中性脂肪の基準値は?

中性脂肪は、メタボリック・シンドロームや内臓脂肪を気にする世代が気になるキーワードです。

 

中性脂肪は、脂質の一種で、それ自体が悪いものではないのですが、
 

あまりに多く体内に溜め込みすぎると問題が起こります。

 

詳しくは、以前の記事
中性脂肪とは何か?中性脂肪が高いとどうなる?

 

を参照してくださいね。

 

では、中性脂肪の基準値はどのくらいなのでしょうか?

 

中性脂肪の基準値は?

 

メタボリック・シンドロームの健診では、
 
中性脂肪の値が150mg/dl以上が
メタボ危険値の基準となっています。

 

メタボ健診の診断基準は?

日本人間ドック協会によると、

 

通常、健康な人の中性脂肪の基準値

30~149mgとされています。

 

150mg~249mgで、要経過観察

 

250mg以上になると、精密検査、または治療が必要とされています。

 

また、中性脂肪が1000mgを超えている場合には急性膵炎などを起こす場合がありますので、早急な対応が必要です

 

また、逆に低すぎるのも問題です。

 

中性脂肪値が低い場合には、甲状腺機能亢進症や肝臓病の可能性があるので、これもまた対応が必要です。

 

中性脂肪値が高い場合は?

 

中性脂肪値が高い場合には「脂質異常症(高脂血症)」と診断されます。

 

また、腹囲や血圧、血糖値などと併せて、メタボリック・シンドロームと
診断されることもあります。

 

中性脂肪の値が高い人は
中年の男性に多く、この状態にある人はほとんどが肥満です。

 

ですが、中性脂肪の基準値を少し上回る程度でしたら、
生活習慣や食生活を改善することで、基準値に戻ることも多いです。

 

また、中性脂肪値が異常に高く、さらにコレステロール値も高い場合には
糖尿病や動脈硬化などが疑われるので、精密検査が必要でしょう。

 

次はいよいよ、中性脂肪を減らす、中性脂肪を下げる方法についてです。

 

 
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 中性脂肪の基準値は?
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年8月30日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:中性脂肪を減らす方法

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ