内臓脂肪を減らす運動とは?

お腹まわりのダイエットには、食事制限のみでなく「運動」も必要です。

 

では、内臓脂肪を落とすには、どんな運動が良いのでしょうか?

 

ひとくちに運動といっても
 
スポーツジムでの筋トレ、ゴルフや水泳、ヨガにジョギング、サッカーに野球と
 
さまざまな運動がありますよね。

 

その中でも内臓脂肪を落とすのに効果的なのは
 

「有酸素運動」

です。

メタボが気になる方に、特にオススメです!
 
有酸素運動とは、酸素を多く取り入れながら行う運動です。
 
具体的に言えば、ウォーキングやジョギング、

 
その名のとおりエアロビクス(有酸素運動という意味)などです。
 

酸素を取り込みながら行うため、

 
その酸素が体内の糖質や脂肪をエネルギー源として燃焼してくれます。

 
また、酸素をあまり取り入れずに激しい運動を行うと、
 
乳酸という物質がたまり
疲れてしまうのですが、有酸素運動なら長時間続けやすいのもメリットです。

 

効果的な有酸素運動とは?

 
では、実際にどんな有酸素運動をすればよいのでしょうか?
ベーシックなものから、話題のものまで、いろいろご紹介します。
 

メタボを解消するウォーキングのコツ
 
スロージョギング
→疲れないのに運動量がウォーキングの2倍!
 

水中ウォーキング
→陸上よりも運動量がアップ!
 
登山ダイエット
→休んでいるときにも脂肪が燃焼される
 
自転車ダイエット
→楽しみながらダイエット

 

有酸素運動では、途中からエネルギー源が体脂肪に変わり、ゆっくり、じわじわと脂肪を燃焼してくれます。

内臓脂肪を効率よく落とすには、有酸素運動が絶対にオススメです。

 

有酸素運動の強度はどれくらいが良い?

 
有酸素運動の理想的な強度は、どのくらいでしょうか?
 
理想的なのは「呼吸が普段よりも弾むけれど、会話は楽にできる程度」です。

 
この程度の強度ですと、軽い汗ばみと爽快感を感じながら30分、1時間と長いこと運動を続けることができます。

 
また、有酸素運動も、激しすぎると無酸素状態になってしまいます。
 
無酸素の目安は「歯を食いしばって力んでいるかどうか」です。
 
早く効果をあげようと、ムリにテンポを上げると逆効果になってしまいますので
有酸素運動は「軽快なテンポで、リズミカルに」行いましょう。

 

無酸素運動とは?

 

では逆に「無酸素運動」とはどんなものでしょうか?

 
ひとくちで言ってしまえば「激しい運動」です。
 
100mを全力疾走するとき、息は止まっていますよね?
 
走り終わった後はゼーゼーしています。
 
このように、息が止まったり、強く吐いたりして深い呼吸ができず、酸素の取り込みが少ない運動を「無酸素運動」といいます。
 
瞬発力や大きな力を必要とする運動はほとんどが「無酸素運動」です。
 
無酸素運動は、ダイエットに効果がないわけではありません。
 
たとえば筋トレなど、ピンポイントの部分を引き締めたい場合や、
基礎代謝をあげるためのトレーニングには大変有効です。
 
しかし、高血圧などの疾患がある方は、運動中に問題が起こる場合があるので、激しい無酸素運動は控えたほうが良いでしょう。

 

今後、効果的な運動を詳しく紹介していきますのでお楽しみに!

ブログランキングに参加しています。
    にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ   にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 内臓脂肪を減らす運動とは?
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年11月8日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:内臓脂肪を減らす方法 運動でダイエット

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ