自転車ダイエットの効果を最大限にする5つのポイントは?

お腹まわりの脂肪を減らす方法はいろいろありますが、

自転車での運動によるダイエットは、

楽しく、かっこよく、そして続けやすい、

おすすめのダイエット方法です。

 

特に運動不足の男性にオススメです。

その理由は前回の記事

自転車ダイエットでやせる!

をお読みください。

 

さて、今回は、効果抜群の自転車ダイエットの効果をさらにアップし、

最大限に発揮する自転車の乗り方をお教えします。

 

自転車ダイエット効果を最大限にする5つのポイント!

 

1.サドルの高さと姿勢

自転車ダイエットをより効果的にするのに大事なのは

「姿勢」。

腹筋を使っておなか回りを凹ますには、「前傾姿勢」

がベストです。

背中がゆるやかなカーブを描くようにし、お腹に力を入れてこぎましょう。

 

2.サドルとペダルの位置

前傾姿勢にするために、サドルを通常の高さより少しあげてみましょう。

ベストな高さは、ペダルが一番下にきたときに

ひざがしっかり伸びるくらいの高さです。

 

3.ハンドル

前傾姿勢をキープしても、ハンドルに体重をかけないように意識

しましょう。

どちらかというと、体にハンドルをひきつけるイメージでこぎます。

ハンドルに寄りかかってしまうと、

腹筋に効きにくくなり効果が半減してしまいます。

 

4.ペダル

親指の付け根をペダルの真ん中に置くと、

力が入りやすくこぎやすいです。

また、力が逃げないように、かかとを下ろさずにつま先でこぎましょう。

 

5.目線

目線はしっかり正面。顔をあげて、あごを引きましょう。

首の後ろの筋肉が縮まっているようなイメージです。

 

いかがでしょうか?

次回は、本格的な自転車を選ぶ際のポイントをお話します。
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 自転車ダイエットの効果を最大限にする5つのポイントは?
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年3月7日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:運動でダイエット

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ