちに、ある程度の間隔を空けて、決められたポイント分の支援を受けていきます。
だいたいの目安として、初回の面接から数週間~ 1ヶ月ぐらい間を空けて行われるようです。

支援の種類

支援の種類には「A」と「B」があります。

支援Aは「積極的関与タイプ」、支援Bは「励ましタイプ」といいます。

支援A(積極的関与タイプ)とは?

生活習慣の改善や行動目標の取り組み方について、指導者から評価を受け、行動目標や計画の設定をアドバイスを受けながら考えていきます。

食生活や運動による生活習慣の改善についても具体的な指導を受けることができます。

支援は、「個別支援A」「グループ支援」「電話A」「メールA」があります。
これは初回の面接で選択可能です。

支援B(励ましタイプ)とは?

行動計画をを実行した記録を提出して、指導者からその行動計画を継続するための
「励まし(はげまし)」を受けます。

支援は、「個別支援B」「電話B」「メールB」があり、初回の面接のときに選択可能です。

支援の種類とポイント配分

「積極的支援」での「3ヶ月の継続的な支援」で行われる支援の種類と、それぞれのポイント配分は下記の通りです。

支援の種類 基本ポイント 最低限の支援時間 1回の支援ポイント上限
個別支援A 5分 20ポイント 10分 120ポイント
個別支援b 5分 10ポイント 5分 20ポイント
グループ支援 10分 10ポイント 40分 120ポイント
電話支援A 5分 15ポイント 5分 60ポイント
電話支援B 5分 10ポイント 5分 20ポイント
メール支援A    1往復 40ポイント 1往復  
メール支援B      1往復 5ポイント 1往復  

このように、積極的支援では、かなりきめ細かく指導をしてもらえます。

恐ろしい生活習慣病になる前に、生活習慣の改善をサポートしてくれるメタボ診断は、

大変ありがたい存在ですね。

 

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

タグ

2012年11月21日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:メタボリック・シンドローム 内臓脂肪を減らす方法

このページの先頭へ