ダイエット効果抜群!スロージョギングとは?

お腹まわりの脂肪を落とす方法を模索している方、

メタボリックシンドローム気味で内臓脂肪を減らす方法を知りたい方、

いま話題の

「スロージョギング」

を試してみてはいかがですか?

 

スロージョギングの走り方はコチラ

 

NHKのためしてがってんでも放送され、

通常のジョギングやランニングは、体力が持たなくて続かないという人も行え、

しかも

効果抜群

という

「スロージョギング」

とはいったいどんなものでしょうか?

 

ジョギング、ランニングは運動ダイエットには王道のトレーニング法ですよね。

早朝や夕方にジョギングしている人をよく見かけます。

けれど、いざ自分もジョギングしてみようと思ってはじめてみても、 いかんせん体力が続かない。

 

疲れてしまって、あまり走らないうちにやめてしまうことも多いようです。

 

そう、お腹の脂肪を減らすぞ!と思い立って運動を始めようとしても、

はじめは運動不足なのですから、ジョギングできる体力などないのです。

しかし、この「スロージョギング」なら、

体力ゼロでもOK!

疲れて続かない敗北感もないので、毎日続けられ、しかも

効果抜群。

楽しいジョギングダイエットができるのです。

 

スロージョギングって、どんなもの?

スロージョギングとは、その名のとおり

「ゆっくり走る」

こと。

ゆっくり、といっても皆さんが思い描くゆっくり、よりもさらにゆっくり、

つまり「歩いているか走っているか分からない」程度のゆっくりでランニングすることです。

 

それじゃあ、効果がなさそう・・・と思うかもしれませんが、

意外に消費カロリーが高いのがスロージョギングのすごいところです。

 

ではここで、スロージョギングのすごいところをご紹介しましょう。

スロージョギングのここがすごい!

  • カロリー消費量がすごい!
  • メタボ改善に抜群の効果あり!
  • 脳トレにもなる!

 

カロリー消費量がすごい!

歩く程度の速さでジョギングしても、ダイエット効果なんてないのでは?と思うかも知れませんが、

スロージョギングの消費カロリーは侮れません!

 

超スローにランニングするだけで、

消費カロリーはウォーキングのなんと2倍!

歩いているときと使う筋肉の量が違うので、

同じ距離を移動しても約2倍のエネルギー消費ができるのです。

 

メタボ改善に抜群の効果あり!

食べ過ぎ、運動不足によるおなかまわりの肥満は、皮下脂肪だけではなく、

目には見えない内臓にも確実に

「内臓脂肪」

としてついています。

 

内臓脂肪は、何度も記事で触れたとおり、

「メタボリックシンドローム」の大敵

です。

 

放置しておくと高血圧、高脂血症、高血糖により動脈硬化が加速し

、脳卒中や心筋梗塞などを引き起こすリスクが高まる恐ろしい生活習慣病です。

 

→メタボリックシンドロームの記事一覧

 

スロージョギングは、この

メタボリックシンドロームにも効果がてきめん

です!

なぜなら内臓脂肪を減らすには「有酸素運動」が一番効果的だからです。

スロージョギングは、ウォーキングに比べカロリー消費量が倍なので、

ウォーキングよりもさらにダイエット効果が期待できます。

 

スロージョギングを続けていくと、体力も筋肉もつくので、

さらに効率よくダイエットを成功

させることができます。

 

脳トレにもなる!

意外と知らない方が多いと思いますが、 有酸素運動は、脳細胞を増やし、

脳容量を回復させる

ことが証明されています。

 

マウスによる実験で、ランニングすることにより

アルツハイマーを引き起こすβアミロイドという物質

を抑制することが分かっているのです。

 

つまり、スロージョギングは、衰えかけた脳にも刺激を与えてくれるのです。

いかがですか?ぜひスロージョギングやってみたいですよね。

スロージョギングの走り方はコチラ

スロージョギングのメリットはコチラ

ブログランキングに参加しています。

 
にほんブログ村 ダイエットブログ 男のダイエットへ にほんブログ村 ダイエットブログ 皮下脂肪・内臓脂肪・中性脂肪へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ダイエット効果抜群!スロージョギングとは?
Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年2月14日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:運動でダイエット

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ